サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは親を超えなさい!(後半)

まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~
著者:苫米地英人
発行所:フォレスト出版
発売日:2009年7月17日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

現実を変えることで重要なものを変える
 ゴールの世界を現実のものよりリアルにするということは、現在のあなたにとって重要であるものを見るのではなく、ゴールの世界にいるあなたが、重要だと思うことを見るために必要になります。

 例えば、私が社長であることをリアルに感じている場合は、社長と同じような行動をとるようになります。そうなると、自然に社長にとって必要になる情報が目につくようになり、現在の私が見ている情報が見えなくなるのです。

 これは成功するためには、欠かせないものです。

 成功できる人は、成功する人が見ているであろう情報を見ています。これは、現在の考え方をしている間は、見ることができない情報です。

 自分の意識を、完全に変えることで、見えるものが変わってくるのです。

現状を維持する力
 人には、無意識のうちに現状を維持しようとする力が働いています。これは日々の生活を考えると納得できるはずです。

 私たちは新しいことにチャレンジすることを恐れますし、いつもと違う状況になると、居心地が悪くなり、いつもの環境に戻ろうとする力が働きます。

 私たちの習慣などもそうです。過去の記憶によって、無意識のうちに自分に合わない行動をさけるようにできているのです。

 これも、ゴールの世界を現実のものよりリアルにすることで解決できます。ゴールの世界にいるあなたがとっている行動をリアルに思い浮かべるのです。いったいどのような行動をとっているでしょうか?

 イメージがリアルになれば、現在のあなたにとって居心地が悪いことも、ゴールの世界のあなたにとっては、当たり前のことなのですから、行動が起きやすくなります。

 ゴールの世界がリアルになるということは、その状態での当たり前のことが無意識のうちにできるようになるのです。

リアルに感じるためには
 では、ゴールの世界をよりリアルに感じるためには、どのようにすればよいのでしょうか?

 それは、あなたが普段口にする言葉を選ぶということです。あなたが普段口にする言葉は、あなたという人格をつくりあげます。他の人からいわれる言葉なども同じです。繰り返し聞かされれば、それを元に、あなたは自分のイメージを作りあげてしまうことになります。

 そして、そのイメージ通りの行動を無意識のうちに進んでするようになるのです。

 ここで大事なことは、繰り返し自分に投げかける言葉を、自分でコントロールしなければならないということです。ネガティブなことばかり口にしていては、そのイメージが固定してしまい、ネガティブなものしか見えなくなります。逆に自分のイメージに自信を持つことができれば、よいことが見えるようになります。

 これも、「人は自分に関係がある情報しか見えない」ということで説明できます。

 このように、自分自身にかける言葉は、慎重に選ばなければなりません。

 言葉がイメージをつくり、イメージがリアルを生み出す。リアルが生み出されれば、あとは自然と目標の達成に必要なものが見えてくるようになるのです。

Amazon.co.jp まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

まずは親を超えなさい!(前半)

まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~
著者:苫米地英人
発行所:フォレスト出版
発売日:2009年7月17日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書のタイトル「まずは親を超えなさい!」とは、どういうことなのでしょうか?

 本書には、このように書かれています。「発達心理学のデータで成人が大人になってから無意識に下す判断のうちの8割9割が親の物真似だといわれているからです。つまり無意識での判断は親の刷り込みによる判断になっているというわけです。」とあります。

 このことからわかるのは、私たちは、自分の人生を自分で選んでいるように思っていますが、実は過去の記憶に影響を受けているのです。

 では、自分の思い通りの人生を生きるためには、どうすればよいのでしょうか?自分の夢や目標を達成するためには?その壁を乗り越えるために必要になるのが、本書の法則なのです。

 本書は、過去の記憶に囚われるのではなく、あなたの人生である、未来のゴールを強くリアルに感じることで、あなたが選んだゴールの世界を現実にしようというものです。

 ゴールの世界の臨場感が現実のものより強くなれば、ゴールを達成するために何をすればよいのかということが、自然とわかるようになります。「~しなければならない」ではなく「~したい」ということをするだけで、あなたはゴールへと進むことができるようになるのです。

