サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の節約か、時間の節約か(雑談)

個人でのドケチと反ドケチのバランス
 前回紹介した 「ドケチ道」 はビジネスの現場での話ですが、もちろん個人でも、ドケチ道の考えかたを生かすことはできると思います。

 私がいつも考えてしまう1つの例で、ドケチと反ドケチのバランスをどう取るべきか検証してみたいと思います。

お金の節約
 ドケチと言えば、まず考えられるのが節約です。例えば、何か商品を300円安く買うために30分余計な時間をかけて別の店に買いにいく、これは節約ということになります。

 ドケチの視点でいえば、もちろんよい節約といえるかもしれませんが、反ドケチの視点から考えると、違った見え方がしてきます。

時間の節約
 30分を無駄にして、300円を節約するということは、私の時給は600円しかないといっているのと同じです。

 それならば、300円払っても30分の時間を自分のために使うべきではないでしょうか。それが将来、大きなリターンとして返ってくると考えるならば、安いものです。

 このお金よりも時間を大切にする考え方は、反ドケチの考え方といってもいいと思います。

大きな欠点
 しかし、この考え方には、大きな欠点があります。節約をせず30分の時間を300円で買ったとしても、その時間を自分に投資したり、意味のある時間を過ごしたりせず、ゴロゴロしているだけならば、あなたの時給はマイナス600円ということになります。

 ドケチもできず、反ドケチもできない、そんな状態になってしまうのです。

 そうならないためにも、時間を買うというのならば、それだけの使い方をしなければなりません。

 この考え方は、自分の時給をいくらと考えるかによります。例えば、1500円安く買うために30分時間をかけて別の店に買いにいくとなると、あなたの時給が3000円以上でないと、だんぜん節約することの方が得ということになるのです。

 このような視点でドケチでいくのか、反ドケチでいくのかを考えるのも、何かおもしろいと思いませんか?

 あっ!いま気づいたのですが、金、金、金、金、言い過ぎでしたね(笑)

Amazon.co.jp ドケチ道 ―会社を元気にする「生きたお金」の使い方

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

読書の目的(雑談)

目的という名の壁に潰される
 私の読書歴。それはまだまだ浅いものですが、読書を続けていると突然目の前に壁が表れることがあります。

 例えば、いったい何のために読書をしているのだろう?読書をしていて何か変化が表れているのだろうか?といったような疑問です。

 私はこの壁に何度もぶつかっては悩んできました。みなさんもこの壁にぶつかったことがあるのではないでしょうか?

 私はビジネス書を中心に本を読んでいますが、それは自分の強みを伸ばす、弱みを補う、スキルアップをするなど、常に目的をもって読んでいるつもりです。

 ですが、その背中には常にこれでいいのかという疑問がつきまとっています。いまのやり方で「本当にスキルアップできるのか?」という疑問です。

 そして、こんなことを続けていても意味があるのだろうかと、目的を見失うこともあるのです。

 よくこのようなことを言われることがあります。「そんなに本を読んで何か成果がでているのか」 正直、これにはグサッときます。

 成長とはなかなか自分で気づくことはできません。不安を抱くのは当然だと思います。

 ただ、成果というものはS字カーブにあるように、なかなか身を結ばないときもあります。そんなときに、ふと読書の目的を見失いそうになりますが、それでも何もせずに日々を過ごしたくないという気持ちが読書にむかわせているのだと思います。

 いずれ成果が爆発するときまで、走り続けるしかないのです。

小説を読んでいる人も同じなのではないでしょうか
 私は小説を読んでいる人もビジネス書を読んでいる人と同様に壁を感じ、目的を見失うこともでてくるのではないかと思うのです。

 ここでも「そんなにたくさん本を読んでどうするの?」や「それで何か変わったの?」という人がいるかもしれません。

 ですが、本を読むことは新しい発見を得ることだと思うのです。

 それに、何かに夢中になれることは素晴らしいことではないでしょうか。それは映画や食べ歩きなど、何でもいいのだと思います。何かに夢中になれる、その時間は最高に幸せな時間を過ごしているのだと思います。

 それに、何もしなければ自分の才能に気づくこともできません。どのようなチャンスも準備をしていないと掴むことはできないのです。

 自分の行動すべてに何かの意味をつけることは難しいことだと思います。何のために読書をしているのか、このように悩むときは必ずあると思いますが、この悩みがあるからこそ、いろいろなことを考え、新しいものを発見していけるような気がするのです。

 「悩みがあるから、答えが見つかる」こう考えてみてはどうでしょうか?

