サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極のマーケティングプラン(前半)

究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル
著者:ダン・S・ケネディ
発行所:東洋経済新報社
発売日:2007年4月12日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 マーケティングで押えておかなければならないことが、この1冊に詰まっています。

 本書の原書は、初版が1991年刊行ということで、昔の名書というイメージがありました。

 今の時代でも使えることがあるのか、という気持ちで読みましたが、まだまだ学べることはたくさんあると思います。

 それは、本書がマーケティングの原理原則を網羅する教科書となっているからだと思います。

 著者が考えているマーケティングとは、適切なメッセージを、ふさわしいターゲットに、適切な手段と方法で到達させることにあります。

 これは、今の時代でも変わるものではありません。

 本書では、そのプロセスをひとつひとつ丁寧に学ぶことができます。

適切なメッセージ
 マーケティングプランを考える前に、最初にしなければならないことが、あなたの商品やサービスをお客様に伝える「メッセージ」を考えることです。

 マーケティングでは、このメッセージのことを「USP(ユニーク・セリング・プロポジション)」といいます。

 メッセージには、他社との圧倒的な違いであったり、商品やサービスの他にはない特徴であったり、あなたの会社の強みやこだわりであったり、同じ商品やサービスの中にあっても、あなたのメッセージが他のものに埋もれないものを考えないといけません。

 本書では、ドミノ・ピザを例にあげています。「焼きたてアツアツのピザを30分以内にお届け。遅れたら代金はいりません」

 ドミノ・ピザは、このメッセージにより、ピザと言えば、ドミノ・ピザという地位を手に入れることができたのです。

 このメッセージを考えるいい方法が、本書に示されています。

 それは「他にもいろいろ選択肢がある中で、どうしてあなたのビジネス・商品・サービスを選ばなくてはいけないのか?」ということを考えるのです。

 この答えがでてこない場合は、あなたの商品をお客様に適切に伝えることができないことになるのです。

 ここで一度、あなたの商品やサービスで、このメッセージを考えてみましょう。

ちなみに私のブログで考えてみました
 このメッセージを私のブログで考えてみました。(ひとつの例です)

 他の本ブログとの違いは、ビジネス初級者を対象としているところではないでしょうか。

 詳しい人が私のブログをみたら、物足りないブログだと思われているかもしれません。

 特徴としては、わかりやすく書くことを目指しています。

 それと、本の書評というより、内容をそのまま書いていく感じで、その本を読まなくてもある程度の理解はできることを目指しています。

 強みやこだわりは、今は思いつきませんでした。

 これらを合わせると、私のブログのUSPは、

 「就職が決まった人たちへ。このまま就職してもよいのか?ビジネスマンになったときに、他の人より一歩先に進んでおくため、知っておかなければならない社会人としての知識を、このブログから学ぼう」


 というようなメッセージを思いつくことができました。

 う~ん。何かが足りないような気がしますが・・・。けっこう時間をかけて考えたのですが、あまりインパクトのあるメッセージになりませんでしたね。

 それにこれでは、ターゲットを絞りすぎているような気もしますし・・・

 記事が長くなりますので「メッセージを伝える」と「ふさわしいターゲット」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

私の記事は役に立っているのか?

アクセスが上がって下がる
 11月5日の記事に書いた「集団感染マーケティング」

 この記事を書いた直後からの数日間のアクセスが、いつもより増えていました。(悲しいかな、今は元通りに戻っているのですが・・・)

 その理由を知るため、アクセス解析で調べてみたところ、やはり、いつものアクセス数より増えている分ぐらいの人が「集団感染マーケティング」で検索をして訪問してくれていたのです。

 私は普段、新刊の記事はネタバレになるので、書いていないのですが、これにはびっくりしました。

 これが話題になっている新刊の力なのでしょうか?

 本の購入に関しても、私のブログはアマゾンにリンクしているのですが、今までは、ちょくちょく売れる程度だったものが「集団感染マーケティング」に関しては一気に売れているのです。

 このことからも、やはりニーズは新刊にあるのかな?とも思いますが、実際はどうなのでしょうか?

