サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフレ・デフレの身近な問題(雑談)

すこし復習
 前回の記事 「新」日本経済入門 にインフレやデフレのことが載っていますので、ここでは、そのことについて本書を参考にし、復習してみたいと思います。

 インフレとはインフレーションの略で、商品やサービスの需要と供給のバランスが崩れ、供給が足りなくなったときに物価が上昇することで、貨幣の価値が下がる現象のことをいいます。

 経済が好景気のときに起こりやすいものです。

 もうひとつは、貨幣の流通量が増えることで、貨幣の価値が下がることもいいます。

 デフレとはデフレーションの略で、反対に供給過剰で物価が下がることをいいます。デフレは不景気に起こりやすく、今がデフレの時期であるというニュースはよく聞くことと思います。

インフレにより借金が楽になるかも
 前回の記事 「新」日本経済入門 の著者である三橋貴明さんは、健全なインフレを保ち続けることで、国の借金が楽になるといっています。

 それを、私たち個人の話で考えてみると、国の借金にかわるものは、住宅ローンではないでしょうか。

 インフレは好景気のときに起こります。好景気のときは金利が上がることになるので、住宅ローンの返済は大変になるはずなのです。

 しかし、こういった考え方もできます。好景気になれば、給料も自然と上がってきます。給料が上がれば当然返済は楽になります。

 そして、インフレでの物価の変動があります。

 極端な話をすると、インフレで物価が今の10倍になったとします。

 現在1万円で買えるものが10万円をださなければ買えなくなります。(モノの価値が上がる)

 別のいいかたをすれば、現在の1万円はインフレ後では1000円の価値しかないことになります。(貨幣の価値が下がる)

 別のいいかたをしていますが、この2つは同じことを意味しています。

住宅ローンに当てはめる
 これを住宅ローンに当てはめてみます。物価が10倍になった場合。

 現在3000万円で買える家が、インフレ後では3億円ださないと買えないことになります。

 これも、別のいいかたをすれば、現在の3000万円で買った(この買ったが重要)家のローンは、実質インフレ後では300万円になるのです。(この説明でわかっていただけるだろうか)

 もちろん、これは極端な話であり、急激なインフレではなく、健全なインフレを続け、給料も順調に増えていった場合の話になります。

 これが、健全なインフレを続けることによって、国の借金の返済が楽になるということのカラクリなのです。

 逆にデフレになると、金利は下がりますが、給料も下がることになるので大変なのです。

銀行の預金にもインフレは関係している
 銀行の預金にも、もちろんインフレは関係しています。

 銀行の利息何%というのは、インフレ率を考慮にいれて求められているからです。

 インフレ率とは、去年と比べて、どれくらい物価が上がったかを%で表したものです。

 例えば、銀行の金利が5%であっても、インフレ率が2%である場合、実際には3%の利息しかつかないことになります。(銀行の金利=実際の金利+インフレ率 の式になります)

 なぜなら、利息を受け取るときには、2%のインフレが進んでいると仮定されているからです。(物価が上がっている)

 例えば、100万円を預けます。1年で5%の場合、105万円になります。

 ですが、2%のインフレが進んでいた場合、去年100万円で買えたものが、今年は102万円になっているのです。(物価の上昇により)

 そのとき5万円の利息がついても、100万円のものが102万円になっていたら、100万円の3%分の3万円しか得したことにはなりません。

 このように、インフレ・デフレは、私たちの身近にもけっこう関係しているのです。

最後に
 今回の記事はわかりやすくするために、単純な説明になっています。

 本当は、ちゃんとした計算式もありますので、もっとちゃんと知りたい方は、書籍などで調べていただいたほうがいいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。



関連本
これだけは知っておきたい「金融」の基本と常識―金融業界の新入社員から中堅社員までこの一冊で十分!これだけは知っておきたい「金融」の基本と常識―金融業界の新入社員から中堅社員までこの一冊で十分!
(2008/02/21)
永野 良佑

商品詳細を見る


道具としてのファイナンス道具としてのファイナンス
(2005/08/25)
石野 雄一

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

「新」日本経済入門

経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門 (アスコムBOOKS)経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門
著者:三橋貴明
発行所:アスコム
発売日:2010年7月2日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 私たちは、経済や政治などについて、マスコミや偉い評論家の方の意見を、何も疑うことなく信じてしまいがちです。

