サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中卒の経済学

中卒の経済学―「路地裏」経済・金融考 (アスカビジネス)中卒の経済学―「路地裏」経済・金融考 (アスカビジネス)
著者:高木明房(銀蔵さん)
発行所:アスカ・エフ・プロダクツ
発売日:2007年7月25日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


献本していただきました
 今回紹介させていただく書籍は、私のブログ仲間である銀蔵さんから献本していただいた本です。その時の記事はこちら「銀蔵さんから書籍をいただきました」 銀蔵さん、ありがとうございます。

 銀蔵さんのブログ 「ドアを開けろ」

この本が読みたくなる一言
 まずは一言「もっと早くこの本に出会っていたら・・・」本書は、この一言で言い表せます。

 なぜなら、この本にもっと早く出会っていたら、ここが大事なところなので、強調しておきますが、私の場合は2・3冊は本を無駄に買わずにすんでいたのではないかと感じたからです。

 それほど、本書の内容である、金融と経済という難しい分野を、カタくない文章で、わかりやすく説明してくれています。

 金融や経済の本といえば、何か難しいイメージがあり、読んでいても退屈なものが多く、そのため敬遠されがちです。

 しかし、本書は、わかりやすく書かれているだけでなく、適度に笑い?が散りばめられていて、テンポよく読み進めることができる本になっています。

 特に私が興味を引かれたのが、第7講以降です。金融や経済の本は、何冊か読んできましたが、それらには載っていない、しかし、私たちにとっては、こちらの方が重要ではないかということが載っています。(本書の目次は、記事の最後に載せています)

 本書は、2007年7月の書籍のため、現在には当てはまらない内容のものもあるかとは思いますが、基本を知るには、よい1冊になっています。

知っておいてほしいこと
 私も、本書の著者と同じで、少しでもよいので金融や経済の知識を知っておくことは必要なことだと思っています。

 では、なぜ金融や経済の知識が必要なのでしょうか?

 本書では、このようにいっています。「何の知識も持たず大切な資産を守る術も知らず株取引を始める、あるいは始めようとする人が後を絶たない。まるで中東の危険地域に丸裸で立っているようなものである」

 これは、株取引の話ですが、それだけではありません。私たちは、あまりにも無防備な状態にさらされています。甘い話や詐欺など、危険はいたるところにあるのです。

 自分には関係ないと思っている人が1番あぶないのです。

 自分自身の資産や、自分自身の身を守るためには、ある程度の金融・経済の知識は知っておかなければなりません。

 本書でなかったとしても、この手の書籍は必ず読んでおいてほしいのです。

 ほんの少しの知識でも、知っているのと知らないのとでは被害が大きく違ってくるのです。

第7講 一般教養としての「闇金」
 「闇金」なんて、ほとんどの人が関係ない話だと思われることでしょう。

 しかし、あなたに自覚がなくても、いつ巻き込まれてしまうかわからないものです。

 そのためにも、闇金に対する知識は知っておいたほうがよいものです。

 ここでも知識を知っていれば、少なくとも危険な目にあったとき、冷静に対処できるようになれるはずです。「あっ!この本に書いていたのと同じだ!」という感じでね。

第8講 どう記録され利用されるのか「個人信用情報」
 これは、私も初めて知ったのですが、ローンやクレジットカードの利用状況というものは、必ず個人信用情報機関というものに登録されることになっているようです。これは、銀行などお金を貸す側が、私たちのことを調べるための機関です。

 どのようなことが記録に残るのかというと、ローンやクレジットカードの利用状況、その他にローンの支払いが遅れたりしたことも記録に残ります。これにより、銀行などは、この人にお金を貸しても大丈夫なのかという判断材料にするのです。

 これで、ダメだとなれば、お金を借りたいときに借りれないということが起きるのです。

 もちろん本書には、そうなったときは、どのような情報が登録されているのかを、情報開示という方法で調べてから、どのようにすればよいのかという解決策を提案してくれています。

 私たちの、そういった情報は、個人信用情報機関に加盟していれば、加盟店に情報が共有されることになりますので、注意が必要です。

最後に
 本書を読んでみて、いまのあなたには関係のないこともたくさんあるかもしれません。ですが、いつその状況に陥るのかは、わからないものです。

 そうなってからではなく、そうなる前に知っておく、それが被害を小さくする1番の方法なのです。

目次
 第1講 今さら人に聞けない「バブル」
 第2講 奥様も大学教授もすなる「株」
 第3講 他人を信用して任せる「投資信託」
 第4講 宝クジで考えるとわかる「オプション取引」
 第5講 大豆の中に世界が詰まっている「商品取引」
 第6講 誰がトクをしているのか「クレジットカード」
 第7講 一般教養としての「闇金」
 第8講 どう記録され利用されるのか「個人信用情報」
 第9講 金融学を学ぶ宝庫「MONEYの寺」
 補講  大学教授とパチンコ屋の社長