 ただ、アクセスが増えたあと、すぐ下がっているので、リピーターになってもらえなかったことは反省しなければいけませんね。

 まだまだ、良い記事が書けていない証拠かもしれません。

いつも気になっていること
 以前の記事にも書いたことがあるのですが、ブログでは見にきてくれる方の反応をあまり知ることができません。

 わかりやすく伝わっているのか、ためになる記事になっているのか、判断するのは難しいのです。

 ただ、最近は拍手やコメント、ランキングサイトへのクリックなど、皆さんからの応援をいただけるようになりました。

 これは本当にうれしいことです。

 訪問してくださっているみなさん、本当にありがとうございます。

 現在、私の目標は、他の人に自分の書いている記事に影響を受けていただいて、納得するだけでなく、何か行動を起こしてもらえるような記事を書くことを目標にしています。

 本を読んでも、そこから何かを実行しなければ、もったいないと私は思っているからです。

あれから
 私のブログで、最初に本が売れたのが8月30日のことです。このときは「むじゃぴょん」さんという方に本を購入していただきました。

 あれから、現在までで45冊の本を、いろいろな方に購入していただいています。(中には私がブログの記事にしていない本もあります)

 ここで、気になることがあります。

 私の記事をみて、購入していただいた方は、その本を購入してよかったと思っていただけているのでしょうか?

 その本がその方の役に立っているでしょうか?

 それがいつも気になっているのですが、その結果を知ることができないのが、残念でしかたありません。


いまでも感謝の初購入者
 むじゃぴょんさんのブログ 「むじゃろぐ」 です。
 もしよかったらみなさんのぞいてみてください。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

「書く、話す」知的アウトプット術

竹内流の「書く、話す」知的アウトプット術竹内流の「書く、話す」知的アウトプット術
著者:竹内薫
発行所:実務教育出版
発売日:2009年5月5日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書のタイトルである、知的アウトプット術とは、言いかえれば、自らの考えや感情の表現方法ともいえます。
 
 よい表現をするとは、うまい文章、上手なしゃべり方ができればよいというものではありません。

 それらは、訓練次第でなんとかなるものです。

 最も大事なことは、その中身なのです。知的な内容、心からの感情がこもっていなければ、相手に受け入れられるものにはなりません。

 そして、よりよいアウトプットをするためには、当然よりよいインプットが必要になります。

 本書にはインプットの方法、インプットした情報を活用できるように考える方法、それをアウトプットする方法が示されています。

良質なインプットをする
 インプットといえば、やはり本が有効な手段になります。

 書籍を探すとき、私たちはよくベストセラーになった本がよい本だと思いがちですが、よい本というものはロングセラーになっているもののほうが多いようです。
 
 それと、リアルな口コミがあった本なども、当たりの本である場合が多いようです。著者は、周囲の人が面白いといっている本を、読んでみることを勧めています。

 その他にも、著者はネット上の有料情報を勧めています。無料の情報はどうしても信頼性にかけますが、有料情報はプロのチェックがされているため、情報の信頼度が高く優良情報が多いのです。
 
 しかも、紙媒体のものに比べて価格がやすく、ペーパーレスですむため、場所をとられることもありません。
 
 そして、当然のことながら英語の力も必要になります。情報をネットなどで集めるさい、英語サイトと日本語サイトでは、質・量とも格段の差があるからです。

考える技術
 インプットした情報をアウトプットするには、考える技術が欠かせません。

 考える力を身につけるためには、これらの基礎を鍛えるとよいようです。

 その基礎とは、数学の問題を解いたり、国語の読解問題を解いたり、論理学を学ぶことです。

 これらを鍛えることで、考える力が高まります。

 そして考えるときには、簡単にあきらめずに、とことん考えて答えを探すという練習が必要になるのです。

 本書には、例として数学の問題、国語の読解問題、論理の問題が載っています。

柔らか頭
 そして物事は柔らかく考えることが必要です。間違っているときは、考えを固執させるのではなく、そのつど修正できる柔らかい頭を持たなければなりません。

 そのためには、自分と違う発想を持っている人と、触れ合う機会を多くもつことが大切です。

 そして、ときには何もしなくてもよい時間をつくりましょう。なぜなら、そんなときこそ、何か考えが浮かぶ大切な時間なのですから。

「書く」というアウトプット方法
 文章を書くのは苦手だという人に、とっておきの方法があります。

 それは、人に話を聞かせるつもりで、一人語りやその内容などを録音することなのです。

 文章を書こうと思うとハードルが高くなりますが、しゃべると考えると、それほど難しいことではありません。


 そして、それを文法的に整えて、原稿におこしていけばよいのです。
 
 文章力を磨きたい人は、自分の好きな作家の本をたくさん読み、その人の文章を真似ることが、上達の近道になります。

 もちろん、ある程度の文章が書けるようになったら、個性を伸ばすことも大切になります。

Amazon.co.jp 竹内流の「書く、話す」知的アウトプット術

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

君に成功を贈る(後半)

