サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果を出し続けるために

結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)
著者:羽生善治
発行所:日本実業出版社
発売日:2010年12月1日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は、私が将棋の世界で唯一知っている有名人、羽生善治さんの書籍です。

 私の将棋経験といえば、素人に毛が生えた程度のものです。そんな私が見た将棋のイメージとは、相手の手を予想し、何通りものシュミレーションを頭の中で繰り広げ、多くの選択肢から最善の一手を選ぶ。そんなことが瞬時に行われている世界だと思っていました。

 ですが、少し違うようなのです。本書には、このように載っています。「実際には、将棋というものは絶対に自分の予想した通りにならないのです。10手先の予想でさえも困難です」10手先の予測も困難?これにはビックリしました!

 しかし、考えてみたら当然のことかもしれません。プロ同士の試合では、お互いが相手の手を読み合い、それを超えた手が繰り広げられるため、予想どおりにいかないのは当たり前かもしれません。

 だからこそ、魅力があり、面白いものなのだそうです。

 では、そんな予想のできない世界のなかで、何が勝利を掴むキッカケになるのでしょうか?

何か引っかかる
「あれ?」これを見て、何か引っかかりませんか?

 そうです!もしかして、将棋の世界はビジネスの世界と同じなのではないかということです。

 現在のビジネスは、過去の成功事例が当てはまることが少なくなってきました。過去の成功事例から予想を立てても、その通りにはいかなくなってきているのです。

 それならば、羽生善治さんが結果を出し続けるためにしていることの中から、ビジネスでも通用するものがあるのではないかと思い、興味を引かれることになったのです。

ビジネスに応用できるか?
 ビジネスに応用できそうなものが載っていましたので紹介します。

 それは『将棋の対局では、不利ではない互角の局面でも、自力だけではなく「他力」を使う、つまり「相手に手を委ねる」という考え方が鍵になる局面がある』というのです。

 勝負というものは、先に仕掛けたほうが逆手に取られるということがあります。思い切って前にでることは、もちろん大事ですが、相手の手を見ることも時には必要だということです。

 もちろん「相手に手を委ねる」といっても、後ろに下がるということではありません。「手を委ねる」というのは、相手の出方を伺いながら、じりじりと距離を縮めていくことにあります。

 この方法を実行するためには、相手のあらゆる手に対応できることが大事になります。

 これをビジネスに当てはめるとすれば、競合の動きを見てから、そこから問題点を洗い出し、それを利用して自社の製品を改良し、より市場にマッチしたものを生み出すということに繋がります。

 先行して市場のシェアを獲得することも戦略の1つですが、「相手の手を見る」という戦略もありなのかもしれません。

Google+
 最近、話題のGoogle+は、この考え方が当てはまるかもしれません。

 現在は、Facebookが先行して、市場のシェアを獲得している状態ですが、そのFacebookのデメリットを改善した機能や、他のSNSの良いところを取り入れることで、より市場にマッチしたものをつくりあげているのではないでしょうか。

Amazon.co.jp 結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

世界一やさしいドラッカーの教科書(後半)

世界一やさしいドラッカーの教科書世界一やさしいドラッカーの教科書
著者:浅沼宏和
発行所:ぱる出版
発売日:2011年6月23日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

成果をあげるために
 ドラッカーは成果をあげることは、才能ではなく習慣であるといっています。それには、5つの習慣があります。

 1、時間管理
 2、貢献に焦点を当てる
 3、強みを生かす
 4、集中する
 5、意思決定をする

 時間管理については、これで1冊の本ができるのではないかというぐらいドラッカーは大切にしています。

 貢献に焦点を当てるというのは、成果に対する責任を取るということになります。個人での成果というのは限られています。より大きな成果を達成するためには、会社ならば、全体との関係が大事になります。その関係から生みされる大きな成果のためにも、貢献という心構えが必要になってくるのです。

 自分が、どのような貢献ができるのかを考えることは、成果をあげることに繋がるのです。

 強みを生かすことも、成果に直結します。ドラッカーは、強みとは好きなことではなく、それによって、成果があがるものでなければならないといっています。強みも顧客や市場に貢献して初めて強みといえるのです。

 弱みを気にしていてはいけません。弱みは、機会(チャンス)ではなく問題に焦点を当てていることになります。問題から成果が生まれることはありません。成果が生まれるのは、機会からだけなのです。

