サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則
著者:本田直之
発行所:大和書房
発売日:2009年1月25日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 面倒くさがりやには、2つのタイプがあります。

 面倒くさいからといって最初に何もやらずに、後になってから大変な苦労をするタイプ。

 先に小さな面倒をしておくことで、後の面倒を少しでも楽にしたいタイプ。

 究極の面倒くさがりやとは、後者のことを言うのです。

 面倒くさがりやのあなたが、この面倒くさいという力を利用して、うまくやっていくコツが55の法則として本書に載っています。

心に留めておきたいこと
 面倒くさがりやというのは、悪いことなのでしょうか?実際多くの人は面倒くさがりやなのではないでしょうか。

 しかし、この面倒くさいということを解消しようという力、この楽をしたいという力こそが、アイデアを生む源になるのではないでしょうか。

 究極の面倒くさがりやとは、先を読む力に優れています。

 将来起こりうるトラブルを常に予想し、将来の面倒くさいことを回避するために、事前に情報を仕入れたり、行動を起こしたりします。

 一見事前の行動自体が面倒くさいことに思われますが、最初にする面倒くさいことと、後からやってくる面倒くさいことは、質が大きく違うのです。

 最初にする面倒くさいことは、自分の意思で行い、コントロールできるものです。

 しかし、後からくる面倒くさいことは、あなたの意思ではどうしようもなく、コントロールすることもできません。

 ここに大きな差があるのです。どうせ面倒くさいことをするのなら、少しでも楽で、自分でコントロールできるほうがいいと思いませんか?

内容紹介
 55の法則の中から3つを抜粋

・メモをする
 記憶するというのは正直面倒なものです、すぐに忘れてしまうこともあります。

 それを予防するために、あらゆる場所に思いついたことを、いつでも書きとめておけるように、ペンとメモを用意しておくのです。

 思いついたことを後から思い出す面倒を考えたら、これぐらいは楽なものです。

 それに、これにはもう1つの効果をあります。考えを文字にすることで、頭の整理もできるのです。

・全部予約する
 電車・映画・お店などなど、予約できるものは予約をするべきです。

 現地に行って待たされることほど、無駄な時間はありません。人が多い中、受付をうけるもの、そうとう面倒くさいことです。
 
・マニュアルを熟読する
 すばらしい機能があるのに、それを知らずに使い続けることで、手間をかけていることはよくあります。

 例えば携帯やパソコン。ちょっとした機能を知っているだけでも、知らないことから比べると、大変便利な使い方ができるようになります。

 最初に読む面倒以上の効果があるのです。

AAmazon.co.jp 面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

一生モノの人脈力

一生モノの人脈力
一生モノの人脈力

著者:キース・フェラッジ
発行所:ランダムハウス講談社
発売日:2008年3月25日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 どのような成功者も他の人の協力なしでは成功できません。

 あなたがどのような人脈をつくるのかによって、あなたがどのような人間になれるかが決まり、成功への道も開けてきます。

 あなたが毎日過ごしている環境が、あなたに影響を与えるのです。

 成功したければ、その目標にあった人脈をつくらなければなりません。

心に留めておきたいこと
 成功している人はお互いに助け合っています。人の成功が自分の成功に繋がっていることを知っているからです。

 人を助ければ、その人もきっとあなたを助けてくれます。
 
 あなたを助けてくれる人脈をつくるためには、長い時間をかけなければなりません。必要になってからつくり初めていては遅いのです。

 将来の目標の達成に必要な人脈を、早い段階からつくり上げていかなければなりません。

 人脈をつくる最初の一歩は、まずあなたから相手に対して、何か助けることができないのかを探すことです。

 助けを待っているだけでは、いつまで経っても助けてくれる人は現れたりしません。

 よい人脈ができたら、ただ周りから助けてもらえるのを待っているのではなく、自分から進んで周りに助けを求めていくことも必要になります。

 自分からいく勇気も必要なのです。

内容紹介
 どのようにパートナーをつくればよいのでしょうか?

