サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション(後半)

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則
著者:カーマイン・ガロ
発行所:日経BP社
発売日:2011月7月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

宇宙に衝撃を与える
 ジョブスの大きな特徴の一つに、人を惹きつけてやまないビジョンがあります。

 アップルに優秀な人材が集まるのも、そのジョブスのビジョンに惹きつけられるためであり、その優秀な人材に最高の仕事をさせるもの、またジョブスのビジョンなのです。

 個人の力だけで、イノベーションが成し遂げられることは、ほとんどありません。同じ方向に進もうとする情熱的なチームの力が必要になります。ジョブスのビジョンは、彼らを突き動かす力であり、無謀とも思えることに挑戦する力を与えてくれるのです。

 では、ジョブスにとってのビジョンとは、どのようなものなのでしょうか?

 それは人々が夢中になれるものをつくりだすことであり、世の中をよりよく変えていこうとするものです。それも妥協はいっさい許しません。そのようなビジョンだからこそ、そこで働く人々もそのビジョンに影響されるのです。

 ジョブスがアップルを立ちあげたときのビジョンがこれです。「普通の人々にコンピューターを届ける」この当時、このような考え方をしていたのは、ジョブスだけだったようです。

 私たちも、ジョブスほどのビジョンは持てなくても、自分のしている仕事で、人々の暮らしをよくするためにはどうすればよいのか、まったく新しい満足を与えるためには、どのようにすればよいのかということは考えておかなければなりません。

 いや、考えるだけでなく、ビジョンを持たなければならないのです。ビジョンも情熱と同様、あなたを動かす力になりますし、周りを動かす力にもなります。

製品を売るな、夢を売れ
 アップルにとってイノベーションとは、どのようなものでしょうか?

 これぞアップルのイノベーションと呼べるものが、iTunesのミュージックストアです。

 これは、その当時、まったく新しいビジネスモデルを生み出すキッカケになったものです。

 本書では、世界で1番成功した音楽会社にアップルがなれた原因をこう分析しています。

 アップルがミュージックプレイヤーを発明したのか? 違う。
 音楽コンテンツを生み出したのか? 違う。
 デジタル音楽のダウンロードを始めたのか? 違う。

 アップルのイノベーションとは、すでに発明されていたミュージックプレイヤーに、すでに生み出されていた音楽コンテンツを、音楽業界と協力して、高品質・高速でダウンロードできるサービスを始めたことにあります。

 これは、その当時の顧客が想像もしていなかったものを与えてくれたのです。

 アップルが行ったことといえば、他社がやらなかったことを行ったということです。しかし、それにより顧客の体験を劇的に高めることができたのです。

顧客の声から新しいものはつくりだせない
 そもそも、アップルにとってのイノベーションとは、顧客がほしいというものをつくることにはありません。

 なぜなら顧客は、本当にほしいものを理解できていないことがあるからです。多くの顧客の要望は、過去の製品の延長上にある改良を望むことが多いのです。

 そこからは、顧客を「あっ!」と驚かせることができるアイデアは生まれてきません。

 アップルのイノベーションによって生み出される製品とは、その製品が現れて、初めて顧客はそのものがほしかったことに気づくような製品のことをいうのです。

 そのため、ジョブスは自らの直感を信じて製品をつくりあげます。自分たちが気に入るものは、アップルの顧客も気にいるはずだという想いがあるからです。

 iProneやiPadも顧客の声に耳を傾けていたら、生まれていなかったかもしれません。あの頃の私たちは、従来の携帯電話が、もっと便利になることを望んではいましたが、スマートフォンのような形のものは理解できていなかったのですから。

 顧客の声からは、スマートフォンのようなものが生まれることはなかったはずです。

ジョブスの決断
 ジョブスがアップルに戻ってきた当時、アップルには、350種類ほどの製品があったそうです。それを、その年のうちに10種類に削減したというエピソードがあります。

 正直、私が経営者なら、なかなか実行できることではありません。350種類の製品をつくるために、どれほどの資源を使ったかを考えると、決断できるはずはないのです。

 それを決断してしまうほど、ジョブスには、叶えなければならない情熱とビジョンをあったということだと思います。

Amazon.co.jp スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション(前半)

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則
著者:カーマイン・ガロ
発行所:日経BP社
発売日:2011月7月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


献本していただきました
 今回紹介させていただく書籍は、日経BP社の中川ヒロミさんから献本していただいた本です。中川ヒロミさん、ありがとうございます。

 「日経BP社」

この本が読みたくなる一言
 私もスティーブ・ジョブズのようになれるのか?