 ドラッカーは知識を有する人も重要な位置づけで考えていました。知識こそが、事業や資源の中核的な要素であり、情報を成果に結びつけることができるからです。そして、その知識は特化した強みでなければならないのです。

 そして、その強みが他の強みと合わさり、会社としての成果を最大化していくのです。

方向性を決める
 ドラッカーは、経営戦略は必ず必要であるという考え方をしていました。なぜなら、経営戦略とは、会社全体の使命や目的という方向性を明確にし、実行計画に落とし込み、人々を成果に向けて行動させていくものと考えていたからです。

 ドラッカーは、経営戦略の目的、言い換えると、会社の目的とは、顧客の創造であるといっています。

 その顧客の創造に必要なものとして、成果を支える土台、成果をあげる2大機能、経営戦略を立てるヒントが本書には載っています。

私が心を打たれた項目
 古代ギリシアの医聖・ヒポクラテスがいったという「知りながら害をなすな」という言葉です。

 ドラッカーは、これについて、こう述べています。「知っていることに関して全責任を負う。知っていることによって人に害悪を与えることがあってはならない」これはすべてのビジネスパーソンに適用されるものです。

 わかりやすい例は本書に載っているのですが、自分の知っていることに関しては、全責任を負うのであって、知っているのに努力をしないということは、責任を果たせていない、責任から逃れているということになるのです。

他のドラッカーの書籍も読んでいただきたい
 ドラッカーの書籍では、読みなおすたびに、そのときのあなたに合った新しい発見があるといわれています。それほど、ドラッカーの書籍というのは、原理原則が書かれてあり、どのような立場の人にも発見があるのです。

 そのドラッカーの書籍を読むまえに、本書を読んでおくことで、より理解がしやすくなるはずです。

 時間管理については、私の 別の記事 にも載っていますので、そちらも参考にしてください。

Amazon.co.jp 世界一やさしいドラッカーの教科書

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

世界一やさしいドラッカーの教科書(前半)

世界一やさしいドラッカーの教科書世界一やさしいドラッカーの教科書
著者:浅沼宏和
発行所:ぱる出版
発売日:2011年6月23日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


献本していただきました
 今回紹介させていただく書籍は、本書の著者である浅沼宏和さんが代表取締役を務めるTMAコンサルティングの堀田憲靖さんから献本していただいた本です。浅沼宏和さん、堀田憲靖さん、ありがとうございます。

 浅沼宏和さんが代表取締役を務める 「株式会社 TMAコンサルティング」
 浅沼宏和さんのブログ 「ドラッカー経営を実践する会計専門家のブログ」

この本が読みたくなる一言
 本書は、「マネジメントを発明した男」といわれているドラッカーの入門書にあたる書籍です。

 ドラッカーというと、どうしても難しそうなイメージがあり、なかなか手が出せなかったという人も多いと思いますが、ドラッカーの概要を掴むには、もってこいの書籍になっています。

 本書には、成果・貢献・責任など、何度も同じ言葉がでてきます。それだけ、ドラッカーを理解するためには、これらの言葉が重要になってくるということです。

 そして、各項目の最後に要点がまとめられているので、より理解しやすくなっています。

ドラッカーにとってのマネジメントとは
 ドラッカーというと、最初に浮かぶことは、やはりマネジメントです。ドラッカーのマネジメントは、ビジネスにおける基本原則といわれています。いまの時代でも、その理論は、まったく色あせることはありません。

 そもそもドラッカーにとってのマネジメントとは、いったいどういうものなのでしょうか?ドラッカーは、マネジメントの目的を、「仕事で成果をあげるために行動すること」といっています。本書でも、この成果ということを中心に内容がつくられています。

 すべてのビジネスパーソンは、この成果を生み出すことを意識しなければなりません。その手助けとなるものが、ドラッカーのマネジメント論なのです。

大前提
 ドラッカーはマネジメントにおいて、「真剣かつ誠実な姿勢」というものを重要視していました。この姿勢がなければ、マネジメントにおける取り組みの効果はなく、成果をあげることなどできないからです。

 そして、その姿勢の1つに、ビジネスパーソンは、何が成果に結びつくかということを常に考えておかなければならないといっています。なぜなら、成果に結びつく行動も常に変化していくのです。過去の成果が現在に当てはまるとはいえないのです。