 著者によれば、そのマスコミや評論家の論調は、あいまいなイメージであり、明確な資料やデータに基づかず、検証もしないまま、世間に発表されているというのです。

 そして、それを私たちは真実と思い込んでしまっているのです。

 著者は、日本の経済や政治などの問題を、客観的なデータに基づいて、正しい解決策を示してくれています。

 本書は、特に日本・中国・アメリカ・欧州の現状と今後について解説されています。
  • 第1章 本当に日本は「財政破綻」するのか?
  • 第2章 日本が「財政再建」するためには?
  • 第3章 「構造改革」で景気は本当によくなるのか?
  • 第4章 日本は「中国経済」に飲み込まれるのか?
  • 第5章 「ユーロ」の運命はどうなるのか?
  • 第6章 アメリカの経済は今後どうなるのか?

日本の財政破綻問題
 財務省が発表している日本の国の借金は、2009年度末で、882.9兆円にもなるそうです。

 このままでは、日本の財政赤字は膨らむ一方であり、財政破綻を起こすことになるというニュースをよく聞きます。

 本書は、この問題に対し、私たちが、いかにあいまいな理解のまま、わかったつもりになっているのかを著者の視点で説明されています。

 まず問題なのが、言葉の定義をはっきり理解していないのに、議論をしようとしていることです。

 財政赤字とは、何をもって多い少ないというのか?

 財政破綻とは、どのような状態になることをいうのか?

 これを理解しないまま、財政破綻を起こしてしまうのではないかという議論をしてしまっているのです。

 著者は、この問題に対して、明確な解決方法を持っています。

 詳しくは本書を読んでいただくとわかりやすいのですが、健全なインフレを続けることで、国の借金問題は解決にむかうのです。

民営化問題
 構造改革の一種である、国有企業の民営化問題。

 これも現在のようなデフレが続いている時期にするべきではない政策のようです。

 民営化の良い点は、生産性があがり、競争力が増すことで、価格や供給をよくしようというものです。

 しかし、このデフレの時期に価格競争をさせることは、デフレをより加速させることになるだけで、問題を深刻にさせるだけなのです。

 著者は、命にかかわる事業も民営化してはいけないといっています。それによりアメリカは大きな問題を抱えることになったからです。

中国の現状
 中国は、現在でも高い経済成長を続けています。

 ですが、いま中国は、人民元の切り上げをアメリカから迫られています。

 しかし、中国がそれに応じることはないでしょう。

 中国は輸出国であり、貿易黒字国でもあります。

 そして、GDPの約3分の1を輸出でつくりだしています。

 そのような状態で、人民元の切り上げに応じてしまうと、輸出企業が大きなダメージを受けることになるからです。

 このようなこともあり、中国がこのまま経済成長を続けていけるのかどうかは、疑問が残るようです。

そういう視点もあるのか
 私が著者の話で、一番興味を持ったのが「中国は世界経済的には最悪の国」というところです。

 中国の経済成長は、アメリカに対する貿易黒字から成り立っています。

 貿易黒字とは、簡単にいえば、輸入額より輸出額が多いことをいいます。

 輸出国である中国は、海外に安い製品を売ります。

 相手国の国民は、自国で生産されたものより安い海外の製品を買っています。

 その結果、その国にデフレという問題を引き起こし、国内企業の成長を止め、失業者まで生み出すということをしているというのです。

Amazon.co.jp 経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門 (アスコムBOOKS)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

これだけのことで(雑談)

あるテレビ番組から
 2011年1月19日のブログ記事 実践マーケティング戦略 に Book☆Bank倉吉 さんから、このようなコメントをいただきました。

 以前テレビで、キザミのりが作れるハサミからシュレッダーバサミと命名変更しただけで十倍売上が変わったと言うこともありますし、戦場と売り文句が替わるだけで、会社の進退にかかわることも大きくありそうです。

 このコメントは 「実践マーケティング戦略(前半)」 の記事のコメント欄に載っています。

私なりに分析してみます
 book☆bank倉吉さんに聞いたところ、雑学王というテレビ番組で、商品名を変更しただけで、商品の売上が変わったというものをしていたそうです。

 私は、このテレビを見ていませんので、どのような経緯で商品名がかわったのか、わかりませんが、商品名を変えただけで成功した理由を、私なりに戦略BASiCSの考え方(実践マーケティング戦略の書籍に載っています)を使って分析してみたいと思います。

 あくまで、これは私の予想であり、実際に当てはまるものかどうかわかりません。

 book☆bank倉吉さんのブログ 「古本~CD取扱  Book☆Bank倉吉」 こちらもよろしくお願いします。

戦う場所の違い(何を競合とするか)
 まずは、きざみ海苔が作れるはさみとシュレッダーはさみが、どのような戦場にいたのかを考えてみます。

 きざみ海苔が作れるはさみは、大きく分ければ調理道具という戦場にいたものだと思われます。

 競合は他の調理道具となりますが、きざみ海苔を作るという道具の競合はあまりいないでしょう。料理が上手な人なら包丁でも切れるということになると、包丁も競合に変わりますが、ここではあまりいないものと考えます。

 顧客ターゲットはどうでしょう?

