サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事は楽しいかね?2

仕事は楽しいかね? 2仕事は楽しいかね? 2
著者:デイル・ドーテン
発行所:きこ書房
発売日:2002年7月27日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 仕事において転職をする理由の1つに人間関係があげられます。上司との関係、同僚や部下との関係、これがうまくいっている職場では、楽しくてやりがいがある仕事ができるものです。

 そこで質問です。あなたは「ほんものの上司」と呼べる人に出会ったことがありますか?ほんものの上司とは、会うのが楽しみでしかたがなく、あなたのレベルを引き上げてくれる人のことをいいます。

 「ほんものの部下」はどうでしょうか?ほんものの部下とは、同僚や上司をも向上させてくれる力を持っている人のことをいいます。

 本書には、この「ほんものの上司・部下」になるための方法と「ほんものの上司・部下」の見つける方法が記されています。

ほんものの上司になるためには
 上司であるあなたが、まずしなければならない仕事は、働く人にとって魅力的な職場を作ることです。

 上司は部下を変えようと何かと頑張りますが、部下を変える一番の近道は職場の環境を変えることなのです。

 そして、ほんものの部下を手にいれたいのならば、才能を開花させるチャンスがたくさんある職場にしなければなりません。ほんものの部下というものは、自由と変化、チャンスを常に求めているのです。

 ほんものの部下というのは給料よりも大切なものを知っています。この上司と職場の元ならば、変化やチャンスが得られ、力を試すことができると思える職場を必要としているのです。ほんものの部下は、収入はあとからついてくるものだとわかっているため、職場の環境を重視するのです。

 ほんものの上司になるには、ほんものの部下がここで働きたいと思える環境をつくることが必要になります。人を惹きつけ、優れた人材に売り込める職場をつくるのです。

 ほんものの上司は「最高の人が働くにふさわしい最高の場所」を提供しなければならないのです。

ほんものの部下はどこにいるのか?
 ほんものの部下を手にいれたいのなら、人事部から送られてくる人を待っているようではいけません。待っていてもほんものの部下が現れることはありません。

 なぜなら、ほんものの部下は仕事を探していることなどあまりないからです。

 ほんものの部下というのは、誰もがほっておきません。そのため、常に人から必要とされているため、仕事を探すようなことはあまりないのです。

 ほんものの部下を手に入れたいなら、社内や社外にあなた自ら部下を探しにいかなければなりません。

 上司の仕事は、才能ある人材を見つけて口説き落とすことなのです。そのためにも、常に有能な人のリストを作っておかなければなりませんし、口説き落とすための職場の環境を作っておかなければいけないのです。

 本書では、この職場の環境づくりについて多くのことが書かれています。

 最高の職場をつくれば、最高の人たちが集まる。最高の人たちの結びつきから、最高の仕事ができる。これが、長く仕事を続けていくうえで大切なことなのかもしれません。

Amazon.co.jp 仕事は楽しいかね? 2

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

社会企業家になる方法

社会起業家になる方法社会起業家になる方法
著者:大島七々三
発行所:アスペクト
発売日:2009年3月9日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書の冒頭に書かれているのですが、本書は社会起業家になる方法が示されているわけではありません。本書は、社会起業家という道を選んだ6人の方のエピソードが語られているのです。

 彼らは、たくさんある仕事の中で、なぜ社会起業家という道を選んだのでしょうか?彼らを突き動かしているものとはいったい何なのでしょうか?

 本書では、彼らの生き方を通して社会起業家というものが、いったいどういうものなのかが解説されているのです。

社会起業家とは?
 私たちが住む社会には、解決されていない数々の問題が潜んでいます。それら社会問題の解決に取り組むために働く人たちのことを、社会起業家と呼ぶのです。

 彼らに共通しているもの、それは従来の価値観とはまったく異なるものです。

 彼らを突き動かしているものとは「お金」ではなく「社会貢献」という新しい形なのです。

 そんな彼らにとっての仕事の報酬とは、社会貢献を通して得ることができる、彼らにしかできないことを成し遂げるという生き方なのかもしれません。

仕事として成り立つのか?
 社会起業家には大きな課題ともいえる問題があります。彼らは社会貢献を目的としているために、事業を運営する資金面での問題があるのです。

 社会起業家たちが取り組む仕事は、通常ビジネスになりにくいものです。(ビジネスとして成立するのならば、すでに企業が進出している)なので、利益を上げることは難しいということがあります。

 それに、彼らが利益を求めることによって、社会貢献という目的を見失う可能性もでてくるのです。ですが、事業を継続させるためには最低限のお金は必要になります。

 では、どうしているのかというと、本書にでてくる人たちは、別で仕事をしていたり、自分のお金をもち出したりしている人が多いのです。

 そんな彼らの事業を後押ししてくれるものが、補助金や寄付といったものなのです。

 現在は企業も社会的責任(CSR)が問われる時代になってきています。これからの社会起業家は、それら企業と提携しながら、事業の継続と社会貢献を続けていく形を取っていくことが必要となってくるでしょう。

