サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま、すぐはじめる地頭力(後半)

いま、すぐはじめる地頭力いま、すぐはじめる地頭力
著者:細谷功
発行所:大和書房
発売日:2008年6月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

結論から考える
 結論から考えるというのは、目的地を仮に設定して、そこに自分を置いてみるという思考法のことです。これを本書では、仮説思考といっています。

 まずは、目的地を意識することで、今の自分と到達すべき自分とのギャップを明確にすることが大事です。そうすることで、いま現在、足りないものが何なのかがわかり、その情報を効率よく集めることができるようになるのです。

 本書では、仮説思考のことを、①いまある情報での最善の結論(仮定)を想定し、②情報の精度を上げていきながら適宜その仮説を修正し、③最終結論に至る思考プロセスのこと、といっています。

 この仮説思考で大事なことは、いまある情報で、ある程度の目的地を決めることです。目的地を決めずに、情報を集めるということは「とりあえず」の情報ばかりを集めることになり、労力が増え、進む方向も定まりません。

 それとは別に、情報を完璧に集めようとしてはいけません。完璧な情報など集まりませんし、情報が集まらなければ、行動できないというのでは、いつまでたっても行動できないままです。それに、情報が集まりすぎても、それが不安材料になり動き出すことができなくなることもあるのです。

 ある程度で目的地を想定し、それに必要な情報を集め出すことで、そこから新たな発見があれば、そのつど目的地を修正していく、このプロセスを繰り返すことが大事なことなのです。

 それを実行するためには、つねに目的地を意識しておかなければなりません。考えるという作業には、目的地は必ず必要なのです。

 本書では、この仮説思考を「カーナビ」に例えているのですが、これは非常にわかりやすく説明されています。

単純に考える
 単純に考えるというのは、抽象化思考力のことをいいます。

 抽象化思考力を説明するのは難しいので、本書を読んでいただきたいのですが、単純にいうと、対象物から「離れて」考えることをいいます。

 私たちは、どうしても小さなことや小さな違いにこだわってしまいます。そうなると、物事が狭い範囲でしか見えなくなってしまい、それを他の人に説明しようとしても伝わりにくいものになってしまうのです。

 抽象化とは、細かいものにこだわるのではなく、対象物から、重要な特徴を取り出し、そこから別のモノとの共通点を見つけ、誰にでもわかるように、一般化する作業になります。

 それは、一見異なっているものの中から共通点を見つけ出す作業ともいえます。

 共通点を見つけることができるようになると、物事の特徴を的確に捉えることができるようになりますし、そこから、別のモノに発想を活かすこともできるようになります。それに、一般化されたものは、人にも伝えやすくなります。

 本書では、ビジネスと戦争から共通点と相違点を探してみたり、ビジネスと恋愛から共通点と相違点を探してみたりしています。そうすることで、恋愛で使われている手法が、ビジネスで活用できることもあるということを見つけることができるようになるのです。

考え始めるために
 私も、ついつい考えることを放棄して、すぐに答えを調べたり、外部から得た情報を、そのまま利用したりしてしまいます。

 考えるという作業は、始めるまでが大変なのですが、1度考え始めれば、自然と思考というのは、続いていくのではないでしょうか。

 あとは、そのきっかけをつくることができればよいだけなのです。

 そのきっかけを掴むヒントを、本書で得ることができるのです。

Amazon.co.jp いま、すぐはじめる地頭力

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

いま、すぐはじめる地頭力(前半)

いま、すぐはじめる地頭力いま、すぐはじめる地頭力
著者:細谷功
発行所:大和書房
発売日:2008年6月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 地頭力とは、わかりやすくいうと、与えられた情報だけで問題を解決するために、自分の頭を使って考えることをいいます。

 この「考えるという作業」いつの間にか、どんどん減ってきていることに、あなたは気づいているでしょうか?