 さすがに、それは無理ですかね・・・。それでも、どのようにすれば、ジョブスのような考え方ができるのかを知ることはできます。

 アップルの躍進は、ジョブスの生み出すイノベーションにより成り立ってきました。

 ジョブスの生み出す製品、Mac・iPod・iProne・iPadなどのアイデアは、どれも革新的なアイデアです。この小文字の「i」を使うところもジョブスならではだと思いませんか?

 また、ジョブスは映画業界や音楽業界をも大きく変えてきました。

 本書は、そのジョブスの法則を明らかにしてくれるものなのです。

 「スティーブ・ジョブズならどうするだろうか?」ということを学び、参考にすることで、私たちの常識では思いつかない、新しい発想を得ることができるようになるのです。

 注意:本書は、ジョブスについて書かれている書籍のため、内容は、かなりジョブスよりになっています。

たくさんのイノベーションの例
 本書を読み進めていくと、ジョブスの強みが何なのかが理解できるようになります。

 それは、製品の改良ということだけではありません。最高の強みは、顧客が予想もしていないイノベーションを生み出すことにあるのではないかということです。

 アップル流・ジョブス流のイノベーションとは、まさに魔法といえるものばかりなのです。

 本書には、アップルやジョブスを参考にしたと思われる、他の分野でのイノベーションの例も、たくさん紹介されています。

スティーブ・ジョブズが基本とする7つの法則
 1、大好きなことをする
 2、宇宙に衝撃を与える
 3、頭に活を入れる
 4、製品を売るな。夢を売れ。
 5、1000ものことにノーという
 6、めちゃくちゃすごい体験をつくる
 7、メッセージの名人になる

大好きなことをする
 日本人は特にそうかもしれませんが、大好きなことをして生活をすることに、ためらいを感じるところがあるかもしれません。

 しかし、ジョブスにそんなことをいうと、きっと怒られることになるでしょう。

 それだけ、ジョブスにとっては、自分の興味や関心に従って行動することが大事なことなのです。

 それは、情熱という言葉に置き換えることができます。自分の心に従わない行動から、情熱が生まれてくることはありません。

 この情熱こそが、なにものにも負けない強い気持ちを生み出すのです。

 情熱に従って行動するだけで成功できるわけがないという意見もあると思います。

 しかし、ジョブスや、他に成功している人たちの過去をふり返ってみると、自分の心に従って行動している人は、自然とうまくいっているのです。

 情熱を傾けて行ったことは、将来何らかの形で役に立つものです。過去をふり返ったときに、何のつながりもないと思われる出来事と出来事がつながり、いまいる道をつくりあげていることに気づくことになるのです。そう信じて進むことが大切なのです。

 本書を読んでいると、ジョブスも意味のない遠回りをして歩いてきたかのように思えるのですが、それらは、アイデアにつながり、イノベーションにつながっているのです。

突き進むエネルギー
 本書に何度も出てくるのですが、ジョブスは、情熱を大切にしなければならないといっています。

 情熱とは、忍耐力を生み、困難に立ち向かう力を生み出します。情熱があっても、すべて成功できるわけではないでしょうが、少なくとも失敗で終わることはありません。情熱からエネルギーが生まれ、修正して、また進むことができるのです。

 そして、毎日が素晴らしいと思えることが、素晴らしい仕事を生み、創造力を生み出す力になります。情熱なしでは、イノベーションは生み出せないのです。

 これほど、シンプルな秘訣はありませんね。

 では、ジョブスにとっての情熱とは何だったのでしょうか?

