サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの話はなぜ「通じない」のか(後半)

あなたの話はなぜ「通じない」のかあなたの話はなぜ「通じない」のか
著者:山田ズーニー
発行所:筑摩書房
2003年10月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

問いを共有しているか
 相手と話をしていて、何か違和感があるということはよくあることだと思います。

 それは、意見の元になる「問い」の共有ができていないためにおきることなのです。

 問いの共有ができていないというのは、例えば、先ほどのお笑いの話でいえば、松本人志さんの今後についての話をしていて、私は、映画監督としての今後について意見を言っているのに、あなたは、芸人としての今後についての意見を言っているようなことです。

 これでは、お互いの意見が合うことはありませんし、「なぜ」そう思うかを一生懸命語っても、共感されません。

 そもそも、2人の「問い」が食い違っているのですから、理解しあうのは難しいことです。このように、話し始めるときには、まず「問い」を共有することが大事です。

 話が通じ合うためには、相手の「問い」を理解することが必要になります。そして、それについて答えることで、相手はこちらに共感を抱いてくれますし、こちらの話も通じやすくなります。

 そのために必要な力が「理解力」です。理解力は準備をすることで身につけることができます。事前に相手の言動や仕事を理解してから話し始めると、相手との「問い」が格段に共有しやすくなります。

共感が最強の方法
 相手に届く言葉で一番よいのが、共感を入口としたコミュニケーションです。

 特にコミュニケーションは最初が大事です。最初のイメージが、後々まで引きずることはよくあることです。

 最初に相手を否定するようなことはしてはいけません。そうすると、その後の言葉は、いくら正しいことをいっても、聞いてもらえなくなります。

 それと、自分の身の丈を超えたもの言いは、あなたのメディア力を小さく見せるだけです。相手との関係性もありますが、相手を高いところから見下ろすような話し方をしてはいけません。

少し考え方を変えてみる
 このように、話が通じ合うためには、いろいろな努力が必要になります。

 そんなことをしてまで、話が通じ合う必要はないのではないかという意見も当然あると思います。通じる相手だけと話をしていればよいというものです。たしかに、話しにくい相手に、こちらが合して話さなければならない理由などはないのかもしれません。

 しかし、こちらがそのような気持ちでいれば、相手の発言は、すべてネガティブなものにしか聞こえません。ですが、実際はどうなのでしょうか?あなたが相手のことをわかろうとすれば、もっと違うように見えるのではないでしょうか?相手もこちらの態度をみて、話しにくいと思っているだけかもしれません。

 本当は、お互い話しやすい人なのかもしれません。

 話すという機会を有意義にするためにも、少し考え方を変えてみるのもいいかもしれませんね。

Amazon.co.jp あなたの話はなぜ「通じない」のか

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

あなたの話はなぜ「通じない」のか(前半)

あなたの話はなぜ「通じない」のかあなたの話はなぜ「通じない」のか
著者:山田ズーニー
発行所:筑摩書房
2003年10月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 話が通じない辛さというものは、誰もが感じたことがあるものだと思います。

 私も自分が言いたかったことが、ぜんぜん相手に伝わっていなくて、辛い思いをしたことがあります。一生懸命自分の想いを伝えても、相手に間違って伝わることも多くあります。

 それだけ、コミュニケーションというのは難しいものです。

 その反面、コミュニケーションで結果を出すだけなら、ウソをついて相手を操作すれば、それでうまくいくこともあります。

 しかし、そのようなことをして、うまくいっても、虚しさだけが残る結果になります。

 自分を偽り、本当のあなたで通じ合うことを諦めてしまったら、そこから先の繋がりなどないのです。

 本書では、どのようにすれば、あなたの想いを伝えることができるのかが説明されています。

メディア力
 「何を言うか」より「誰が言うか」の方が重要なことは、よくあることです。

 例えば、お笑いについて語る場合、私が語るのと、ダウンタウンの松本さんが語るのとでは、まったく同じ内容のことを語っても、受け手の印象はまるで違うものになります。それは、メッセージの語り手が、周りからどのように見られているかということが関係しているのです。

 本書では、このメッセージを語る人のことを「メディア(媒介)」と呼んでいるのですが、誰が言うかで、まったく違う結果になります。

 必要なのは、相手から見て、その人が信頼できる人かどうかということです。信頼されている人の話ならば、少々言葉が足りなくても、誤解を招くことなく話が通じるようになります。逆に、どれだけ正しいことを言っていても、信頼がなければ、話は伝わりません。

 このことから、話が通じ合うようになるためには、日頃から人との関わり合いの中で、自分というメディアの信頼性を高めていかなければならないのです。

 1つの分野でよいのです。あの分野の話なら、あの人の言うことは信頼できる、といわれるようになるために、メディア力を高めていくのです。

 それも、自分からメディア力をわかってもらえるように伝えていかなければなりません。なぜなら、私たちのイメージは、ほとんど外からの情報で決められているからです。

 私たちは、相手がどのような人なのかを相手自身に尋ねるのではなく、周りの情報で、その人がどのような人なのかを判断しています。そのため、あなたが自分自身で自分のことを伝えていかなければ、憶測で判断されたり、噂や部分的な情報だけで判断されることになります。