 現在は、何かわからないことがあれば、インターネットで簡単に調べることができるようになりました。その生活に慣れてくると、知識の量というものは、どんどん増えてくるのですが、「自分の頭を使って考える」という力は、どんどん衰えてきます。

 なぜなら、調べて得た知識を加工することなく、そのまま使ってしまうからです。それが、本書でいう思考停止の状態に陥っているといえるのです。

 クラウドというものがあるように、外部脳を持つことは、これからの時代ますます必要になってくるでしょう。しかし、その外部から得た情報をどのように扱うかが、最も重要な問題になってくるのです。

 誰でも手に入れられる知識を持っているだけでは、他の人との差別化はできません。その情報にいかに付加価値をつけることができるかが、重要になってくるのです。そのために必要になるのが、考える力=地頭力なのです。

 インターネットで得る知識がダメだということではありません。

 地頭力とは、考え力でありアウトプットであります。アウトプットするにはインプットが必要です。そのインプットには、インターネットの力を最大限活用すべきなのです。

問題解決に使える
 地頭力は、問題解決に大きく役立ちます。

 本書では、問題解決のプロセスをこのように説明しています。①情報を集める→②価値を加える→③伝える。地頭力は、この「価値を加える」というところに大きく影響しているのです。

 インターネットで、誰でも同じ情報を手にいれられるようになると、情報を集めるということでは、他の人より抜きんでることはできなくなります。そうなると、自分の頭で考えて、価値を加えるというところで、問題解決の価値を高めていかなければならなくなるのです。

 そして、本書では「結論から」「全体から」「単純に」考えるという地頭力の基本の部分に重点を置き説明されています。

思考停止
 地頭力で一番大切なことは、自分の頭を使って考えるということです。

 私たちは、他人の意見に流されたり、依存したりしてしまいます。この状態は、自分自身で考えていない思考停止の状態といえます。思い込みや過去の経験・知識などに囚われることも同じです。

 どんなことでも、つねに自分の頭で考えることを意識しておかなければなりません。考える力が身につかなければ、いつまでたっても物事の表面しか見えず、本質を見抜くことができないのです。

 この考え始めることに大切なのが「なぜ?」という問いかけなのです。思考は、この「なぜ?」という問いかけから始まるのです。

 記事が長くなりますので「結論から考える」と「単純に考える」「考え始めるために」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp いま、すぐはじめる地頭力

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

実践編 クラウドHACKS!

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイルクラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
著者:小山龍介
発行所:東洋経済新報社
発売日:2010年12月16日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


Evernoteを使ってみる
 今回は、クラウドHACKS!にでてくるEvernoteを実際に使ってみました。

 復習ですが、Evernoteとはクラウドサービスの1つで、データをインターネット上に保存できるサービスのことです。

 基本的な活用方法は、ウェブ上の情報を保存することや、街でみかけた情報や、チラシ、ポスター(スマートフォンで撮った写真を簡単に保存できる)、歩いているときにふと思いついたアイデアなどをEvernoteに保存することが基本的な使い方になるのではないでしょうか。

 これで、いままでのように記憶力だけを頼りにする必要はなくなるのです。

 Evernoteを外部脳として、情報をストックできるようになると、次のことが大事になります。それは、重要な情報を、どれだけ効率よく集めることができるようになるかということです。

 この有益な情報を集める方法は、本書を読んでいただきたいのですが、この記事では、私が現在、Evernoteをどのように使っているのかを説明したいと思います。

どこからでも集められる
 私の場合は、ダイヤモンドオンラインや日経ビジネスオンラインなどで気になった記事を見つけたときに、とりあえず保存するようにしています。そのときに読むこともあれば、スマートフォンのアプリを使い、すきま時間に読むこともあります。

 もちろん、Evernoteはサイトのページを保存することも簡単にできます。Add to Evernoteというところをクリックするだけで保存できるので、どんどん保存していきましょう。

 ウェブ上の情報だけでなく、書籍や新聞、雑誌などでも、気になったものがあればEvernoteに保存します。その時に使うアプリが、私の場合はAndroid端末用のアプリCamScannerです。