君に成功を贈る君に成功を贈る
著者:中村天風
発行所:日本経営合理化協会出版局
発売日:2001年11月16日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

言葉に注意する
 私たちが何気なく発する言葉には、大きな力が隠されているため、気をつけなければなりません。

 私たちが発する言葉は、自分自身の心の中に大きな影響を与えるのです。

 悲観的・消極的な言葉を発していると、その通りになってしまいます。

 周りの人が使う言葉にも同様の効果があるので気をつけなければなりません。

 あなたにそのつもりはなくても、周りの言葉の影響は、あなたの行動をもかえてしまうのです。

常に積極的に
 人生は一度きりしかありません。その一度しかない人生を価値高く活かさなければ、もったいないことです。

 怒りや悲しみに心を乱されていても、それによって何か結果がかわるものではありませんし、うまくいかないことを周りのせいにしても、幸福な人生を送れるものではありません。

 幸福や好運というものは、積極的な心を使い自分自身でよび寄せなければやってはこないのです。

 心のもち方を切り替えて、現在のすべてに感謝しなければならないのです。

 消極的な出来事があっても、常に笑うように心がけることで、幸福と好運がどんどん開けてくるのです。

 あなた方の考え方が、現在のあなた方をつくりあげているのです。心のあり方をかえるだけで、人生をかえることもできるのです。

名言
 本書の最後に「中村天風金言・至言100選」が載っています。
 
 私が気になったものを載せたいと思います。
  • 感謝に値するものがないのではない。感謝に値するものを、気がつかないでいるのだ。
  • 太陽の光線は、美人の顔も照らせば、犬の糞も照らしているぜ
  • 具合が悪いときに具合が悪いと言ったら治るか。

最後に
 私が以前ブログで書いた記事 「世界一わかりやすい「速読」の教科書」 に付録でついている速聴用の高速音声CDの内容が、この中村天風さんから学ぶ「精神力強化の法則」なのです。

 中村天風さんに興味を持った人は、高速音声で聴くことができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

Amazon.co.jp 君に成功を贈る

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

君に成功を贈る(前半)

君に成功を贈る君に成功を贈る
著者:中村天風
発行所:日本経営合理化協会出版局
発売日:2001年11月16日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書の著者「中村天風」とは、自分が思い描く人生を実現したい、心豊かな人生を生きたいなどの、自分の思い描いた夢や願望を叶える方法を解き明かした人物です。
 
 著者は「心の想いが人生を創る」といっているように、「心のあり方・使い方」ひとつで、人生を価値高いものにすることができると教えています。

 本書は、中村天風「心身統一法」の考え方と実践の手法が解説されています。

幸福な人生をつくる
 幸福な人生をつくるために、なによりも最初にしなければならないことは、他人から好かれる人になるということです。

 この根本の考え方を改めずに、何かをしたところで、幸福な人生を送ることはできません。
 
 では、どうすれば他人に好かれる人になれるのでしょうか?

 それは、常に人に対して、好き嫌いがないようにすることなのです。

 あなたが相手のことを嫌いになると、当然相手もあなたのことを嫌いになります。

 こちらが好意を持っていれば、嫌われることはありません。嫌いだと思う相手にこそ、親切でやさしくするのです。

 最初はうまくいかないかもしれませんが、簡単に諦めてはいけません。

心のあり方
 私たちは、自分の命というものを考える場合に、心のことを考えないで、肉体のことばかり考えます。

 肉体が強ければ、健康であれば、それでうまくいくと思っているのです。

 しかし、心が完全でないと、命そのものが不完全になってしまうのです。

 肉体を活躍させるのは心です、心を常に積極的に保つことができるかどうかが重要になるのです。


 心の中に悲観的・消極的なものが入っていると、肉体までもが力を失います。

 そして、心は歳をとっても衰えるものではありません。

 常に心のもち方を積極的に保つことで、幸福や好運を引き寄せることができるようになり、人生を価値高く生きることができるようになるのです。

 記事が長くなりますので「言葉に注意する」と「常に積極的に」「金言・至言100選」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 君に成功を贈る

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。