 それは「人々の暮らしをよくする」というものです。そこから生み出された製品が、Mac・iPod・iProne・iPadなのです。

 この情熱こそが、ジョブスのイノベーションの原点になっているのです。

 私たちが、ジョブスのようなイノベーションを生み出すためにも、情熱を傾けられるものを妥協しないで、探し続けなければなりません。

 本書には、このような言葉があります。「大好きなこと、どうしてもやりたいと思うことがみつかれば、ああもう1日、それができると太陽が昇るのが待ち遠しくなりますよ」と、こう思えるほど、私たちは大好きなことをしているでしょうか?

 記事が長くなりますので「宇宙に衝撃を与える」と「製品を売るな、夢を売れ」「顧客の声から新しいものはつくりだせない」「ジョブスの決断」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

小さな会社のブランド戦略

小さな会社のブランド戦略小さな会社のブランド戦略
著者:村尾隆介
発行所:PHPエディターズ・グループ
発売日:2008年12月24日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 小さな会社が目指すべき道、それがブランドづくりです。

 現在、物が売れる理由は変化しつつあります。安さやデザインだけで、売れる時代ではなくなってきているのです。

 「誰によって売られているのか?どんな思いが込められているのか?どんなストーリーや情熱があるのか?」ということが判断材料になりつつあるのです。

 有名とはいえない店でも、いつも通ってしまうような店が、あなたにもありませんか?それは、あなたがその店のお客様なのではなく「ファン」になっている証拠なのです。

 小さな会社のブランド戦略とは、このファンを増やすことにあります。

 著者は、小さなブランド会社の定義を「あなたのビジネスに関わるすべての人がファンになるような研ぎ澄まされた経営をしている会社」といっています。

 本書は、どのようにすれば、ブランドをつくることができるかというような、ノウハウ本ではありませんし、ミッションのつくりかたが載っているわけではありません。

 本書には、ブランドをつくることにより得られること、目指すときに必要になる心構えが載っています。特にミッションをつくることが大切だということに力を入れています。

ミッションが大事
 会社がブランドらしく成長してくると、会社に引力のようなものが身についてきます。ファン、スタッフ、お金、情報、チャンスなどが、会社に引き寄せられるようになるのです。

 その引力を身につけるために必要になるのが、会社の使命感を表すミッションなのです。

 ミッションとは、会社の使命感や存在理由をはっきりさせるもので、人の共感を得るためには必要なものです。

 ミッションは、そこで働く人たちの気持ちにも影響を与えます。ミッションに共感して働いている人は、会社と共に成長していこうという気持ちが大きいのです。

 そして、このミッションを発信することで、会社のこと、何をしようとしているのかということ、商品に込められた思いなどを伝えていくのです。それが、お客様の判断材料になり、それに共感してくれる人がファンになってくれるのです。

 売れない理由の多くは、会社のことが「わかりにくい」ために起きていることが多いのです。ミッションがなければ、記憶にも残りにくいですし、会社の名前を聞いても、何にも浮かんでこない会社の商品は、安さだけでしか判断されないため、そこで勝負するしかありません。

ミッションをつくろう
 ミッションとは会社の土台のようなものです。ミッションがしっかりしていない会社はフラフラしていて、不安定なままです。

 そのため、ミッションづくりには、とことん時間とエネルギーをかけ、しっかりしたミッションをつくることが欠かせません。

 ミッションがしっかりしていれば、どのようなお客様がターゲットなのか、どのように事業を進めていくのか、どのような訴求をするのかということもはっきりしてきます。どこに力を集中するべきかが明確になるのです。

 そして、このミッションはすべての人と共有しなければなりません。社長もスタッフも、関連会社の人も、そうして始めて、ミッションからブランドが生み出されるのです。

Amazon.co.jp 小さな会社のブランド戦略

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

「あれ、もう30?」

「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本
著者:午堂登紀雄
発行所:WAVE出版
発売日:2010年5月30日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書のテーマは、ずばり「20代がダメでも、30代で逆転する方法」です。

 著者の午堂登紀雄さんは、3年で年収を600万円から、2倍の1200万円にアップさせ、貯金も70万円から、1年で3億円の資産形成に成功した人なのです。(いったい何をすれば・・・)