 これは、カメラがスキャナ代わりになるもので、気になった記事の写真をとれば、それがスキャンされて、データで残すことができます。もちろんサイズの調整もできますし、明るさが調整されるので、Evernoteに保存しても、まったく問題なく見ることができます。

 もちろん、普通にページを切り取り、スキャンしてからEvernoteに保存することもできます。

 このように考えると「すべてを記憶する」というのも大袈裟なことではないのかもしれません。

今後の使い方
 今後の使い方としては、いろいろなフレームワークの図を保存していこうかと思っています。他には、ドラッカーなどの名言も集めていきたいですね。写真も保存することができるので、これも活用していきたいと思っています。

 会社の仕事内容もEvernoteに保存しておけば、家に帰ってからでも簡単に確認することができるようになります。あまり家では仕事はしたくないものですが(笑)

検索をうまく使いこなす
 このように、集めた情報は、あなたのデータベースとなります。そして、知りたいときに、どの端末からでも情報を確認できるようになるのです。

 Evernoteには、すぐれた検索機能がありますので、とりあえず、気になった情報はどんどんEvernoteに保存していくことが、最初の使い方になるのではないでしょうか。

 検索では、検索窓にキーワードをいれるだけで、その文字が入っているデータをすべてピックアップしてくれますし、画像内にあるキーワードにも反応してくれます。

 情報が増えれば、知りたいキーワードを検索するだけで、いろいろな記事を確認することができるようになるはずです。

 これは、Evernoteを使い続けなければ検証できませんので、どのようになるのか楽しみです。

目指す先
 最終目標は、Evernoteの情報データベースをインターネット上に公開することができるようなので、どのような形になるかわかりませんが、やってみたいことの1つではあります。

 どちらにしても、もう少し使い続けてみないとなんともいえませんね。

Amazon.co.jp クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

クラウドHACKS!

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイルクラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
著者:小山龍介
発行所:東洋経済新報社
発売日:2010年12月16日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


読むきっかけ
 本書は、私がよく訪問するブログ「語り合おう!読書交流会」なんちゃって読書人さんのブログの記事を読んで、気になって購入したものです。

 こちらが、その記事です。→「クラウドHACKS!」

 私の記事では、本書にでてくるアプリの説明は1つもありませんが、本書には、たくさんのアプリの説明が載っています。

 興味がある方は、なんちゃって読書人さんの記事を見てください。こちらには、たくさんのアプリの説明が載っています。見やすくて便利ですよ。

クラウドのメリット
 そもそもクラウドとは、なんのことなのでしょうか?簡単にいうと、データをインターネット上に預けて管理できるサービスのことをいいます。

 これには、たくさんのメリットがあります。その1つがデータを共有できることにあります。データをインターネット上で管理できるということは、インターネットに繋がる環境さえあれば、どこでもそのデータを確認したり、新しく保存したりすることができるようになるのです。

 これにより仕事の場所を選ばなくてよくなりますし、リアルタイムで仕事を進めることができるようになります。

 本書では、クラウドサービスとして、DropboxやSugarSync、Evernoteなどが載っています。

 ただ、情報を預ければ預けるほど、あとからその情報を見つけることが大変になるのではないかという不安もあると思います。その問題もエバーノートなどのクラウドサービスは解消してくれるのです。

 検索機能の向上により、たくさんあるデータの中から、知りたい情報を、かんたんに見つけることができる仕組みになっているのです。

 その他にも、クラウドをデータのバックアップとして使うこともできます。データがインターネット上にあるのですから、データが入っているパソコンが壊れたとしても、インターネット上のデータは、残っているので心配いりません。

 ここまで書くと、まるでよいことばかりのように思えますが、クラウドが万能というわけではありません。データの管理はできますが、それをどう活かすのかというところは、あなたの自身の思考の力にかかっています。