 必要なのは、ゴールの世界を現実のものより、強く感じということだけなのです。

 本書は、ゴールの世界を現実のものより、強く感じるための方法が載せられています。それさえできれば、あとは自然と道は開けてくるのです。

 本書には、たくさんの専門用語がでてきます。苫米地さんの本を読んだことがある人は、聞いたことがある言葉なのでしょうが、読んだことがない人もいると思われますので、今回は専門用語を使わずに、記事を書きたいと思います。

私たちは過去に支配されている
 私たちの脳は、自分に関係がある情報しか受け取れないようにできています。その脳の仕組みによって、目の前に現れる情報の選択が行われ、私たちは物を見ているのです。

 ここには盲点が存在します。それは、いくら目の前に情報があっても、自分に関係がある情報でなければ、見えているようで見えていないということが起きるのです。

 例えば、投資をしている人としていない人では、同じニュースを見ていても、目に止まる情報はまったく違ってきます。これは当然のことなのですが、情報というものは、ほしいと強く願わなければ、目の前にあっても見えてこないのです。

 そして、情報の選択は、過去の記憶によって決まり、私たちが現在見ているものを決めているのです。

 現在重要だと思っているものは、過去に重要だと思う何かがあったために、そう思うようになったものです。未来の私に重要なものは、もちろん今の私には見えていません。

 著者の言葉に、「物理的現実世界も自分の記憶が生み出している」というものがあります。これは、私が見ている現実は、過去に私が見ているものの延長線上のものであり、それ以外のものは、見えていないということです。

 これは、大変くやしいことだと思いませんか。私は、自分をよりよく変えたと思っているのに、私が見ているものは、過去の記憶によって、重要と思われるものを見ているだけであって、それは現状の維持にしかなっていないのです。

 これをもう少しわかりやすくいうと、今の私は過去に重要だと認識したもので今の私を作り上げています。それなのに、この先も過去に重要だと認識したものしか見えていなければ、今よりよくなることはできません。

 この認識を変えるためには、重要と思えるものを変えなければならないのです。

 記事が長くなりますので「現実を変えることで重要なものを変える」と「現状を維持する力」「リアルに感じるためには」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

20歳のときに知っておきたかったこと(後半)

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
著者:ティナ・シーリグ
発行所:阪急コミュニケーションズ
発売日:2010年3月25日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る

 今回は前回の記事の続きです。

失敗したことがないなんて・・・
 いくらチャンスがたくさん巡ってきたとしても、それがすべて成功するわけではありません。失敗することのほうが多いと思います。

 このような言葉を聞くことがあります。「私は失敗などしたことがない」 このような言葉をいう人は、きっと、行動を起こしていなければ、挑戦もしていないはずです。

 失敗をしないということは、何もしていないということに他なりません。

 失敗とは、避けては通れないものです。失敗をせずに成功できれば、それが一番よいのかもしれませんが、成功とは、失敗の積み重ねである以上、失敗は避けては通れないのです。

 どれだけ待っていても、挑戦を繰り返さない人のところに成功が訪れたりはしません。

快適な場所から離れる
 チャンスを見つけ、失敗を恐れず、どのようなことにも解決策はあると信じ、つねに全力を尽くすことで、あなたは光り輝くことができるようになります。

 そのためにも、いまいる快適な場所から離れなければなりません。言い訳もしていてはいけません。自分の人生なのですから、自分で責任をもたなければなりません。

 このように考えると、これからの人生で訪れるものは、すべてチャンスと捉えることができ、あなたの可能性を試すことができるはずです。

 あとは、あなた自身に、本書で学んだことができるのだという許可を与えるだけでいいのです。これからの人生を変えることは、まだ間に合うのです。

目次をみて、最初に読んだ章
 私は、この書籍を手に取ったときに、まず第4章から読み始めました。

 第4章のタイトルは「財布を取り出してください 機が熟すことなどない」です。

 私たちは、日々いろいろなことを行動に移しています。ですが、すこし大きな決断になると、なかなか行動に移すことができません。

 まだ自分には早いのではないか?自分にはできないのではないか?と考えてしまうのです。

 では、時がたてば、いつか納得して行動できるときがくるのでしょうか?