 顧客はもちろん料理をする人になりますが、もともときざまれている海苔が売っているのに、わざわざ、きざまれていない海苔を買ってくるでしょうか。

 普通の人は面倒くさくてあまり使用しないかもしれません。

 では、きざまれていない種類の海苔をきざむためや、ネギなど別のものをきざむために使う人がどれぐらいいるでしょうか?

 これでも、あまりにも潜在顧客の数が少なすぎると思われます。

これでは伝わらないのではないか
 たしかに、きざみ海苔が作れるはさみというネーミングの時点でも、シュレッダーはさみの使い方をしていた人はたくさんいたと思われます。

 しかし、このネーミングでは完全にニッチ市場を狙ったものであり、売り文句が、あまりにも限定的です。

戦場がどう変わったのか
 次は命名変更をしたシュレッダーはさみを分析してみたいと思います。

 これは名前を変えることで、戦う戦場を変えています。戦場を変えることで同じ商品でも成功できるいい例だと思います。

 まず戦場は大きく分けると日用品ということになるのですが、競合は他の自動や手動のシュレッダーということになります。

 いや?もしかしたら違うかもしれませんね。

 大きく分けると同じシュレッダーなので競合と考えることもできますが、もともと自動や手動のシュレッダーは書類をきざむために使われます。

 シュレッダーはさみはどのように使われるのでしょうか?

 顧客ターゲットで考えてみますと、シュレッダーはさみを使う人の多くは、ダイレクトメールなど、住所や名前が印刷されているところだけをきざむことに使っている人が多いのではないでしょうか。

 それに比べて、自動や手動のシュレッダーは、すこし手間もかかりますし、大袈裟なものです。

 このように考えると、利用のしかたも変わってきますので、まったく狙っている顧客が違うと考えることもできます。

 その結果、シュレッダーはさみがいる戦場には、あまり競合もいませんし、顧客の数もある程度いるはずです。

 そして、商品名だけで使い方がわかる売り文句も加わり、成功したのではないでしょうか。

どこで思いついたのか?
 なぜ、このような用途の変更が生まれたのでしょうか?

 誰かがそのような使い方をしているのを偶然発見したのか?お客様の声などで教えていただいたのか?もともとそのような使い方も視野にいれていたのか?

 答えはわかりませんが、このようなことでも売上が変わることがあるということを知ると、ビジネスも何か楽しいものになってきますね。

 他にもこのように商品名を変更することで、売上が増えた商品を知っている人は、ぜひ教えてくださいね。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

実践編 絆が生まれる瞬間

絆が生まれる瞬間絆が生まれる瞬間
著者:高野登
発行所:かんき出版
発売日:2008年12月15日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


私たちにもできること
 本書に載っているリッツ・カールトンのサービスは、どれもこれもすばらしいものばかりです。

 その中で私が一番好きな言葉に「お客様の声にされないニーズを満たすこと」というものがあります。

 もちろん、気持ちを伝えるための言葉は大切なものです。言葉にせずに相手に理解してもらおうというのは、難しいことだと思います。

 ですが、そうとわかっていても、相手があなたの言葉にしない気持ちを理解してくれていたら、これほどうれしいことはありません。

 この瞬間に私たちは幸せな気持ちになれるのではないでしょうか。

何かに応用できないか
 「お客様の声にされないニーズを満たすこと」このようなことは「大企業でもなければできない」「忙しくてそんなことを考えている暇はない」などというような声が聞こえてきそうですが、この考え方はいろいろなことに応用できるのではないでしょうか?