 読書の目的に悩んだときは、意外とその近くに答えがあるのかもしれませんね。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

ドケチ道

ドケチ道 ―会社を元気にする「生きたお金」の使い方ドケチ道 ―会社を元気にする「生きたお金」の使い方
著者:山田昭男
発行所:東洋経済新報社
発売日:2010年10月12日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は、未来工業株式会社 取締役相談役 山田昭男さんの書籍なのですが、この会社のことは、私のブログの記事にも書いてある 「日本でいちばん大切にしたい会社2」 の書籍にも載っている会社なのです。

 山田昭男さんとは、自他共に認める「日本一のドケチ相談役」として、テレビ局や新聞、雑誌など数多くの取材を受けているそうです。

 本書は、その山田昭男さんの、「そこまでやりますか!」と言いたくなるドケチさと、「そんなことに、そんなにお金を使っていいの!」という反ドケチさの、両方のエピソードが盛り込まれております。

 山田昭男さんの考え方そのものである、この「ドケチと反ドケチ」をバランスよく使うことで、山田昭男さんは社員のやる気を引き出しているのです。

 日本一労働時間が短く、年間休日が140日もある企業なのに、創業以来赤字になることもなく、高い利益率を保ち続ける企業として成功している理由が、その「ドケチと反ドケチ」に隠されているのです。

 その秘密が本書には記されているのです。

そこまでやりますか!のドケチエピソード
 本書の第1章、この出だしから、もうドケチエピソードが始まります。

 会社の社内にある蛍光灯のほとんどにひもをつけて、社員が自分の席を離れるときには、必ず蛍光灯を消すように義務づけているのです。

 いきなり、そんなことをして節約できるのというエピソードに正直ビックリします。

 ですが、どのようなことにも必ず理由があるのです。

 蛍光灯の引きひもの先には名札がついてあり、その蛍光灯を管理する人の名前が書いてあるそうです。

 こうすることで、管理者としてのコストに対する意識を植えつけているそうなのです。

 これほどまでに、ドケチを貫くのにも、やはり理由があります。

 未来工業では、社員に「常に考える」ということを徹底させています。ドケチの発想は、この常に考えることのトレーニングにもなるのです。

 日本一労働時間が短くても利益を上げ続けることができるのは、社員一人一人が「常に考える」ということを実行し、どうすれば時間内に仕事を終わらせることができるかなどを考えているからです。

やりすぎじゃないですか!の反ドケチエピソード
 第2章は、この「日本一のドケチ相談役」である山田昭男さんの、もう一つの顔である「反ドケチ」顔が表れます。

 ここでは、使うところには、おしみなくお金を使うエピソードが語られています。

 こちらのエピソードも、「すごい!」としか言いようがない常識を上回るものばかりです。

 多くの会社は節約のために人件費を削ろうとしますが、この未来工業はまったく反対のことをしています。

 社員のことを考えていった結果、年間休日140日、有給休暇40日、7時間15分の労働時間、残業禁止、育児休暇3年と、まるでドケチからはかけ離れている会社となったのです。ですが、これらはすべて社員のことを考えてそうなっているのです。

 このような体制でも、利益は下がるどころか増え続けています。

 これも山田昭男さんのマジックとでもいいましょうか、社員をやる気にさせる方法の一つなのです。

 この「社員のやる気」と「常に考える」ということさえあれば、会社は成長していくのです。

 山田昭男さんの言葉に次のものがあります。「社長の仕事は、社員たちの不満だと思われることを、少しずつ消していくこと」

 この言葉が表しているように、社員のやる気が利益を生み出しているのです。

Amazon.co.jp ドケチ道 ―会社を元気にする「生きたお金」の使い方

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

プレッシャーとは、ただの通り道(雑談)

プレッシャーという財産
 ある程度の年齢になってくると、仕事に対する責任は大きくなってきます。

 私も忙しい時期になってくると、仕事に対するプレッシャーに苦しみ辛い思いをしたことが何度もあります。誰もが、このようなプレッシャーを避けて通りたいと思っているはずです。

 ですが、プレッシャーがない仕事というものもどうでしょうか?あまり楽しくないものかもしれません。プレッシャーがないということは、いまの自分にできるレベルの仕事ばかりをしている証拠でもあります。

 なぜなら、プレッシャーを感じるときは、新しい仕事やプロジェクトを任されたとき、難しい仕事など、「なぜ私に」と思うようなときに感じるものだからです。

 このように考えると、プレッシャーは新しい仕事を覚えていくためには、通らなければならない道ともいえます。(プレッシャーの量にもよりますので、必ずしもある方がいいとはいえませんが、多少のプレッシャーは必要です)

 そしてできるならば、プレッシャーを感じる状況に飛び込むことも必要になるのかもしれません。なぜならプレッシャーを乗り越えた経験というものは、何ものにも代えがたい価値があるからです。

