サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった(後半)

ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった ~一生役立つ仕事のスキルを身につける法~ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった ~一生役立つ仕事のスキルを身につける法~
著者:岡田博紀
発行所:大和書房
発売日:2010年5月5日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

やりかたしだい
 そして、著者のすごいところは、1日の売上額を社員全員の携帯電話にメールで送っているということです。

 ここまでしてもらえると、自然と数字にも強くなります。数字は経営の基本ですので、これを学ぶことができる従業員は、自然と力をつけることができます。

 このように、経営のしかた1つで、誰でもスキルを身につけることができるようになります。本書では、このように多くの経験ができる職場として、レストランをあげているのです。

 それに、どんな仕事でも一通り経験しておくことで、的確な指示や、自分の仕事が他に与える影響なども理解することができるようになり、仕事の幅も広がります。

価値観を共有する
 本書では、社員全員が日々気づいたことなどや改善すべき点をノートに書き込むようにしなければならないといっています。

 著者は「この改善すべき点が1つも見つからないということは、感度が鈍っている証拠だから、自分の感覚に危機感を持ったほうがよい」とまで、いっているのです。

 現場で、しっかり働いていたら、改善すべき点が見つからないということはないのです。見つからないということは、それだけ、アンテナが張れていないのです。もちろん、このノートの内容も全員で共有します。

採用の段階から
 採用の段階において、会社の価値観は非常に大切にされなければならないものです。

 経営者の仕事は、会社の価値観に賛同してくれる人を採用することといっても、言い過ぎではありません。

 なぜなら、価値観が合わない人を採用してしまうということは、その本人もそうですが、周りの人にも無理が生じてしまい、会社自体に影響を与えてしまうのです。

 採用してからも、価値観の共有は徹底されます。

 価値観が共有されていれば、社員が自ら考えて行動することも、会社の価値観に合っていることなので、止められることもなく、自主性を活かすことができるようになるのです。

 このように価値観が共有されている中で、注意しなければならないことがあります。

 それは、人が辞めると言いだしたときです。このときは、何か職場に問題があるのではないかと考えてみることが必要になります。

レストランでないと駄目なのか?
 本書では、レストラン(飲食業)でなければ、多くのスキルを学べないといっているわけではありません。要は、学べる仕組み作りと、学ぼうという気持ちが大事になってくるのです。

 すべての仕事を自分でしていては、時間や身体が持ちませんが、多くの仕事の仕組みを知っておくことは、必ず将来役に立ちます。

 部署間や会社を越えて仕事をする機会も、ドンドン増えてくるでしょう。その時に、他の仕事の仕組みを知っておくことは、あなたを有利にしてくれますし、他の人たちを活かすこともできるようになるのです。

Amazon.co.jp ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった ~一生役立つ仕事のスキルを身につける法~

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった(前半)

ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった ~一生役立つ仕事のスキルを身につける法~ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった ~一生役立つ仕事のスキルを身につける法~
著者:岡田博紀
発行所:大和書房
発売日:2010年5月5日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 ビジネスマンに必要なスキルとは、どのようなものがあるのでしょうか?

 例えば、経理、人事・教育、マーケティング、マネジメント、接客・サービスなど、さまざまなスキルが必要になってきます。

 現在の会社の構造からいって、これらのスキルをすべて身につける必要はないようにも思われますが、知っているのと知らないのとでは、後々大きな差が生まれてくることは間違いありません。

 だからといって、これらのすべてのスキルを身につけるということは簡単なことではありません。サラリーマンなら、どうしても自分の部署と関係のあるスキルしか学ぶ機会がないからです。

 しかし、不況が続く中で、私たちには、どこの会社、どこの業界でも通用するスキルを身につける必要に迫られてきています。

 そこで、本書の出番なのです。本書では、それらのスキルを一通り学ぶことができる夢の職場として、レストラン(飲食業)を紹介しているのです。本書は、レストランを舞台にして、仕事術の基本を、すべて身につけようというものです。

全体を見渡すために
 話は少しずれますが、ドラッカーは、自分の強みを生かし、専門知識を極めていくことが大事だと言っています。もちろん突出したスキルは必要なものです。他の人との差別化は突出したスキルから生まれることが多いからです。

 ですが、ビジネスの全体像を知ることも、それと同じぐらい重要なことです。

 多くのスキルを身につけるということは、自分のしていることが、全体にどのような影響を与えているのか、他の人がしていることに、どのような意味があるのかを理解できるようになれるということなのです。

 周りを見渡せることができる技術も、ビジネスマンには必要な力なのです。

どのように学んでいくのか
 レストランで多くのスキルを学ぶといっても、ただ単に日々の仕事をこなしているだけでは、スキルを身につけることはできません。

 本書にでてくるレストランでは、経理の仕事を従業員全員が交代制で行います。それも、通常の仕事と兼任で行わなければなりません。著者がいうには、レストランの帳簿はシンプルなので、経理の基礎を理解するには、うってつけの教材らしいのです。

 経理を専門にする人を雇わずに、従業員でこなすことのメリットは、何なのでしょうか?