 行動に移せない人の一番多い言い訳が、まだ自分には早いのではないか?自分にはできないのではないか?というものです。

 準備ができるのを待っていても、そういう考え方をしている人は、準備が整うことなどないのです。まずは、その世界に飛び込んでみる。あとのことは経験しながら学んでいく、これが一番の近道なのです。

 どの書籍で読んだのかは覚えていないのですが、会社で課長や部長になるには、いまある仕事を精一杯こなすだけでなく、課長や部長がしている仕事を先に理解しておかなければならないというものがありました。

 いまの仕事だけをしていても、いつまでたっても課長や部長の仕事ができるようにはならないのですから。

 これも機が熟するのを待つのではなく、先に身を置くということと同じだと思うのです。

テレビ
 現在、NHKでティナ・シーリグさんがでているスタンフォード白熱教室という番組があります。毎週日曜日の午後6時から7時までです。興味のある方は、こちらも見てみてください。

Amazon.co.jp 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

20歳のときに知っておきたかったこと(前半)

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
著者:ティナ・シーリグ
発行所:阪急コミュニケーションズ
発売日:2010年3月25日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 著者がどうしても伝えたいこと。それは・・・、「あなたの行動は、あなた自身が制限しているのであって、あなたが自分自身に許可を与えてあげるだけでチャンスを生かすことができる」ということです。

 歳をとってから、振り返ることがあります。なぜ私にはチャンスが巡ってこなかったのだろうかと。すこしでもチャンスが巡ってきていれば、こんな生活をしていないのにと。

 それとは別に、たくさんのチャンスに恵まれることで、無限の可能性を手に入れている人もいるのです。この違いはどこから生まれてくるのでしょうか。

 チャンスというものは、めったに巡ってこないものと思われていますが、実はチャンスはいたるところに転がっているのです。

 あとは、あなたがそのチャンスに全力を傾けるかどうかの許可を自分自身に与えるだけなのです。

あなたは気づいているか
 日常の生活の中で、周りを見回せば、いたるところに解決すべき問題というものがあります。

 それに気づかない人は、あまりにも身の周りに注意を向けていない人だと、著者はいっています。

 そして、チャンスに恵まれる人は、その解決すべき問題を、チャンスの1つだと捉えているのです。彼らは、問題を避けて通るものではなく、解決するべきものだと思っているのです。

 例えば、これは私が日々の生活の中で、どうにかならないかと思ったことなのですが、仕事帰りの電車の中で、夕ご飯のための買い物袋を下げている人をよく見かけるのです。どこかで買い物をして、電車に乗っているのでしょう。

 もし、これを解決すべき問題として捉えた場合、このような考え方が浮かびます。

 そもそも電車の中で買い物ができないのか、ということです。

 これは、多くの障害がある問題ですが、周りを見渡し、解決すべき問題を探すということは、こういうことではないでしょうか?

 しかし、ここで疑問が生まれてきます。そもそも誰でも問題を解決できる方法を見つけることなんてできるのだろうかということです。

 そして、これは意外なことなのですが、著者がいうには、問題の大きさに関係なく、いまある資源を使って解決するための、独創的な方法はつねに存在するというのです。(電車で買い物ができる解決策もあるのかな)

バカなことでも
 独創的な方法とは、常識を疑うことから始めます。

 私たちはつねに周りのルールに流され、ルール以外の方法に、気づきにくくなっています。まずは、そのルールに疑問をもってみるのです。

 どんなにバカげでいるアイデアが浮かんだとしても、そこには何らかの価値があることもあるのです。

 本書に載ってある、リンダ・ロッテンバーグの言葉に、「あなたはどうかしている」と人から言われたら、いい線をいっている証拠だと考える、というものがあります。

 問題を解決できる独創的な方法を見つけることができれば、どのような問題もチャンスに生まれ変わるのです。

私の例えの場合
 「電車で買い物をする」の場合、バカげているアイデアとは、電車を2階建にして、2階をまるまるスーパーに貸し出すという方法です。

 電力確保は、電車なのですから、風力発電や太陽光を使うなど、実現できるかどうかは別として、アイデアをだしていく。

 そうしているうちに、そこから新しい価値が生まれることもあるかもしれません。

 あとは、それをチャンスと捉えるかどうかの問題なのです。

 記事が長くなりますので「失敗したことがないなんて・・・」と「快適な場所から離れる」「目次をみて、最初に読んだ章」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