 そんな著者が30代ですべきことを教えてくれます。

 20代では、ビジネスの基礎を築くだけでもよかったのですが、30代では、個人の優位性を伸ばす必要があるといっています。30代では、20代と同じような仕事のしかたをしていてはいけないのです。

行動を変えるには
 私たちの日々の生活は、たくさんの行動の集まりでもあります。その行動を変えることができれば、当然結果も変えることができるようになります。

 では、行動を変えるためにはどうすればよいのでしょうか。

 簡単なことです。考え方を変えるだけでよいのです。考え方を変えることで、自然と行動も変わってきます。本書は、その考え方のヒントがたくさん詰まっています。

 本書は、会社編・仕事編・じぶん編と分けられているのですが、その状況に応じて、どういう考え方をすれば一番よいのかということが書かれているのです。

 本書を参考に、今までの考え方を改め、30代にふさわしい行動を心がけましょう。

私が食いついたところ
 30代になれば、いままでと同じように仕事をしていてはいけなくなります。与えられた仕事をこなすだけでなく、自ら提案をしていき、仕事をつくりだす力を身につけ、自分を成長させていかなければならないのです。

 そのためにも、会社を徹底的に利用することが必要です。

 会社で仕事をするということは、自分を成長させるチャンスを得ることと同じことです。会社の資源を最大限利用し、自分自身を磨いていくのです。

 それに対して、私たちは授業料を払うどころか、給料までもらうことができるのですから、利用しない手はありません。

 上司に対しても同じです。上司に学ぶことで、あなたは大きな資産をタダ同然で手に入れることができるのです。

 それらの資源を最大限利用するためにも、仕事の選り好みをしてはいけません。とりあえず何事にも挑戦することが大事で、その結果、また新しい仕事を与えてもらうことができるようになるからです。

 「無理です」「できない」は上司や会社に見捨てられることになり、会社の資源を活用できなくなりますので注意が必要です。

Amazon.co.jp 「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

実践編 残念な人の仕事の習慣

残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)残念な人の仕事の習慣
著者:山崎将志
発行所:アスコム
発売日:2010年9月23日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


残念な人になっていたらどうしよう
 もしかして、私も残念な人になっているのではないか?前回の 「残念な人の仕事の習慣」 を読んで、ふと不安になったので自分の仕事について考えてみました。

 私の仕事でも、毎回繰り返す同じような作業があります。同じような作業というのは、いつもと同じやり方で単純作業のようにしてしまいがちです。

 「これではいけないのではないか!」と心の声は叫んでいるのかもしれませんが、現状のやり方で問題が起きてこない限りは、進んで改善しようとはなかなかしないものです。

 きっと、人というのは、困った状況になって初めて改善しなければならないと意識するようになるのかもしれません。

 ですが、問題が起きないからといって、改善をせず問題が起きるまで待っていては、本書でいっている残念な人になってしまうことになるのかもしれません。

 では、単純作業を実験の場と考えるために、同じ作業の仕事でもおもしろくする方法は何かないか考えてみました。

発表の場をもつ
 今回思いついたのは、自分がしている作業のやり方を定期的に発表する場をつくることです。

 ミーティングや会議など、みんなの前で発表する場を設けるのです。

 発表するからには、普通の作業のしかたでは誰も驚かないので、何か改善できる点はないかと考えるようになります。それに、他の人の作業のしかたを知ることもでき、刺激をうけることもできるようになります。

 ただ、これは仕事がおもしろくなるというよりも、逆に何かを思いつかないといけないというプレッシャーで楽しくなくなるかもしれませんが、あまり堅い感じにせず、ゲーム感覚でするぐらいのほうが楽しくできていいのかもしれません。

 これならば、自分で仕事の工夫を見つけることができない人も、他の人のやり方を聞いて、それを利用した新しい工夫を思いつくことができますし、多くの人の意見が反映され、一人では思いつかない改善方法を思いつくことができるようになります。

 これならば残念な人から脱出できるかもしれませんね(笑)

Amazon.co.jp 残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。