 もう1つの姿勢は、仕事に対して最善を尽くすことを要求しています。完璧な仕事をすることはできなくても、常に完全を目指して仕事に取り組まなければならないのです。

 これらのことは、ビジネスパーソンにとっての、土台ともいえる部分です。この「真剣かつ誠実な姿勢」があって、初めて成果をあげることができるのです。

責任を果たす
 本書では、ドラッカーのマネジメント論の特徴を4つに表しています。

 1、成果をあげるための体系的な取り組み
 2、個人は組織に貢献し、組織は社会に貢献する
 3、人間中心の考え方
 4、考え抜くことを要求する

 マネジメントとは、何も特別な能力がなければできないというものではありません。自身の仕事の成果を意識することがマネジメントの始まりなのです。ここでも、最善を尽くすということに繋がってきます。

 このことからも、ビジネスパーソンには、責任というものが必要になります。ここでいう責任とは、成果をあげることに対する責任です。ビジネスパーソンには、自分の最高のものを引き出さなければならないという責任があるのです。

 記事が長くなりますので「成果をあげるために」と「方向性を決める」「私が心を打たれた項目」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 世界一やさしいドラッカーの教科書

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

ドケチ道

ドケチ道 ―会社を元気にする「生きたお金」の使い方ドケチ道 ―会社を元気にする「生きたお金」の使い方
著者:山田昭男
発行所:東洋経済新報社
発売日:2010年10月12日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は、未来工業株式会社 取締役相談役 山田昭男さんの書籍なのですが、この会社のことは、私のブログの記事にも書いてある 「日本でいちばん大切にしたい会社2」 の書籍にも載っている会社なのです。

 山田昭男さんとは、自他共に認める「日本一のドケチ相談役」として、テレビ局や新聞、雑誌など数多くの取材を受けているそうです。

 本書は、その山田昭男さんの、「そこまでやりますか!」と言いたくなるドケチさと、「そんなことに、そんなにお金を使っていいの!」という反ドケチさの、両方のエピソードが盛り込まれております。

 山田昭男さんの考え方そのものである、この「ドケチと反ドケチ」をバランスよく使うことで、山田昭男さんは社員のやる気を引き出しているのです。

 日本一労働時間が短く、年間休日が140日もある企業なのに、創業以来赤字になることもなく、高い利益率を保ち続ける企業として成功している理由が、その「ドケチと反ドケチ」に隠されているのです。

 その秘密が本書には記されているのです。

そこまでやりますか!のドケチエピソード
 本書の第1章、この出だしから、もうドケチエピソードが始まります。

 会社の社内にある蛍光灯のほとんどにひもをつけて、社員が自分の席を離れるときには、必ず蛍光灯を消すように義務づけているのです。

 いきなり、そんなことをして節約できるのというエピソードに正直ビックリします。

 ですが、どのようなことにも必ず理由があるのです。

 蛍光灯の引きひもの先には名札がついてあり、その蛍光灯を管理する人の名前が書いてあるそうです。

 こうすることで、管理者としてのコストに対する意識を植えつけているそうなのです。

 これほどまでに、ドケチを貫くのにも、やはり理由があります。

 未来工業では、社員に「常に考える」ということを徹底させています。ドケチの発想は、この常に考えることのトレーニングにもなるのです。

 日本一労働時間が短くても利益を上げ続けることができるのは、社員一人一人が「常に考える」ということを実行し、どうすれば時間内に仕事を終わらせることができるかなどを考えているからです。

やりすぎじゃないですか!の反ドケチエピソード
 第2章は、この「日本一のドケチ相談役」である山田昭男さんの、もう一つの顔である「反ドケチ」顔が表れます。

 ここでは、使うところには、おしみなくお金を使うエピソードが語られています。

 こちらのエピソードも、「すごい!」としか言いようがない常識を上回るものばかりです。

 多くの会社は節約のために人件費を削ろうとしますが、この未来工業はまったく反対のことをしています。

 社員のことを考えていった結果、年間休日140日、有給休暇40日、7時間15分の労働時間、残業禁止、育児休暇3年と、まるでドケチからはかけ離れている会社となったのです。ですが、これらはすべて社員のことを考えてそうなっているのです。