 ちょっとしたことでもよいのです。人に喜んでもらうにはどうすればいいのかを考えることが大事なのです。

 お客様ひとりひとりに対して時間と労力を惜しまなければ、人に喜んでもらうことは誰にでもできることなのではないでしょうか。

名前で呼ぶ
 誰でもできることの一つに、あなたの商品やサービスをよく購入してくれる人の、顔と名前を憶えるというものがあります。

 私たちはお客としてお店に入ったときに、名前で呼ばれ、前回の話をされるという、ささいなことでもうれしいものです。

 頻繁に店に通っているのに、相手があなたのことを少しも憶えていなければ、お客様もあなたの店に愛着を持つこともなく、店を変えられる原因にもなりかねません。

 今や商品やサービスの価格は、どこもそれほど変わりません。他の店と差別化する方法として、本書のホスピタリティという考え方は重要なのです。

 そのためにも、お客様の名前を知る必要がありますが、これを仕組み化しておくことは大変重要です。

みんなでメモをとる
 次はその人がよく利用する商品やサービスを記録することです。

 そして、ふとしたときに、その商品をそっとサービスしてあげるのです。


 お客様からすれば「これは、私がいつも使っているもの、どうして知っていてくれているのだろう。こんなうれしいことはない」という気持ちになるわけです。

 これでお客様が喜ばないわけがありません。

 これは、あまり頻繁にしてはいけませんし、他のお客様に見えないようにしなければなりません。

 あくまでも、あなただけにサービスしているように思っていただかなければならないからです。

誰が接客しても同じ
 これらのことは、そこで働くスタッフ全員が共有しておかなければなりません。

 このお客様のことは、このスタッフしか知らないというのでは、サービスにバラツキが生まれてしまいます。

 もし事前にどのようなお客様が来るか把握できるのならば、最低限事前にスタッフ全員が準備しておくべきです。

 このようなことをするだけでも、お客様に特別な気持ちを抱いていただき、また足を運んでいただける確率があがるのです。

 リッツ・カールトンのようなサービスができなくても、これぐらいならできるのではないでしょうか。

Amazon.co.jp 絆が生まれる瞬間

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。



高野登さんの他の書籍

リッツ・カールトンで育まれたホスピタリティノートリッツ・カールトンで育まれたホスピタリティノート
(2010/07/21)
高野登
商品詳細を見る


サービスを超える瞬間 実例・実践編サービスを超える瞬間 実例・実践編
(2007/07/03)
高野 登
商品詳細を見る
関連記事

絆が生まれる瞬間

絆が生まれる瞬間絆が生まれる瞬間
著者:高野登
発行所:かんき出版
発売日:2008年12月15日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は、なぜリッツ・カールトンが多くの人から愛され、またここに宿泊したいと思っていただけるのかということを、本当にあった感動のエピソードとともに語られています。

 ここには、リッツ・カールトンの企業理念や哲学が隠されているのです。

理念
 リッツ・カールトンはホテルを、ただの宿泊施設というような位置づけで考えているわけではありません。

 ホテルはサービス業であり、ホスピタリティが重要であるという位置づけをしているのです。

 そして、お客様のことを第一に考えられている経営がなされているのです。

サービスを生み出す体制
 リッツ・カールトンでは、お客様に喜んでもらうための企業としての体制づくりが、しっかりとなされています。そして、それは企業文化として全社員に浸透しているのです。

 朝番・夕番・夜番のシフトの前に、約20分ほどのミーティングである「ラインナップ」と呼ばれているものを行い、企業の理念・哲学の優先順位を常に確認しています。

 これにより、会社としてのビジョンや方向性を社員と共有することができ、常に最高のサービスを最高のチームワークによって提供されているのです。

 そして、現場では失敗を恐れず、さまざまなことに挑戦できる環境が整えられています。

 これにより、社員は自らの感性を発揮し、お客様のニーズを満たすための行動にでることができるようになるのです。

 そして、周りのスタッフも、それに惜しみなく協力できる体制になっているのです。

声にされないニーズ
 リッツ・カールトンで働いている社員は、常にお客様の声にされないニーズを満たそうとしています。

 そのために、常に何を求められているのかを考えていますし、お客様とのコミュニケーションのための時間と労力を惜しまないのです。

 そして、お客様のちょっとした情報も会社の情報システムに入力され、全社員が共有できるようになっています。

 そして、お客様が次回また来られる時に、その情報システムを事前に確認し、よりよいサービスのために活かすのです。

最後に
 本書を読むと、リッツ・カールトンに私も一度泊ってみたいと思ってしまいます。今年こそは、思い切ってみようかな(笑)

Amazon.co.jp 絆が生まれる瞬間

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。