サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他大勢を味方につける25の方法

その他大勢を味方につける25の方法―成功を勝ち取る人間関係のつくり方その他大勢を味方につける25の方法―成功を勝ち取る人間関係のつくり方
著者:ジョン・C・マクスウェル
発行所:祥伝社
発売日:2006年11月5日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 どのような成功も、人間関係に成功していなければ、成し遂げることはできません。

 仮に成功を手に入れることができたとしても、一人で成し遂げられる成功ほど悲しいものはないのではないでしょうか?

 喜びを分かち合う人がいるからこそ、成功にも意味がでてくるのです。

 本書では、よい人間関係を築くための25の法則が載せられていますが、これらは相手をコントロールすることで人間関係を改善しようというものではありません。

 この法則は、あなた自身が周りから関係を築きたいと思われる人物になるための法則なのです。

すばらしい言葉
 私が本書を読んでいて、特に心に染みたフレーズがあります。

 本書の第3章「塹壕の法則」にでてくる、ギリシャの哲学者エピクロスの言葉です。

 「友人の実際の助けよりもむしろ、助けてくれるであろうという確信こそがわれわれを助ける」

 私はこの言葉を聞いて、いろいろ考えさせられました。

 私たちは何か行動をしようとするときや、失敗をしたとき、辛い思いをしたときに、友人に助けてもらうことはよくあることだと思います。

 ですが、その友人は何か問題がおきた後だけ助けてくれているのでしょうか?

 視点を変えて考えてみると、何かを始める前から、私たちは友人に助けられているのではないでしょうか?

 何か行動をおこそうと思えるのは、友人がきっと応援してくれると、心で感じているからでしょうし、失敗する可能性があることに挑戦しようとすることも、失敗したときに、友人が心の支えになってくれるからでしょう。

 辛い思いをしても、友人がいるから私は大丈夫と思えることもあると思います。

 このように、私たちは友人に実際に助けてもらっていなくても、助けてくれるであろうという思いに、多くの勇気をもらい助けられているのです。

 真の友人を持つことは、何事にもかえられない助けを得ることになるのだと思います。

心にとめておきたいこと
 私たちは、このことからも常に友人に支えられています。

 だからこそ、友人が困っているときには、「助けに来てくれると思っていたよ」(本書から引用)と言われる人になりたいと私は思います。

実際に
 私のブログも人に支えられ、続けることができています。

 もし、訪問者が0名だったら、コメントが1通も来なかったら、きっとブログを続けようとは思わなかったでしょう。

 このように、私のブログは助けられています。

 だからこそ、他の人のブログにも「助けに来てくれると思っていたよ」といわれるようなことを、これからもできればいいと思っています。(カッコつけすぎですかね・・・)

Amazon.co.jp その他大勢を味方につける25の方法―成功を勝ち取る人間関係のつくり方

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

一生モノの人脈力

一生モノの人脈力
一生モノの人脈力

著者:キース・フェラッジ
発行所:ランダムハウス講談社
発売日:2008年3月25日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 どのような成功者も他の人の協力なしでは成功できません。

 あなたがどのような人脈をつくるのかによって、あなたがどのような人間になれるかが決まり、成功への道も開けてきます。

 あなたが毎日過ごしている環境が、あなたに影響を与えるのです。

 成功したければ、その目標にあった人脈をつくらなければなりません。

心に留めておきたいこと
 成功している人はお互いに助け合っています。人の成功が自分の成功に繋がっていることを知っているからです。

 人を助ければ、その人もきっとあなたを助けてくれます。
 
 あなたを助けてくれる人脈をつくるためには、長い時間をかけなければなりません。必要になってからつくり初めていては遅いのです。

 将来の目標の達成に必要な人脈を、早い段階からつくり上げていかなければなりません。

 人脈をつくる最初の一歩は、まずあなたから相手に対して、何か助けることができないのかを探すことです。

 助けを待っているだけでは、いつまで経っても助けてくれる人は現れたりしません。

 よい人脈ができたら、ただ周りから助けてもらえるのを待っているのではなく、自分から進んで周りに助けを求めていくことも必要になります。

 自分からいく勇気も必要なのです。

内容紹介
 どのようにパートナーをつくればよいのでしょうか?

 まずあなたの目標に合わせた人脈リストを作ります。その中で、会いたい人に電話をし、会う約束をとるのです。

 しかし、人と会う時、何の準備もせずに会うことは一番してはいけません。

 相手の人となりや仕事の内容、何に悩み、何を求めているかを知ることで、相手を助けることが何かないかを考えておかなければなりません。
 
 会った後のフォローも大事です。必ず感謝の気持ちをすぐに伝えなければいけません。

 そして、これも重要なことなのですが、仲介してくれた人がいたときには、その人にも必ず感謝の気持ちを伝えなければいけません。これを忘れてしまってはあなたの信用を失うことになります。
 
 あたらしいパートナーができれば、あなたはその人の後ろにいる何十人という人とも繋がりを持てることになります。このようにして、ネットワークを広げていくことができるようになるのです。
 
 パートナーとの連絡も絶やしてはいけません。負担にならない定期的な方法をつくりださなければなりません。仲が良いから連絡をしなくても大丈夫だと思っていても、それはあなたが決めることではないのです。

 どう感じるかは相手が決めることなのです。

Amazon.co.jp 一生モノの人脈力

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。