サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20代で人生の年収は9割決まる(後半)

20代で人生の年収は9割決まる20代で人生の年収は9割決まる
著者:土井英司
発行所:大和書房
発売日:2010年12月30日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

26~28歳
 働き始めは、右も左もわからず、がむしゃらに頑張るだけでしたが、3年間働くことで、働き始めとは違うものが見えてくるようになります。

 この時期になってから、自分らしい働き方(強み)を見つけることになるのです。

 本書には、強みを見つけるための3つのポイントが載っていますが、この時期は、その強みを見つけることにエネルギーを注がなければならないのです。

 強みというのは、ある程度いろいろなことに触れてみなければ気づかないものです。

 右も左もわからないときに強みを見つけることなどできません。そのためにも、雑用の3年間が必要になるのです。

年齢によって、何を学ぶのか
 なぜ、20代で基礎を築いておくことが必要なのかというと、歳を取ると、20代のときとは、違うことに力を注がなければならなくなるからです。

 20代のうちに学んでおかなければならないことを、歳をとってから学ぶのでは、あまり意味がありません。

 30歳を越えてから学ばなければならないことは、マネジメントであったり、数字を読む力であったりと、20代のときとは、まったく違うことなのです。

 逆に、20代でマネジメントなどを学んでも、ほとんど効果はありません。

 そのような力があっても、その時期は、会社の上司も、あなたにそんな能力を求めてはいませんし、その会社で必要な基本の仕事が理解できていなければ、何の役にも立たないのです。

 年齢によって、学ばなければならないことがあるということを、しっかり意識しておかなければならないのです。

歳を取ると難しくなる
 もちろん、本書に書いてある、20代でしておくことを、30代から始めることが遅いというわけではありません。人より何倍もの努力をすれば、達成できることも多くあるでしょう。

 ただ、歳を取れば取るほど、そこにつぎこめる時間をつくりだすことが大変になります。それに、家庭を持てば、自分の時間はより少なくなります。

 歳を取れば取るほど、自分の時間を確保することが難しくなるということは、必ず憶えておくようにしなければなりません。

Amazon.co.jp 20代で人生の年収は9割決まる

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

20代で人生の年収は9割決まる(前半)

20代で人生の年収は9割決まる20代で人生の年収は9割決まる
著者:土井英司
発行所:大和書房
発売日:2010年12月30日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 20代の人に質問です。あなたは今の会社で、どのような気持ちで仕事に取り組んでいますか?

 20代というのは、住宅でいえば基礎を築く時期にあたります。この基礎をおろそかにしてしまうと、その上に何を築きあげても、しっかりとした建物はできあがりません。

 人も同じです。基礎があって初めて、一人前の仕事ができるようになるのです。

 まずは、20代で基礎を築き、自分自身の強みを見つけ、自分にあったワークスタイルを見極める、いわば自分磨きを、この20代で済ませておかなければならないのです。

 本書には『世の中で光っている人は、35歳までに何かしらの「手がかり」を得ている』と載っています。

 35歳までに変化を生み出すためにも、30歳までに自分づくりを終わらせて、次に進むべき道を考えることができるようになっていなければならないのです。

 本書は、その20代になすべきことを年齢別に紹介してくれています。

 成功とは、人それぞれ違うものです。自分にとっての成功を見つけるためにも、この20代を無駄に過ごしてはいけないのです。

年齢によって、しなければならないことは変わる
 時間というものは、年齢が変わっていくと、同じように変わっていくものではないでしょうか。

 10代のときと40代のときでは、同じ時間でも中身は違ってきますし、できることも変わってきます。年齢に合わせた時間の使い方というものを学ばなければなりません。

 10代から20代までの人は、社会人に比べると、自由にできる時間というものが、かなり多くあります。

 この時期に、先のことを見据えて仕事に活かせる基礎を築いておくことは非常に重要なことです。仕事を始めてからでは、なかなかまとまった時間を取ることはできないからです。