 ただここで私が感じたことは、すべての社会起業家が寄付や援助を受けているわけではありませんが、寄付や援助を受けている人は、そのお金がどのように生み出されたのかも考えなければいけないと思うのです。国からの援助ならば、それは国民の税金ということになります。

 そのためにも社会起業家という人たちには、ある程度の結果が求められるようになるのだと思います。

彼らを突き動かすもの
 彼らはみな、自分が解決しなければならないという問題を見つけることから始まっています。

 本書に「気づいた人の責任」という言葉があるのですが、まさに彼らは何かに気づき、それを何とかしたいという熱い思いから社会起業家という道を選んでいるのです。

 ただ、私たちにもできることはあると思うのです。例えば、車の小さな部品を作る仕事であっても、その部品があって車が動き、車を必要としている人々に快適な生活を提供できる、助けることができるのですから、それも社会に貢献していると言えると思うのです。

 私たち1人ひとりがより高い意識をもって仕事をすることでも、十分に社会貢献を果たすことはできるのではないでしょうか。

Amazon.co.jp 社会起業家になる方法

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

教えたくてしかたがないこと

申し訳ございません(この記事の訂正です)
 「わんラブな日々」 のブログのリンク先を間違って設定していました。クリックしていただいていた方は、本当に申し訳ありません。

 リンク先を訂正していますので、よろしければ訪問してみてください。

 あれでは、まったく詩の意味がわかりませんよね。

 コメントで間違いを教えていただいた、azamiさん、ありがとうございます。

 そして、ふわころ本舗さん、本当に申し訳ありませんでした。

少しわがままを
 どうしても、人に自分の知っていることを教えたくなることってありませんか?

 相手が知りたがっていなくても、どうしても言いたい、黙っていられない。秘密とまではいかなくても、自分の感性というか、自分の好きなものを人に理解してもらいたいという気持ち、みなさんありますよね?

 そうなってしまったら聞かされる方の気持ちも考えずにしゃべり始めてしまう。聞かされる方は、たまったものではないでしょうね(笑)

 そんな前置きをしながらも、今回は私がどうしても言いたいことを発表したいと思います。

 実は・・・すばらしい記事を見つけたのです。(すごく胡散臭くなってきましたね(笑))

 それは、ある写真が載っている記事です。

冒険してみました
 その前に、私のブログ知り合いである「空花さん」 (ブログ 海と空と花) の影響を受け、恥ずかしながらも、その写真で詩を作ってみました。(これを詩と呼べるのかはわかりませんが)

 まるで古い映画から出てきたような
 澄んだ瞳で僕を見る
 何でも買ってあげたくなる
 そんなことが出来たらいいのに
 もう言葉は必要ない
 魔法にかかっているのだから
 君の居場所
 隣の箱は空いているかい?

 「空花さん」どうですか?身体がかゆくなりそうな言葉ですけど、ちゃんと書けていますか?

いったいどんな写真かな
 みなさん、この詩から何が想像できるでしょうか?って、今回は読書ブログの記事ではないので「みんなついてきてくれていますか!」と心配になりますが、その答えがこちらのブログにあります。

 「わんラブな日々」 ふわころ本舗さん、すてきな写真ありがとうございます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

残り97%の脳の使い方(後半)

残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~
著者:苫米地英人
発行所:フォレスト出版
発売日:2008年11月23日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る

 今回は前回の記事の続きです。

脳は変化が嫌い
 脳は慣れ親しんだところを安全で安心できる場所だと考えます。これを「コンフォートゾーン」というのですが、脳はこの状態で最高のパフォーマンスを発揮できます。

 そして、脳には「ホメオスタシス」という力が働き、現状維持を望むようにできています。この「ホメオスタシス」も言いにくいので、「変化を嫌う心」としておきましょう。

 この変化を嫌う心(ホメオスタシス)が働くために、現在の生活を変えようとしても、脳は安全で安心できる場所に現状維持しようとして、なかなか変えることができず、いまいるコンフォートゾーンからも脱出できないのです。

 そしてコンフォートゾーンが変わらなければ、あなた専用眼鏡(スコトーマ)の力によって、あなたの現状で見えるものしか見えてきません。

 例えば、お金持ちでない私たちが、お金持ちになろうとしても、変化を嫌う心(ホメオスタシス)の力によって、脳はお金持ちでない状態を維持しようとします。

 そうなると、コンフォートゾーンもお金持ちでない世界となり、その世界で脳はパフォーマンスを発揮しようとします。そしてあなた専用眼鏡(スコトーマ)によって、お金持ちに見えるものが見えてこないのです。

 わかりやすくするためにお金の話になっていますが、どのようなことでも当てはまります。例えば、経営者と従業員は同じ情報を見ていても、見えているものは違うということは誰でもわかりますよね。