Amazon.co.jp 中卒の経済学―「路地裏」経済・金融考 (アスカビジネス)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

いま、すぐはじめる地頭力(後半)

いま、すぐはじめる地頭力いま、すぐはじめる地頭力
著者:細谷功
発行所:大和書房
発売日:2008年6月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

結論から考える
 結論から考えるというのは、目的地を仮に設定して、そこに自分を置いてみるという思考法のことです。これを本書では、仮説思考といっています。

 まずは、目的地を意識することで、今の自分と到達すべき自分とのギャップを明確にすることが大事です。そうすることで、いま現在、足りないものが何なのかがわかり、その情報を効率よく集めることができるようになるのです。

 本書では、仮説思考のことを、①いまある情報での最善の結論(仮定)を想定し、②情報の精度を上げていきながら適宜その仮説を修正し、③最終結論に至る思考プロセスのこと、といっています。

 この仮説思考で大事なことは、いまある情報で、ある程度の目的地を決めることです。目的地を決めずに、情報を集めるということは「とりあえず」の情報ばかりを集めることになり、労力が増え、進む方向も定まりません。

 それとは別に、情報を完璧に集めようとしてはいけません。完璧な情報など集まりませんし、情報が集まらなければ、行動できないというのでは、いつまでたっても行動できないままです。それに、情報が集まりすぎても、それが不安材料になり動き出すことができなくなることもあるのです。

 ある程度で目的地を想定し、それに必要な情報を集め出すことで、そこから新たな発見があれば、そのつど目的地を修正していく、このプロセスを繰り返すことが大事なことなのです。

 それを実行するためには、つねに目的地を意識しておかなければなりません。考えるという作業には、目的地は必ず必要なのです。

 本書では、この仮説思考を「カーナビ」に例えているのですが、これは非常にわかりやすく説明されています。

単純に考える
 単純に考えるというのは、抽象化思考力のことをいいます。

 抽象化思考力を説明するのは難しいので、本書を読んでいただきたいのですが、単純にいうと、対象物から「離れて」考えることをいいます。

 私たちは、どうしても小さなことや小さな違いにこだわってしまいます。そうなると、物事が狭い範囲でしか見えなくなってしまい、それを他の人に説明しようとしても伝わりにくいものになってしまうのです。

 抽象化とは、細かいものにこだわるのではなく、対象物から、重要な特徴を取り出し、そこから別のモノとの共通点を見つけ、誰にでもわかるように、一般化する作業になります。

 それは、一見異なっているものの中から共通点を見つけ出す作業ともいえます。

 共通点を見つけることができるようになると、物事の特徴を的確に捉えることができるようになりますし、そこから、別のモノに発想を活かすこともできるようになります。それに、一般化されたものは、人にも伝えやすくなります。

 本書では、ビジネスと戦争から共通点と相違点を探してみたり、ビジネスと恋愛から共通点と相違点を探してみたりしています。そうすることで、恋愛で使われている手法が、ビジネスで活用できることもあるということを見つけることができるようになるのです。

考え始めるために
 私も、ついつい考えることを放棄して、すぐに答えを調べたり、外部から得た情報を、そのまま利用したりしてしまいます。

 考えるという作業は、始めるまでが大変なのですが、1度考え始めれば、自然と思考というのは、続いていくのではないでしょうか。

 あとは、そのきっかけをつくることができればよいだけなのです。

 そのきっかけを掴むヒントを、本書で得ることができるのです。

Amazon.co.jp いま、すぐはじめる地頭力

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

いま、すぐはじめる地頭力(前半)

いま、すぐはじめる地頭力いま、すぐはじめる地頭力
著者:細谷功
発行所:大和書房
発売日:2008年6月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 地頭力とは、わかりやすくいうと、与えられた情報だけで問題を解決するために、自分の頭を使って考えることをいいます。

 この「考えるという作業」いつの間にか、どんどん減ってきていることに、あなたは気づいているでしょうか?