 大事なのは、相手があなたのことをどう見ているのかということなのです。

論理の力で、話を伝える
 論理で通じ合う大原則は、「意見」と「なぜ」です。この2つをはっきりさせることができれば、どのようなコミュニケーションでも、ほぼまかなうことができます。

 「意見」がない話は、相手にとっては、結局何が言いたかったのかが、わかりませんし、「なぜ」がない話は、ただのへ理屈にしか聞こえませんので納得できません。

 まずは、この2つを意識するだけでも話は格段に伝わりやすくなります。

 これは、相手の話を聞くときにも同じです。相手がいいたい意見は何なのか、なぜそのように思っているのかというのを、見つけ出すことは、通じ合うための最低条件ともいえます。

 そして、これは訓練できるものです。文章でも何でもよいので、この人は「何がいいたいのか(意見)」「なぜそういえるのか(なぜ)」を見つける癖をつけることで、論理力を鍛えることができます。

 記事が長くなりますので「問いを共有しているか」と「共感が最強の方法」「少し考え方を変えてみる」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp あなたの話はなぜ「通じない」のか

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

素直に聞く気持ち(雑談)

あなたは人の意見を素直に聞きますか?
 私はできる限り、人からもらった意見やアドバイスは素直に聞くように心がけています。それは、自分では気づいていない新しい一面を見つけるヒントになることがあるからです。

 それに、聞くのはタダなのですから、聞かなきゃ損ですよね(笑)

 素直に聞くといっても、他の人の声に耳を貸すには、心の度量というものが必要になります。なぜなら、他の人に何かを言われるということは、イラッとすることの方が多いからです。

 ですが、そこには新しい可能性も隠されています。私たちの思考は、深い溝のように同じところを、つねに通るようにできています。その溝から、脱出するためにも、違う考え方を持つ人の意見は大切なのです。

 自分の軸になる考え方まで変える必要はありませんが、考え方が偏ることを防ぐためにも、他の人の意見を聞くことは大事なことです。

動き出すために
 それに、人の意見を素直に聞くということは、素直に現実を受け止めるということにも繋がります。周りは変化しているのに、あなただけが頭を固くし、動いていないこともあるのです。

 もちろん、ネガティブな意見には耳を貸してはいけません。ネガティブな意見は、自分の行動を制限してしまいます。

 素直に聞くのは、ポジティブな意見だけにしておき、なるべく実行するように心がけましょう。

 特に自分に自信がなかったり、迷っていたりして動けないときには、人の意見に乗っかることも、動き出すための1つの方法だと思います。

 ただ、どんな話でも素直に聞けばよいというものではありません。特にうまい話には気をつけなければいけませんよ。(儲け話など)

どの意見を素直に聞けばよいのか
 その判断の1つに、相手の行動をよく見てみるということがあります。

 言葉だけではなく、行動がともなっている人は、あなたのことを真剣に考えてくれている証拠でもあります。

 行動は過去の積み重ねでもあります。行動を見ることで、その人の人柄を判断することができると思います。

 特に身近な人の意見の場合は、あなたのことを時間をかけて考えてくれていることもあるのですから、頭ごなしに拒否するのではなく、最後まで話を聞く姿勢は必要ではないでしょうか。

 あなた自身が気づいていない強みを発見できる手助けになることもありますので、自分の考え方だけにこだわり、自分の強みは「これだ!」と決めつけるのではなく、別の強みもあるかもしれないと考えておくべきです。

 私も、このブログで知り合った方に、つい最近、いろいろアドバイスをもらう機会がありました。その中でも自分にプラスになると思えることは、どんどん実行させていただこうかと思っています。

 自分の芯という軸は、しっかり持っておいた方がよいでしょうが、試しにできることは、どんどん試してみたほうが、新しい発見もでき、充実した日々を送ることができるようになりますよ。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

スピード・ブランディング(後半)

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させるスピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる
著者:鳥居祐一
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2008年12月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

自分の価値を広める
 あなたが見つけた自分の価値を広めるためには、マイメディアの活用が欠かせません。

 本書では、ブログをブランディングに活用しています。

 ブログは自分の価値を高めるためのアウトプットの場にもなり、成長にもつながります。そして、有益な情報を発信し続ける(これが大事)ことで、ファンを増やし、影響力を持つことができるようになります。これが価値を広めることになるのです。

 特に、ブログで自分の学んでいる姿を見せることは、共感を持ってもらうために必要なことです。つねに学んでいるという姿勢は応援したくなるものです。

 メルマガも同じです。大事なのは、つねに有益な情報を発信し、貢献するということです。

 本書では、その他に名刺やプロフィール、Youtubeなどの活用の仕方も載せられています。

マイメディア7つのメリット
1 信用力がアップする
2 人脈が広がる
3 情報が集まってくるようになるので、ますます専門化が進む
4 仕事が向こうからやってくるようになる
5 価格競争に巻き込まれなくてすむようになる
6 メディアに取り上げられるようになる
7 出版できる可能性が高まる