残り97%の脳の使い方(後半)

残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~
著者:苫米地英人
発行所:フォレスト出版
発売日:2008年11月23日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る

 今回は前回の記事の続きです。

脳は変化が嫌い
 脳は慣れ親しんだところを安全で安心できる場所だと考えます。これを「コンフォートゾーン」というのですが、脳はこの状態で最高のパフォーマンスを発揮できます。

 そして、脳には「ホメオスタシス」という力が働き、現状維持を望むようにできています。この「ホメオスタシス」も言いにくいので、「変化を嫌う心」としておきましょう。

 この変化を嫌う心(ホメオスタシス)が働くために、現在の生活を変えようとしても、脳は安全で安心できる場所に現状維持しようとして、なかなか変えることができず、いまいるコンフォートゾーンからも脱出できないのです。

 そしてコンフォートゾーンが変わらなければ、あなた専用眼鏡(スコトーマ)の力によって、あなたの現状で見えるものしか見えてきません。

 例えば、お金持ちでない私たちが、お金持ちになろうとしても、変化を嫌う心(ホメオスタシス)の力によって、脳はお金持ちでない状態を維持しようとします。

 そうなると、コンフォートゾーンもお金持ちでない世界となり、その世界で脳はパフォーマンスを発揮しようとします。そしてあなた専用眼鏡(スコトーマ)によって、お金持ちに見えるものが見えてこないのです。

 わかりやすくするためにお金の話になっていますが、どのようなことでも当てはまります。例えば、経営者と従業員は同じ情報を見ていても、見えているものは違うということは誰でもわかりますよね。

現状の壁を突破する
 では、私たちがこの変化を嫌う心(ホメオスタシス)の力をはねのけ、コンフォートゾーンを変えるためには、どうすればいいのでしょうか。

 コンフォートゾーンを変えるとは、あなたがいま過ごしている生活ではなく、あなたが目指している生活にいることで脳が安心するようにするということが大事になります。

 そのために必要になるのが「エフィカシー」です。エフィカシーとは、自分の能力に対する自己評価のことです。

 エフィカシーを高い状態(自己評価を高くする)に維持することにより、脳は無意識の内にコンフォートゾーンを変えてしまうのです。

 本書では、このエフィカシーを高めるために、自分のイメージをどのようにつくりあげるのがよいのかが説明されています。

 そして、コンフォートゾーンが変わるとどうなるでしょうか。いままでのあなた専用眼鏡(スコトーマ)がはずれ、いままで見えていなかったものが、自然と見えてくるようになるのです。

 ここでも変化を嫌う心(ホメオスタシス)が働き、今度は新しいコンフォートゾーンを維持しようとする力が働きだすのです。

 あなたがしなければならないたった一つのことは、エフィカシー(自己評価)を高めることだけです。あとは脳が勝手に目標を達成するための情報を集めてくれるのです。

引き寄せの法則
 引き寄せの法則の「思考は現実化する」というのは、このエフィカシー(自己評価)と同じことなのではないでしょうか。

 自分が目指していることをイメージし、すでにその世界にいるように振る舞うことで、コンフォートゾーンを変えるのです。

 これが引き寄せの法則を脳と心の仕組みから見た答えなのです。

 今回の記事は、自分で書いていても少しわかりにくくなってしまいましたが、本書はこれらのことを、もっとわかりやすく解説されています。

Amazon.co.jp 残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。



ザ・シークレットザ・シークレット
(2007/10/29)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。