クラウドを活かす
 クラウドを活かすためには、どこから情報を集めてくるのかが重要になります。本書には、その情報源と情報を効率よく集める方法が解説されています。

 クラウドは、文字だけではなく、図や写真なども保管できます。それにより、文字だけでは伝わりにくいものも、図や写真などを活用できますので、より理解できる状態で情報を集めることができるのです。

 そして、個人の仕事だけでなく、会社全体としてもクラウドは力を発揮します。業務プロセスの共有ができますし、仕事の進歩状況も共有できますので、進行の把握にも役に立ちます。

 現在でも、どんどん便利なアプリが増え続けています。これらアプリとクラウドの連携機能により、情報はより広がりを見せ、より場所に囚われなくなるのです。

 今後も、クラウドなどによる共有と同期というものは、大きな力を発揮していくでしょう。

必要になる力
 クラウドにたくさんの情報を集めることは、たくさんのインプットを得ることになります。ですが、それだけではいけません。それらの情報をどう活かすのかというアウトプットが重要になります。

 このことからも、クラウドを活かすには、2つの力が必要なのではないでしょうか。

 まずは、クラウドに蓄積された情報の中から、いかに必要な情報を引き出すことができるようになれるかということと。

 その情報を、あなたの思考の力で新しい情報に変えることができるかという、2つの力が必要になってきます。

感想
 本書を読んでみると、どれだけ時代が進んでいるのかを痛感されられます。何年か前には考えられなかったようなことが、誰でも簡単にできるようになっているのです。

 こう考えると、これから数年後も、ものすごいスピードで、あらゆるモノが進化しているかもしれません。乗り遅れないようにしないといけませんね。

Amazon.co.jp クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法(後半)

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
著者:橘玲
発行所:幻冬舎
発売日:2010年9月30日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

能力が高くなければいけないのか
 能力が高い人が成功できることに間違いはないと思いますが、能力が高くなければ、成功できないということはありません。

 本書では、それを比較優位性というもので表しているのですが、自分の得意なこと、自分がふさわしい場所を見つけることで、小さな成功を手に入れることができるのです。(比較優位性については、本書でドラえもんを例に説明されています)

 例えば、映画が大ヒットしたとして、これは誰の成功になるのでしょうか?

 映画を一人でつくることはできません。脚本があり、監督がいて、俳優、美術スタッフ、撮影スタッフなど、いろいろな要素があります。映画の成功とは、そこに関わったみんなの成功ということがいえます。

 俳優が撮影スタッフを兼ねることはできませんし、撮影スタッフが俳優を兼ねることもできません。

 このように、俳優には俳優としての成功が、撮影スタッフには撮影スタッフとしての成功があるのですから、自分が得意なことに資源を投入することで、本書でいう小さな成功を掴むことはいくらでも可能になるのだと思うのです。

金銭的な成功だけが人を幸福にするというものではない

 人がもっとも幸福を感じることができるのは、人から認知されたときだといわれています。

 私たちの社会では、人からの「評判」はお金よりも、ずっと価値の高いものです。その理由は本書にたっぷり載っているのですが、人に必要とされる、認められるということは大切なことです。

 それならば、できないことをしようとするのではなく、好きなことで評判を獲得し(評判の獲得により幸福になれる)その評価を収入につなげる工夫をすればよいことになります。

 その答えが、本書の「はじめに」に書いてある、「残酷な世界を生き延びるための成功哲学は、たった2行に要約できる。伽藍を捨ててバザールに向かえ。恐竜の尻尾のなかに頭を探せ。」なのです。

 このヒミツを知ることで、ありのままの「わたし」で成功できる方法がわかるようになっているのです。

私の感想
 私は本書を読み終えた後でも、自己啓発は必要だと思っていますし、頑張れば自分を変えることもできると信じています。

 ですが、本書でいいたいのは、自分の弱み(できないこと)を補うのではなく、強み(できること)を伸ばすことで成功を掴もうということなのだと思います。

 好きなことで評判を獲得するためにも、それなりの努力は必ず必要ですし、評判を得るだけの強みを鍛えておかなければいけないからです。

Amazon.co.jp 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。