 このような体制でも、利益は下がるどころか増え続けています。

 これも山田昭男さんのマジックとでもいいましょうか、社員をやる気にさせる方法の一つなのです。

 この「社員のやる気」と「常に考える」ということさえあれば、会社は成長していくのです。

 山田昭男さんの言葉に次のものがあります。「社長の仕事は、社員たちの不満だと思われることを、少しずつ消していくこと」

 この言葉が表しているように、社員のやる気が利益を生み出しているのです。

Amazon.co.jp ドケチ道 ―会社を元気にする「生きたお金」の使い方

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

図解 実戦マーケティング戦略(後半)

図解 実戦マーケティング戦略図解 実戦マーケティング戦略
著者:佐藤義典
発行所:日本能率協会マネジメントセンター
発売日:2005年5月1日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

マインドフロー
 私たちが商品を買う場合、どのような段階を踏むのでしょうか?

 まずはその商品を知り、価格を他社と比較し、購入するというような、ある一連の流れに沿って行動を起こします。

 これは、どのような商品でも、だいたい同じような行動の流れになります。

 この流れを表したものを、本書では「マインドフロー」という形で表しています。

 このマインドフローとは、お客様の体験を、お客様の視点で、お客様が経験する順番で追っていく手法です。

 マインドフローは7つの関門から成り立っています。
  • 1、認知
  • 2、興味
  • 3、行動
  • 4、比較
  • 5、購買
  • 6、利用
  • 7、愛情
 これらの関門をお客様が、どのように流れていくかを数値で表すようにするのです。

 これにより、お客様がどの関門で止まっているのか、商品の購入に至らない理由がどこにあるのかがわかるようになります。

 あとは、その関門を重点的に改善すればよいのです。

 本書には、このマインドフローの実際の使い方の例が載っています。

ニーズの広さ深さ
 自社の戦略を決める場合、まず自社がその業界の中で、どのような位置にいるのかを把握することは大切なことです。

 業界のニーズの構造を理解し、自社がどの位置にいるかで、これからの行動が決まってくることになります。

 もちろん自社の立ち位置は、お客様の目線や、競合との比較からみて決まるものになります。

 そして、どの位置にいるかによって、この先のマーケティングが異なってきますし、どの位置に進みたいかによっても、今後の戦略がかわってきます。

 本書には、このニーズの広さ深さのマトリックスの作り方も載っています。

売上5原則
 売上を上げる要素を分解していくと、本書に載っている5つの要素に辿りつきます。

 この要素に結びつかないものに、いくらコストをかけても売上が上がることはありません。

 そして、この要素も数値化し、定期的に数値を追っていくことで、自社の状態を把握し、今後の戦略を決める手助けになります。

 特に5つの要素の1つである流出顧客への対策は重要になります。流出顧客を減らすためにも、既存客のフォローに対する、人事評価制度が必要になってきます。

 この5つの要素で、どこに問題があるのかを明確にし、そこを重点的に改善していくことになります。

 問題を明確にすることができれば、無駄なことにコストをかけることもなくなります。

プロダクトフロー
 購買にあたっての顧客の心理的抵抗を減らすために使われるものが、プロダクトフローです。

 これは、いきなり売りたい商品を売るのではなく、顧客にお店に慣れてもらい、信頼感を持っていただいてから、売りたい商品に誘導していこうというものです。

 そのためには、段階を踏んで、商品の購入を勧めていかなければなりません。

5つのツールは互いに影響している
 これら、5つのツールは相互に影響し合っています。

 その相互関係を学ぶために、本書の最後に、化粧品会社を例にしたケーススタディが載っています。

 1つ1つのツールの実際の使われかたを、これで理解することができます。

Amazon.co.jp 図解 実戦マーケティング戦略

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。




関連本

経営戦略立案シナリオ (かんきビジネス道場)経営戦略立案シナリオ (かんきビジネス道場)
(2007/05/22)
佐藤 義典
戦略BASiCSが詳細に解説されている書籍です。

商品詳細を見る


“マーケティング脳”を鍛える バカ売れトレーニング“マーケティング脳”を鍛える バカ売れトレーニング
(2004/04/23)
佐藤 義典
マーケティングアクションの参考例26例が紹介されている書籍です。

商品詳細を見る



書き込み式 マーケティング戦略実行チェック99―理論を実行可能にするチェックポイント書き込み式 マーケティング戦略実行チェック99―理論を実行可能にするチェックポイント
(2007/04)
佐藤 義典
図解実践マーケティング戦略のツールを実際に使っていく際のガイドブックに役立つ書籍です。

商品詳細を見る
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。