 ここで、私が一番大切だと思ったところは、3です。

 よい情報を発信するということは、よいフィードバックを得ることができますし、よい情報も集まるようになります。インプットしたものをアウトプットした結果、よりよいインプットをまた得ることができようになるのです。

 これにより、情報のスパイラルが生まれて、一人では得られない情報がどんどん集まり、専門性が高くなっていきます。

ブランディング7つのステップ
1 肩書きを考える
2 プロフィールを作る
3 ブログやメルマガを始める
4 ホームページを作る
5 勉強会やセミナーを開催する
6 専門性の高いレポートや小冊子などで情報提供する
7 出版する

 肩書きを考える。これはニックネームのようなものです。

 これを考えるのは、おもしろいですよね。なんでもよいので、一言で表せる特徴のあるものをつけましょう。

 読書ブログで、「本のソムリエ」というものがありますが、これなんかは、素晴らしいニックネームだと思います。私の「読書1万時間」は、特徴が伝わらない悪い例ともいえますね。

 ニックネームをつけたら、それにふさわしいイメージを想像し、それにふさわしい人になるために必要なことを実行していかなければなりません。

 そして、ブランディングには、本名での情報発信がよいようです。情報に対する責任感も増し、信頼を得やすくなります。それに顔写真も載せることで、メディアに取り上げられたときの効果は高くなります。 これは、プライバシーの問題もあるので、なかなか難しいとは思いますが。

 そして、ブランドの確立に非常に効果が高いのが、セミナーの講師になることと、出版することです。評判や信用が一気に上がります。

 5、6、7のステップはすこしハードルが上がります。しかし、本書を読むと、実際は、そんなにハードルは高くないようです。5、6は、初めからできる人はいないのが当然で、やはり慣れることが必要になります。慣れれば誰でもできるようになれるみたいです。

 4までのステップでも、ブランディングに十分効果を出すことはできると思います。あとは、Twitter、Facebookなども併用し、ブランディングをしていくことがよいと思います。

 本書では、ブログやメルマガ、ホームページのつくり方、セミナー講師のなり方、小冊子の出し方、出版のしかたが詳しく載っているわけではありませんので、詳しくは別で調べてもらわなければなりません。

Amazon.co.jp スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

スピード・ブランディング(前半)

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させるスピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる
著者:鳥居祐一
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2008年12月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 これからの時代は、自分自身をブランディングするということが、ますます大事になってきます。

 なぜなら、就職難、グローバル化の波、外国人労働者などにより、いままでのように、ただ仕事をこなしていればよいという時代ではなくなってきているのです。

 そんな中で自分を守るためには、自分の価値を高めるしかありません。自分自身で状況を変えることが必要なのです。

 そして、どれだけあなたが価値のある人であっても、それを周りに伝えなければ意味がありません。周りにあなたの価値が認識されれば、情報、人脈、影響力を得ることができるのです。

 本書では、あなたの価値をマイメディアで発信することを目的としています。

 マイメディアとは、現在では、Twitter、Facebook、その他SNS、Linkedin(リンクトイン:転職の履歴書代わりつかうSNS Linkedinの記事はこちら)などがありますが、本書は、2008年12月の書籍ということもあり、ブログとメルマガを中心に、あなたの価値を高め、広げていく方法が記されています。

 本書は、1つ1つのことが詳しく載っているというよりも、どちらかといえば全体像を理解するための書籍です。そのため、興味があるものは、別の書籍で調べる必要があります。

ブランドの必要性
 会社にもブランドがあるように、個人にもブランドがあります。特に起業したい人や先生と呼ばれる仕事をしたい人にとっては、ブランドが必要になります。

 なぜなら、ブランドを持つことで、安心感というイメージを与えることができますし、価格競争に巻き込まれなくてすむようになります。

 そのためにも、あなた自身がブランド力を身につけ、消費者に支持してもらうことが必要になるのです。

 まずは誰にも負けないという一芸を身につけ、それを多くの人に知ってもらうことから始めましょう。

自分の価値を見つける
 自分の価値を見つけるといっても、これが結構難しいもので、何でもよいというわけではありません。

 これはポジショニングの話になるのですが、なるべく競争相手が少ないところを選らばなければなりません。それと、よくいわれるのが、オンリーワンやナンバーワンを目指すというものです。

 大企業のウィークポイントを見つけて、そこに自分の価値を見つけるのも1つの方法です。

 分野をかってにつくってもかまいません。真田幸村を語らせたら誰にも負けないとか、夜景評論家など、ニッチなところを狙うのもよいかもしれません。


 一番大事なことは、自分の独自の強み(USP)を見つけることです。時間を忘れるぐらい楽しいことや、得意分野、趣味でもかまいません。とにかく、それが好きで誰にも負けないというものです。

 記事が長くなりますので「自分の価値を広める」と「マイメディア7つのメリット」「ブランディング7つのステップ」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。