 これだけは、行動をおこさないと得ることができません。

挑戦を後押ししてくれるもの
 ただ、ここで大事なことは、企業が私たちを守ってくれるのかということです。

 プレッシャーのある仕事は、その分失敗するリスクも高くなります。失敗をしたときに上司がフォローをしてくれる、企業が守ってくれるという企業文化がないと、挑戦をしようという気持ちが生まれてきません。

 上に立つ人は、そのことを頭に入れておかないといけないのです。

 プレッシャーのある仕事をしていると「ほんとうにどうしょう・・・」という深刻な状態になるときもありますが、個人で仕事をしていない限りは、必ず最後には周りが助けてあげることが必要なのです。

 逆に、それらのフォローをしてくれない企業では、失敗して評価を下げたくないので、多くの人がチャレンジ精神を持つことができません。

失敗を許す
 プレッシャーのある仕事を、例えうまくできなかったとしても、その過程で私たちは新しい力を身につけることができます。

 次に同じようなことがあったときに、今回のことを生かし成功させることができるようになるのです。

 仕事を覚えていくということは、これの繰り返しなのだと思います。

 プレッシャーとは、仕事を覚えていくための道しるべなのです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

人を動かす文章術

誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)誰も教えてくれない人を動かす文章術
著者:齋藤孝
発行所:講談社
発売日:2010年12月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 本書は、書評ブログの大先輩である「ビジネス書のコンシェルジュ」smoothさんのブログ 「マインドマップ的読書感想文」 の記事に載っていたものです。その記事をみて、さっそく読んでみたいと思い購入しました。

この本が読みたくなる一言
 言葉というものには不思議な力があります。

 特に書き言葉は、流れていく話し言葉と違って、より人の心に働きかけるものです。

 本書は、その書き言葉を使い、言葉によって人を動かすための文章を書けるようにしようというものです。

 人を動かす文章というものは、文章の上手い下手は関係ありません。文章が上手い=人を動かす文章とはならないのです。なので、文章が下手でも気にする必要はありません。

 本当に必要なのは、その文章を読んで発見や気づきを得ることができるかどうかなのです。

書くことがいかに大事か
 書くことを意識するようになると、毎日のものの見方が変わってきます。

 私もそうなのですが、書くことを意識すると、常に何かネタがないかと探すようになり、物事も深く知るようになります。

 その結果、目のつけどころがよくなってくるのです。

 これは私の例えなのですが、「文章を書く」というのは、「恋人を探す」ことと似ているのではないでしょうか。

 気になる異性を見つけると、その人のことを意識してしまい、その人に対する見方が変わってきます。

 そして、その人のことをもっとよく知りたいと思うようになるのです。

 その人の新しい一面を見つけると、より惹かれることもあります。

 そのように、気になる異性のことを知りたいと思う過程は、本当に楽しく幸せな時間です。

 文章を書くことも同じなのではないでしょうか。

 物事を深く知ろうと意識することで、新しい発見や気づきを得ることができ、新しい自分までもが発見できる。

 「文章を書く」ことは「恋人を探す」ことと同じくらい楽しいことなのです。(これはいいすぎかもしれませんね)

これぞ新しい発見
 文章を書くことで大事なことは上手い文章ではなく、読む人にとって新しい気づきや発見を与えてくれるものでなければなりません。その結果、人に影響を与えることができるようになるのです。

 第3章では、ビジネスパーソンに必要な報告書や企画書、提案書のような社内文書を書く力を身につけるための方法が、実例を交えながら説明されています。

 どのような文章にも自分の色というものがあるかもしれませんが、それは基本があってのもので、まずは基本のフォーマットを知っておくことは大事なことです。

 第4章では、学生のための文章術について説明されています。この章では、意外な言葉の組み合わせが独自の視点を生み、評価されやすいと書かれています。

 この記事の前半にあった、私が作った例えの「文章を書く」と「恋人を探す」は、この意外な言葉の組み合わせを意識して、無理矢理作りだしたものです。

 他にも、この4章では、文章を書くための手助けになるものがたくさん載っています。

 私もこの章では、色々なことに気づくことができました。

新聞切り抜きノート
 本書では文章を書く練習として、新聞切り抜きノートづくりというものがあります。

 ノートの左ページには、気になった新聞の記事を貼り、右のページには、それについてのコメントを書く。

 これにより、文章を書く練習にもなりますし(もちろん本書で得た書き方を参考にする)社会全般に対するアンテナも敏感になり、話のネタを仕込むこともできるようになります。

 私もさっそく実践してみようと思ったのですが、なんと・・・ノートがない。

 まさかこんなに早く挫折することになろうとは、さっそくノートを買いにいかないと。

Amazon.co.jp 誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。