現状の壁を突破する
 では、私たちがこの変化を嫌う心(ホメオスタシス)の力をはねのけ、コンフォートゾーンを変えるためには、どうすればいいのでしょうか。

 コンフォートゾーンを変えるとは、あなたがいま過ごしている生活ではなく、あなたが目指している生活にいることで脳が安心するようにするということが大事になります。

 そのために必要になるのが「エフィカシー」です。エフィカシーとは、自分の能力に対する自己評価のことです。

 エフィカシーを高い状態(自己評価を高くする)に維持することにより、脳は無意識の内にコンフォートゾーンを変えてしまうのです。

 本書では、このエフィカシーを高めるために、自分のイメージをどのようにつくりあげるのがよいのかが説明されています。

 そして、コンフォートゾーンが変わるとどうなるでしょうか。いままでのあなた専用眼鏡(スコトーマ)がはずれ、いままで見えていなかったものが、自然と見えてくるようになるのです。

 ここでも変化を嫌う心(ホメオスタシス)が働き、今度は新しいコンフォートゾーンを維持しようとする力が働きだすのです。

 あなたがしなければならないたった一つのことは、エフィカシー(自己評価)を高めることだけです。あとは脳が勝手に目標を達成するための情報を集めてくれるのです。

引き寄せの法則
 引き寄せの法則の「思考は現実化する」というのは、このエフィカシー(自己評価)と同じことなのではないでしょうか。

 自分が目指していることをイメージし、すでにその世界にいるように振る舞うことで、コンフォートゾーンを変えるのです。

 これが引き寄せの法則を脳と心の仕組みから見た答えなのです。

 今回の記事は、自分で書いていても少しわかりにくくなってしまいましたが、本書はこれらのことを、もっとわかりやすく解説されています。

Amazon.co.jp 残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。



ザ・シークレットザ・シークレット
(2007/10/29)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る
関連記事

残り97%の脳の使い方(前半)

残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~
著者:苫米地英人
発行所:フォレスト出版
発売日:2008年11月23日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本を読むキッカケ
 本書を読むキッカケになったもの、それは「ザ・シークレット」という1冊の本です。著者は「ロンダ・バーン」という人なのですが、この「ザ・シークレット」は引き寄せの法則について書かれています。

 引き寄せの法則をわかりやすくいうと「思考が現実化する」というものです。

 今のあなたは、今までの思考、今までの行動により作りあげられています。その思考に注意し、あなたが引き寄せたいと思うものと同じ思考を常に放射することにより、あなたが望む、どのようなことでも引き寄せられ、叶えることができるようになるというものです。

 この「ザ・シークレット」では、思考を中心に語られています。

 そして、今回紹介する「残り97%の脳の使い方」は、この引き寄せの法則の原理を脳と心の仕組みから、理解できるようになっているのではないかと思ったからです。私は、そこに興味を持ち読んでみることにしました。

 本書はブログ 「お勧めビジネス書の書評」 のタカダヨシヒコさんに教えていただいたものです。

 もちろん本書は、引き寄せの法則のことについて書かれているわけではありません。本書では、他人を動かす技術、目標を達成する技術を学ぶためのことが脳の視点から書かれています。

人によって見えるものが違う
 私たちは、日々たくさんの情報に接していますが、それらの情報は無意識の内に選択され届けられています。ですが、同じ情報に接していても、何かに気づく人と、何も気づくことができない人がいるのはなぜでしょうか。

 私たちは、自分にとって重要な情報であれば、意識していなくても勝手に目に飛び込んできます。ですが、それ以外の情報(重要でないもの)は、どれだけそれを見ていても、目に飛び込んできません。目に飛び込んでこないということは、気づくことができないのです。

 人によって、同じものを見ていても、見えているものが違ってくるのは、このためです。

 このことからもわかるように、あることに集中してしまうと、他のものは見えなくなってしまいます。本書では、このことを心理学用語で「スコトーマ」というらしいのですが、一言で説明できなかったため、このような長い説明になりました。(これで伝わるでしょうか)

 この「スコトーマ」によって・・・何か言いにくいので、「スコトーマ」を「あなた専用眼鏡」と呼び方を変えましょう。 

 この「あなた専用眼鏡(スコトーマ)」によって、同じ情報を見ていても、Aということを意識している人はAに関連する情報が見えてきますし、Bということを意識している人はBに関連する情報が見えてきます。

成功する人が見ているもの
 成功する人が、より成功していくのは、私たちと同じ情報を見ていても、成功することに関しての情報を多く見つけ、それだけチャンスを見つけることができるからなのです。

 私たちは、常にどのような情報を知りたいと思っているかで、見えてくるものが違うのです。

 成功者と同じ「あなた専用眼鏡(スコトーマ)」を持つことができれば、あなたにもチャンスを見つけることができるようになるのです。

 以上のことをふまえて、覚えておきたいことは、あなたが見ているものはすべてではないということです。

 別の人には別のものが見えている。あなたは自分が見つけたいと思っているものが見える「あなた専用眼鏡(スコトーマ)」を装着できるようにならなければいけません。

 本書では、それをどのようにすればできるようになるのかが説明されています。

 記事が長くなりますので「脳は変化が嫌い」と「現状の壁を突破する」「引き寄せの法則」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。



ザ・シークレットザ・シークレット
(2007/10/29)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る
関連記事
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。