 それに比べて、30代や40代になるにつれて、自分が動いて仕事をしていてはいけなくなります。

 この時期には、人を動かす術を学ぶことが必要になってきます。あなたの限られた時間の中で、何倍もの成果をだすための方法を学ばなければならないのです。

入社から25歳
 会社に入ったばかりというのは、まだまだ仕事ができない時期です。この時期は、雑用ばかりやらされますが、ここで腐っていてはいけません。まずは雑用を本気でこなす、簡単な仕事ほど、細部に手を抜いてはいけないのです。

 本書に「仕事の本質は雑用に宿る」と書かれていますが、雑用が仕事の基礎をつくりあげるのです。

 この時期は、丁稚の3年間と心に誓い、雑用を進んで買い、頼まれた仕事は、何でもこなすようにしなければなりません。その中で、多くの仕事の仕組みを学んでいくのです。

 この頃に、自分で仕事の判断をして、自分なりの仕事のやり方を見つけようなどとしてはいけません。基礎ができていない3年間では、まだまだ早すぎます。まずは、洞察力を磨くことに専念し、上司の仕事の進め方などをしっかり観察するのです。

 この時期に、ある程度の土台ができていないと、歳をとってからも、簡単なことで失敗してしまいます。(簡単な失敗を減らすためにも、しっかり上司の仕事を観察しておくことが大事です)

 難しことに挑戦しての失敗は、許されるでしょうが、新入社員と同じ失敗を、いつまでもしているようではいけないのです。

 記事が長くなりますので「26~28歳」「年齢によって、何を学ぶのか」「歳を取ると難しくなる」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 20代で人生の年収は9割決まる

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スピード・ブランディング(後半)

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させるスピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる
著者:鳥居祐一
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2008年12月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

自分の価値を広める
 あなたが見つけた自分の価値を広めるためには、マイメディアの活用が欠かせません。

 本書では、ブログをブランディングに活用しています。

 ブログは自分の価値を高めるためのアウトプットの場にもなり、成長にもつながります。そして、有益な情報を発信し続ける(これが大事)ことで、ファンを増やし、影響力を持つことができるようになります。これが価値を広めることになるのです。

 特に、ブログで自分の学んでいる姿を見せることは、共感を持ってもらうために必要なことです。つねに学んでいるという姿勢は応援したくなるものです。

 メルマガも同じです。大事なのは、つねに有益な情報を発信し、貢献するということです。

 本書では、その他に名刺やプロフィール、Youtubeなどの活用の仕方も載せられています。

マイメディア7つのメリット
1 信用力がアップする
2 人脈が広がる
3 情報が集まってくるようになるので、ますます専門化が進む
4 仕事が向こうからやってくるようになる
5 価格競争に巻き込まれなくてすむようになる
6 メディアに取り上げられるようになる
7 出版できる可能性が高まる

 ここで、私が一番大切だと思ったところは、3です。

 よい情報を発信するということは、よいフィードバックを得ることができますし、よい情報も集まるようになります。インプットしたものをアウトプットした結果、よりよいインプットをまた得ることができようになるのです。

 これにより、情報のスパイラルが生まれて、一人では得られない情報がどんどん集まり、専門性が高くなっていきます。

ブランディング7つのステップ
1 肩書きを考える
2 プロフィールを作る
3 ブログやメルマガを始める
4 ホームページを作る
5 勉強会やセミナーを開催する
6 専門性の高いレポートや小冊子などで情報提供する
7 出版する

 肩書きを考える。これはニックネームのようなものです。

 これを考えるのは、おもしろいですよね。なんでもよいので、一言で表せる特徴のあるものをつけましょう。

 読書ブログで、「本のソムリエ」というものがありますが、これなんかは、素晴らしいニックネームだと思います。私の「読書1万時間」は、特徴が伝わらない悪い例ともいえますね。

