サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイングマネジャーの教科書(前半)

プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策
著者:田島弓子
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2010年4月8日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書のはじめにより「数字・部下管理・板ばさみ・多忙で激務。四重苦の中で日々奮闘している、中間管理職のあなたへ」

 サラリーマンで出世するなら避けては通れない中間管理職(プレイングマネジャー)への道。最近では、このプレイングマネジャーになることを嫌がる人まで出てきている状況になっています。

 それは「本書のはじめに」にあるように、苦労だけしかないというイメージが定着しているからかもしれません。

 そんな中で、どのようにして、プレイングマネジャーとしての仕事を乗り切っていけばよいのか、そのヒントが本書に散りばめられています。

 本書の著者は、若い頃、落ちこぼれの気弱なマネジャーで、この四重苦に苦しんでいたそうです。これは、現在の多くのマネジャーにも当てはまる問題なのではないでしょうか?

 そんな著者が現場で経験・体験し、身につけたコミュニケーションのおかげで、気弱なマネジャーでありながら、マイクロソフトで働いていた時には、2度の社長賞をいただいたそうです。

 あなたも気弱だからといって、プレイングマネジャーの道をあきらめることはありません。気弱なあなただからこそ、本書は役に立つのです。

 本書では、ちょっとした言葉使いから、5秒あればできる日常会話など、誰でもできることで成果を上げるための方法が、数多く載っています。

気弱なマネジャーの方がうまくいく
 マネジャーに必要なものは、周りを引っ張っていくようなカリスマ的リーダーシップがなければならないわけではありません。むしろ、それは邪魔になるものです。

 気弱なマネジャーにしか、気づくことができないことがたくさんあるのです。

 気弱なマネジャーには、ある強みがあります。それは、チーム内で起こっている問題を敏感に察知できる力です。常に周りを観察しているため、問題の変化に気づきやすいのです。

 それに、主張するのは苦手ですが、お互いの意見をよく聞いて、対立している意見をまとめることができます。上司と部下の間に入り、お互いを調整する力も持っています。


 この力が、チームや組織の力を結束させ、最大の成果を生み出すことになるのです。

 本書では、この気弱なマネジャーのことをシマウマ型マネジャーと呼んでいます。シマウマ型マネジャーには、この「調整力」という大きな力があるのです。

 マネジャーに必要な力は、自己主張するのではなく、メンバー同士の個性をつなぎ、部門間をまとめ上げ、上司や部下の間に立ち、意見を伝える力が必要になるのです。

 仕事の流れをつくるためにも、引っ張って動かすのではなく、自発的に動いてもらうことが一番です。それには、指導よりもフォローのほうが自発性を生むことができるのです。

 そして、これらをつくり上げるのに必要なインフラがコミュニケーション力なのです。

 記事が長くなりますので「ビジネスとしてのコミュニケーション」と「誰でも簡単フレーズ」「あなたが持っている空気はどんなもの?」「業務の忙しさを言い訳にしないために」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp プレイングマネジャーの教科書―結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪
中間管理職は、感受性・共感能力の高さなど
コミュニケーション能力の高い人じゃないと
できないのかもしれませんね。
今は、コミュニケーションできない人が多い…
といいますから、こういう本は必読かな。

難しい(笑)

ふわころ本舗さん

コミュニケーションほど難しいものも、なかなかないような気がしますね。

自分が正しいと思うことが、相手には違っていたり、その反対もあったりで、正解がないような感じです。

特に世代で考え方が違ってくるのが、ややこしい・・・
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。