 まずあなたの目標に合わせた人脈リストを作ります。その中で、会いたい人に電話をし、会う約束をとるのです。

 しかし、人と会う時、何の準備もせずに会うことは一番してはいけません。

 相手の人となりや仕事の内容、何に悩み、何を求めているかを知ることで、相手を助けることが何かないかを考えておかなければなりません。
 
 会った後のフォローも大事です。必ず感謝の気持ちをすぐに伝えなければいけません。

 そして、これも重要なことなのですが、仲介してくれた人がいたときには、その人にも必ず感謝の気持ちを伝えなければいけません。これを忘れてしまってはあなたの信用を失うことになります。
 
 あたらしいパートナーができれば、あなたはその人の後ろにいる何十人という人とも繋がりを持てることになります。このようにして、ネットワークを広げていくことができるようになるのです。
 
 パートナーとの連絡も絶やしてはいけません。負担にならない定期的な方法をつくりださなければなりません。仲が良いから連絡をしなくても大丈夫だと思っていても、それはあなたが決めることではないのです。

 どう感じるかは相手が決めることなのです。

Amazon.co.jp 一生モノの人脈力

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

選択は大事(雑談)

選択を間違えない
 人生であなたが行う選択が、どれほど大事なことなのかは「思考のボトルネック」にも三つの要素として載っています。
  • 認識(自分はどこにいるのか)
  • 選択(自分はどこにいくのか)
  • 前提(自分の思い込んでいる前提は何か)

 この三つの要素を改善することが、よい選択を生み出すのです。
 
 当然良い選択ができれば、あなたは自分の知識を活かし成功することができるかもしれません。
 
認識が大事
 あなたが行う選択には、あなたの認識が大きな影響を与えています。

 ここでいう認識とは、自分には何ができ、何ができないのかというような自分自身の基準みたいなものです。

 あなた自身が自分の認識を低く感じていると、選択はその影響を受け、低い選択しかできなくなります。

 これでは、あなたにとって最高の選択などできません。

 人は、これができないあれができないと思ってしまいがちですが、できるかできないかの選択の前に、もう少し自分の認識が正しいのかを考えてみてください。
 
 あなたは自分自身を過小評価しすぎていないでしょうか?

 少しがんばればできることも、できないと決めつけていませんか?

 大切なことは、もしかしたら自分でもできるのではないだろうかと思うことです。

 これにより選択できる幅は大きく広がります。

選択を高くもつ
 認識を考える前に、選択を高く設定するやり方も効果的です。

 選択を高くすることで、自分の認識も、それに合わせて自然と高いものになります。

 これは逆のことを考えるとわかりやすいでしょう。自分の選択を低くする(低い目標を立てる)と、自分自身に対する認識も低くしてしまいます(どうせ自分にはこれぐらいしかできない)

 最後に、どのような人も当然のことながら、最初から何でもできるわけではありません。

 自分にもできるのではないだろうかという気持ちを持つことで、多くのことを経験し、自分の認識を高めていくのではないでしょか。

 そうすることで、良い選択が生み出されるのではないでしょうか。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。
関連記事

思考のボトルネックを解除しよう!

思考のボトルネックを解除しよう!思考のボトルネックを解除しよう!
著者:石川和幸
発行所:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2008年8月15日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 いろいろな勉強法の本は多く出ていますが、それらを読んで、本当に活かしきれているでしょうか。

 読んだり学んだりしていることの効果を最大限活かすためには、本書にでてくる、思考のボトルネック(わかりやすく言えば、あなたの弱点)がどこにあるのかを把握し、対応していかなければなりません。

 いくら他の知識を学んでも、ボトルネックがアウトプットを制限してしまい、学んだことを最大限活かせないのです。

 本書では、あなたのボトルネックを三つの軸から解消する方法が示されています。
  • 知識のボトルネック
  • 選択のボトルネック
  • 生/活力のボトルネック 

心に留めておきたいこと
 一つのボトルネックが改善されると、アウトプットのレベルが引き上げられます。

 しかし、引き上げられたレベルで、また一番ダメな部分(ボトルネック)が表れるようになります。

 そう、ボトルネックは移動するのです。

 そして、移動したボトルネックを改善し、また移動、改善を繰り返すことで、学んだ知識を最大限に活かせるようになるのです。

選択のボトルネック
 選択とは、あなたがこれからどこに向かうのかということです。

 弁護士になりたいのか、会計士になりたいのかで、進むべき道は変わってきます。弁護士になりたいのに建築の勉強をしても意味はありません。

 選択のボトルネックを解消するとは、あなたがこれから向かう場所をしっかり確認することなのです。

 これを間違えると、せっかく手に入れた知識も活かせないものになります。この選択が最も重要なものなのです。

 選択のボトルネックには、三つの要素があります。
  • 認識(自分はどこにいるのか)
  • 選択(自分はどこにいくのか)
  • 前提(自分の思い込んでいる前提は何か)