 ニックネームをつけたら、それにふさわしいイメージを想像し、それにふさわしい人になるために必要なことを実行していかなければなりません。

 そして、ブランディングには、本名での情報発信がよいようです。情報に対する責任感も増し、信頼を得やすくなります。それに顔写真も載せることで、メディアに取り上げられたときの効果は高くなります。 これは、プライバシーの問題もあるので、なかなか難しいとは思いますが。

 そして、ブランドの確立に非常に効果が高いのが、セミナーの講師になることと、出版することです。評判や信用が一気に上がります。

 5、6、7のステップはすこしハードルが上がります。しかし、本書を読むと、実際は、そんなにハードルは高くないようです。5、6は、初めからできる人はいないのが当然で、やはり慣れることが必要になります。慣れれば誰でもできるようになれるみたいです。

 4までのステップでも、ブランディングに十分効果を出すことはできると思います。あとは、Twitter、Facebookなども併用し、ブランディングをしていくことがよいと思います。

 本書では、ブログやメルマガ、ホームページのつくり方、セミナー講師のなり方、小冊子の出し方、出版のしかたが詳しく載っているわけではありませんので、詳しくは別で調べてもらわなければなりません。

Amazon.co.jp スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スピード・ブランディング(前半)

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させるスピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる
著者:鳥居祐一
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2008年12月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 これからの時代は、自分自身をブランディングするということが、ますます大事になってきます。

 なぜなら、就職難、グローバル化の波、外国人労働者などにより、いままでのように、ただ仕事をこなしていればよいという時代ではなくなってきているのです。

 そんな中で自分を守るためには、自分の価値を高めるしかありません。自分自身で状況を変えることが必要なのです。

 そして、どれだけあなたが価値のある人であっても、それを周りに伝えなければ意味がありません。周りにあなたの価値が認識されれば、情報、人脈、影響力を得ることができるのです。

 本書では、あなたの価値をマイメディアで発信することを目的としています。

 マイメディアとは、現在では、Twitter、Facebook、その他SNS、Linkedin(リンクトイン:転職の履歴書代わりつかうSNS Linkedinの記事はこちら)などがありますが、本書は、2008年12月の書籍ということもあり、ブログとメルマガを中心に、あなたの価値を高め、広げていく方法が記されています。

 本書は、1つ1つのことが詳しく載っているというよりも、どちらかといえば全体像を理解するための書籍です。そのため、興味があるものは、別の書籍で調べる必要があります。

ブランドの必要性
 会社にもブランドがあるように、個人にもブランドがあります。特に起業したい人や先生と呼ばれる仕事をしたい人にとっては、ブランドが必要になります。

 なぜなら、ブランドを持つことで、安心感というイメージを与えることができますし、価格競争に巻き込まれなくてすむようになります。

 そのためにも、あなた自身がブランド力を身につけ、消費者に支持してもらうことが必要になるのです。

 まずは誰にも負けないという一芸を身につけ、それを多くの人に知ってもらうことから始めましょう。

自分の価値を見つける
 自分の価値を見つけるといっても、これが結構難しいもので、何でもよいというわけではありません。

 これはポジショニングの話になるのですが、なるべく競争相手が少ないところを選らばなければなりません。それと、よくいわれるのが、オンリーワンやナンバーワンを目指すというものです。

 大企業のウィークポイントを見つけて、そこに自分の価値を見つけるのも1つの方法です。

 分野をかってにつくってもかまいません。真田幸村を語らせたら誰にも負けないとか、夜景評論家など、ニッチなところを狙うのもよいかもしれません。


 一番大事なことは、自分の独自の強み(USP)を見つけることです。時間を忘れるぐらい楽しいことや、得意分野、趣味でもかまいません。とにかく、それが好きで誰にも負けないというものです。

 記事が長くなりますので「自分の価値を広める」と「マイメディア7つのメリット」「ブランディング7つのステップ」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。