 現在は、何かわからないことがあれば、インターネットで簡単に調べることができるようになりました。その生活に慣れてくると、知識の量というものは、どんどん増えてくるのですが、「自分の頭を使って考える」という力は、どんどん衰えてきます。

 なぜなら、調べて得た知識を加工することなく、そのまま使ってしまうからです。それが、本書でいう思考停止の状態に陥っているといえるのです。

 クラウドというものがあるように、外部脳を持つことは、これからの時代ますます必要になってくるでしょう。しかし、その外部から得た情報をどのように扱うかが、最も重要な問題になってくるのです。

 誰でも手に入れられる知識を持っているだけでは、他の人との差別化はできません。その情報にいかに付加価値をつけることができるかが、重要になってくるのです。そのために必要になるのが、考える力=地頭力なのです。

 インターネットで得る知識がダメだということではありません。

 地頭力とは、考え力でありアウトプットであります。アウトプットするにはインプットが必要です。そのインプットには、インターネットの力を最大限活用すべきなのです。

問題解決に使える
 地頭力は、問題解決に大きく役立ちます。

 本書では、問題解決のプロセスをこのように説明しています。①情報を集める→②価値を加える→③伝える。地頭力は、この「価値を加える」というところに大きく影響しているのです。

 インターネットで、誰でも同じ情報を手にいれられるようになると、情報を集めるということでは、他の人より抜きんでることはできなくなります。そうなると、自分の頭で考えて、価値を加えるというところで、問題解決の価値を高めていかなければならなくなるのです。

 そして、本書では「結論から」「全体から」「単純に」考えるという地頭力の基本の部分に重点を置き説明されています。

思考停止
 地頭力で一番大切なことは、自分の頭を使って考えるということです。

 私たちは、他人の意見に流されたり、依存したりしてしまいます。この状態は、自分自身で考えていない思考停止の状態といえます。思い込みや過去の経験・知識などに囚われることも同じです。

 どんなことでも、つねに自分の頭で考えることを意識しておかなければなりません。考える力が身につかなければ、いつまでたっても物事の表面しか見えず、本質を見抜くことができないのです。

 この考え始めることに大切なのが「なぜ?」という問いかけなのです。思考は、この「なぜ?」という問いかけから始まるのです。

 記事が長くなりますので「結論から考える」と「単純に考える」「考え始めるために」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp いま、すぐはじめる地頭力

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

提供できるもの(雑談)

店長ごっこ(笑)
 今回は、飲食店や雑貨屋などの、お店の店長になったつもりで、あなたならどのような価値を提供できるのかを、この記事を読みながら考えてみてください。

 あなたなら、お客様に何を提供できるのと考えるでしょうか?

 もちろん、よい商品を提供することは当然のことですが、それだけでよいのでしょうか?考えなければならないことは他にもたくさんあるはずです。

 ここで、提供というものが、どのようなことか、もう1度考えてみたいと思います。例えば飲食店なら、提供とは食事ということになります。

 しかし、食事以外にも提供できるものはたくさんあります。気持ちの提供や、場所の提供、時間の提供など、いろいろな考え方ができるのです。

 わかりやすくいうと、お客様に店に来ていただいたときに、どのような価値を提供し、どのように感じてもらいたいかという想いです。この想いを、あなたは提供しなければなりません。

 おいしい料理などで幸せになっていただきたいのか?居心地のいい空間でリラックスしてもらいたいのか?何かの集まりで楽しく過ごせる時間を提供したいのか?など、考え方により、お店のコンセプトは変わってくるはずです。

 あなたが提供できるものを考えることは、よいお店をつくる手助けになります。

順番
 私たちは、お客様に来店してもらうために、どのように店の知名度を上げればよいかという方法ばかり考えてしまいますが、まず考えなければいけないことは、何が提供できるのだろうかということです。

 例えば、お店の雰囲気1つでも、お客様にどのように感じていただきたいのかによって、変わってくるのは当然ですし、商品の情報の見せ方というものも、変えなければなりません。

 この順番を間違っていては、お客様に再来店してもらうことは難しくなります。

 しっかり提供できるものを見つけてから、お店の知名度を上げる。提供できるものが、お店の売りにもなり、それが知名度を上げる武器になるのです。

 これは、あなたの人柄でも応用することができます。あなたは周りの人に何を提供できるのかを考えることで、あなたという人の信頼を高めることができるのです。

例えば
 私なら、飲食店を営んでいたとしても、時間の提供をメインに考えたいと思います。

 もちろん提供するものは1つではなく、複数の組み合わせになりますが、この店に来て、よい思い出ができたといわれるような店がよいですね。

 心に残るような時間を過ごすことができるお店、それを軸にコンセプトをつくってみたいですね。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション(後半)