 これらをじっくり考えなければいけません。

 自分に対する認識を低くしてしまうと、それ相応の選択しかできなくなります。

 低い選択をしてしまうと、自己の認識を低くしてしまいます。

 自分はこの程度だという思い込みの前提を持った瞬間に、認識と選択が制限されてしまします。

 これらすべてが、あなたの力を制限してしまうのです。この相乗効果のある三つの要素を改善していくことで、あなたが向かうべき本当の場所が見つかるようになります。

知識のボトルネック
 知識のボトルネックには、三つの要素があります。
  • 情報 
  • 手法
  • 技能

 情報のボトルネックを解消するには、情報を知るという、ちょっとした努力が大切になります。

 知らないというだけで損をしてしまうことは、よくあります。

 例えば、税金の話、保険の話、あなたの働いている業界用語などを知っているのと、知っていないのとでは、大きな違いがあります。

 なので、ここでは自分に必要な情報を集中的に集めることが大事になります。

 しかし、時間や資源は無限ではありません。本書ではより少ないインプットでアウトプットを最大にする方法が書かれています。
   
 手法のボトルネックを解消するとは、いかに情報を効率的に扱うことができるか、操作することができるかということです。
 
 ここで役に立つのが先人達が作り出してきたフレームワークなのです。ここまで残ってきているフレームワークには質の高いものが多くあります。

 これらを使うことによって、情報を効率良く扱うことができ、なおかつ質の高いアウトプットができるようになります。

 一から情報の活かし方を考えていては、時間もかかりますので、フレームワークを数多く持つことがポイントになります。本書では、いろいろなフレームワークが紹介されています。
 
 技能のボトルネックを解消するとは、いかに情報と手法を使いこなすことができるかということです。

 これは、何度も手法を使い練習するしかありません。知っているだけで実際に使うとうまくいかないということはよくあります。

 いつでもできるようなレベルにならなければ、知っていても役には立たないのです。本書では、いろいろな練習方法が載せられています。

Amazon.co.jp 思考のボトルネックを解除しよう!

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

不透明な時代を見抜く「統計思考力」

不透明な時代を見抜く「統計思考力」不透明な時代を見抜く「統計思考力」
著者:神永正博
発行所:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2009年4月15日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 みなさんは、世の中にあるデータ(統計データやグラフなど)が、どれくらい本当なのかと思ったことはありませんか?
 
 誰かが書いたデータの解釈を読むのではなく、自分でデータを読めるようになれば、人の解釈に惑わされることなく、真実を見ることができるようになります。

 (まぁ、そうなると、自分の解釈の色が濃くなり、自分の都合の良い解釈をしてしまうようになってしまうので注意が必要なのですが)

心に留めておきたいこと
 データとは過去の記録です。このデータを使って、日本経済の未来を予測することはできるのでしょうか?

 著者は、ある程度の予測は可能だと言っています。

 しかし、データとは過去のものなので、未来を予測する場合、それまで一度も起きたことがないことは、データにないため、どんな分析手法を使っても予測できませんし、何年かに一度しか起こらないことは、データの予測上では、起きにくいことになりますが、経済現象では起きにくいといわれている現象が、想像以上に起きるものなのです。

 データ分析にも、やはり限界はあるのです。

内容紹介
 データはインターネットで簡単に手に入れることができるようになりました。

 ただ、自分が見つけたデータが事実とは限らないことを頭に入れておかなければなりません。

 解釈されたデータは偏りがあることが多いのです。

 なるべく誰かが解釈する前のデータを見ることが大事になります。その時には、自分の仮説に反するデータも集めなければいけません。

 そうしなければ、自分の解釈に偏ったデータの見かたになってしまいます。

 言葉の定義をどうとるかも大事です。例えば、データに出てくる「若者」という言葉一つでも、どこまでの範囲を若者にするのかということで、データの解釈が変わってきます。
 
 偏りは人の解釈だけではありません。データ自体にも偏りがあることがあります。

 データを集めるためのアンケートなどの正確性があるからです。

 回答者は無作為に選ばれていなければいけませんし、アンケートを取らなければいけない層が抜けていたり、誘導的な質問をしていたり、嘘をついている人がいたりする場合があるためです。

Amazon.co.jp 不透明な時代を見抜く「統計思考力」

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。