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則
著者:カーマイン・ガロ
発行所:日経BP社
発売日:2011月7月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

宇宙に衝撃を与える
 ジョブスの大きな特徴の一つに、人を惹きつけてやまないビジョンがあります。

 アップルに優秀な人材が集まるのも、そのジョブスのビジョンに惹きつけられるためであり、その優秀な人材に最高の仕事をさせるもの、またジョブスのビジョンなのです。

 個人の力だけで、イノベーションが成し遂げられることは、ほとんどありません。同じ方向に進もうとする情熱的なチームの力が必要になります。ジョブスのビジョンは、彼らを突き動かす力であり、無謀とも思えることに挑戦する力を与えてくれるのです。

 では、ジョブスにとってのビジョンとは、どのようなものなのでしょうか?

 それは人々が夢中になれるものをつくりだすことであり、世の中をよりよく変えていこうとするものです。それも妥協はいっさい許しません。そのようなビジョンだからこそ、そこで働く人々もそのビジョンに影響されるのです。

 ジョブスがアップルを立ちあげたときのビジョンがこれです。「普通の人々にコンピューターを届ける」この当時、このような考え方をしていたのは、ジョブスだけだったようです。

 私たちも、ジョブスほどのビジョンは持てなくても、自分のしている仕事で、人々の暮らしをよくするためにはどうすればよいのか、まったく新しい満足を与えるためには、どのようにすればよいのかということは考えておかなければなりません。

 いや、考えるだけでなく、ビジョンを持たなければならないのです。ビジョンも情熱と同様、あなたを動かす力になりますし、周りを動かす力にもなります。

製品を売るな、夢を売れ
 アップルにとってイノベーションとは、どのようなものでしょうか?

 これぞアップルのイノベーションと呼べるものが、iTunesのミュージックストアです。

 これは、その当時、まったく新しいビジネスモデルを生み出すキッカケになったものです。

 本書では、世界で1番成功した音楽会社にアップルがなれた原因をこう分析しています。

 アップルがミュージックプレイヤーを発明したのか? 違う。
 音楽コンテンツを生み出したのか? 違う。
 デジタル音楽のダウンロードを始めたのか? 違う。

 アップルのイノベーションとは、すでに発明されていたミュージックプレイヤーに、すでに生み出されていた音楽コンテンツを、音楽業界と協力して、高品質・高速でダウンロードできるサービスを始めたことにあります。

 これは、その当時の顧客が想像もしていなかったものを与えてくれたのです。

 アップルが行ったことといえば、他社がやらなかったことを行ったということです。しかし、それにより顧客の体験を劇的に高めることができたのです。

顧客の声から新しいものはつくりだせない
 そもそも、アップルにとってのイノベーションとは、顧客がほしいというものをつくることにはありません。

 なぜなら顧客は、本当にほしいものを理解できていないことがあるからです。多くの顧客の要望は、過去の製品の延長上にある改良を望むことが多いのです。

 そこからは、顧客を「あっ!」と驚かせることができるアイデアは生まれてきません。

 アップルのイノベーションによって生み出される製品とは、その製品が現れて、初めて顧客はそのものがほしかったことに気づくような製品のことをいうのです。

 そのため、ジョブスは自らの直感を信じて製品をつくりあげます。自分たちが気に入るものは、アップルの顧客も気にいるはずだという想いがあるからです。

 iProneやiPadも顧客の声に耳を傾けていたら、生まれていなかったかもしれません。あの頃の私たちは、従来の携帯電話が、もっと便利になることを望んではいましたが、スマートフォンのような形のものは理解できていなかったのですから。

 顧客の声からは、スマートフォンのようなものが生まれることはなかったはずです。

ジョブスの決断
 ジョブスがアップルに戻ってきた当時、アップルには、350種類ほどの製品があったそうです。それを、その年のうちに10種類に削減したというエピソードがあります。

 正直、私が経営者なら、なかなか実行できることではありません。350種類の製品をつくるために、どれほどの資源を使ったかを考えると、決断できるはずはないのです。

 それを決断してしまうほど、ジョブスには、叶えなければならない情熱とビジョンをあったということだと思います。

Amazon.co.jp スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション―人生・仕事・世界を変える7つの法則

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。