 一番大きいのは、会社のお金の流れを理解できることで、コスト意識が格段に上がることです。コスト意識が高まれば、従業員たちも、自然とどのように仕事を進めていくことがよいのかを考え始めるものです。これにより、従業員の自主性も育ちます。

 もちろんコスト意識だけではありません。何か行動を起こした時の費用対効果や、利益を圧迫している理由まで、仮説を立てられるようになります。

 ここで、現場と兼任することの重要性がでてきます。兼任しておくことで、より数字の異変に気づきやすくなるのです。

 もちろん会社の数字もオープンにされています。現在は交代制で経理をしていない人にも、意識を高めてもらうためです。一部の人だけが知っているのではなく、みんなで共有することが、会社を1つの方向に進めていくためには必要なことなのです。

 記事が長くなりますので「やりかたしだい」と「価値観を共有する」「採用の段階から」「レストランでないと駄目なのか?」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp ビジネスで大切なことはみんなレストランで教わった ~一生役立つ仕事のスキルを身につける法~

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

Twitter始めました

デビュー
 とうとうこの時がやってきました。ずっしりとした重い腰を上げ、Twitterデビューです。

 「えぇぇ~いまさら」という声が聞こえてきそうですね(笑) 実際のところ、私の周りの知り合いにも、遅すぎるだろうと言われました。

 ですが、この「いまさら」という言葉に負けるわけにはいきません。

私の友人の名言
 こんな名言があります。(友人の言葉です)

 長い間、連絡を取っていなかった知り合いに連絡を取るかどうか悩んでいるとき、「いまさら」という気持ちが心に現れることで、連絡を取ることを思いとどまってしまうことがあります。

 しかし、今日行動しなければ、明日、3日後、1週間後、1カ月後、半年後、この「いまさら」はどんどん大きなものになっていくだけです。いまここで動かなければ、より動き出すことが難しくなるのです。

 思い立ったそのときが、実行するときなのです。


 この言葉に背中を押されたこともあり、Twitterを始めることにしました。

なぜ、いまTwitterなのか
 Twitterを始めようと思い立ったわけは、情報のアウトプットのためということがあります。

 毎日、何かしらの情報と接しているのですが、それが、まるで右から左に素通りしているのではないかと、疑問に思うことがあるからです。

 その解決策として、自ら情報を発信することを思いついたわけです。情報を発信することを考えて、情報に接していれば、より深く理解できるのではないかと感じたからです。

 それに、ウェブ上で仲良くさせていただいている方の、近況を知ることもできるので便利です。

目標
 「つぶやき」の内容は、ビジネス書や自己啓発書のこと、気になった経済・経営ニュース、私の気にいったものなどを、つぶやいていこうかと思っています。

 もちろん、ブログの記事と同じように、わかりやすく伝えることを目標としますので、難しいニュースはあまり扱わず、なじみやすいツイートを心がけたいと思っています。

 まだ、始めたばかりなので、このようなことを「つぶやいています」みたいなものがないのですが、

 もしよろしければ、みなさんのフォローよろしくお願いします。

Twitterボタン


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

Cheerz(雑談)

また新しいものが
 あらゆるウェブ上でコミュニケーションを楽しむ、そんなサービスを見つけましたので、紹介させていただきます。(私が実際に登録して、確かめていませんので、説明が間違っているところもあるかもしれません)

 最近では、google+が話題になっていますが、google+やFacebookとは、また少し違うサービス、それが「Cheerz(チアーズ)」です。

 Cheerzって、いったい何?という人のために、ホームページにある紹介映像を

 

何ができるのか
 Cheerzの最大の特徴は、すべてのウェブ上で、そこを訪れている人とコミュニケーションを楽しむことができるという点です。

 あなたは、こんなことを考えたことはありませんか?

 あなたが現在見ているサイトを、他にどのような人が見ているのだろうか。もしくは、見ていた人を知ることができないだろうかと。

 Cheerzのサービスは、それらを可能にするのです。このサービスを使えば、あなたが見ているサイト上にいる、他のユーザーを知ることができるようになります。

 もちろん、会員登録しているユーザーしかわかりませんが

ブラウザに組み込む
 なぜ、そのようなことが可能になるのかというと「ソーシャルレイヤー」というものがあるからです。

 ここでは、その意味を説明するのは難しいので省きますが、簡単にいうと、サイトのページ上に、Cheerzのサービスが、乗っかっている感じです。(これでは、わかりにくいかもしれませんね)

 Cheerzのサービスはブラウザに組み込まれます。ログインしている状態で、サイトを訪問すると、ブラウザ画面の下に、同じサイトを見ているユーザーのアイコンが並ぶようになります。(ログインしている会員のみ)

 このブラウザに組み込まれている、Cheerzのサービス画面を、会員が共有するようなイメージと思ってもらえれば、わかりやすいかもしれません。

 これにより、あなたと同じサイトを見ている(見ていた)他の人のアイコンが表示され、リアルタイムでコミュニケーションをとることができるようになるのです。

 CheerzはTwitterやFacebookと連携されており、あなたのアイコンがクリックされと、それらが表示され、より深い交流をとることもできるようになっています。

 ただ、ログインしている状態というのは、あなたが訪れたサイトが周りに筒抜けになっている状態ともいえます。そのことは忘れないように注意して利用しなければなりません。

もう一つの使い方
 これは、サイトの運営者にとっても、魅力的なサービスです。自分のサイトを、どのような人が見にきているのかを知ることができますし、その人たちと、交流をもつことができます。

 私のブログで例えるなら、ブログを見にきてくれている人のアイコンが表示され、リアルタイムで、コミュニケーションをとることができるようになるのです。

 これは、サイト運営者にとっては、うれしいサービスとなるのではないでしょうか?

今後が楽しみ
 ただ、このサービスは、2011年7月と、まだ新しいものです。会員数も、現在何名なのかは、調べましたがわかりませんでした。

 会員数が、ある一定数まで増えなければ、あまり機能しないかもしれませんが、会員数が増えれば増えるほど、得られる情報も増え、サービス導入の効果は高まると思います。

 この先が楽しみなサービスの一つです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳

思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳 (青春文庫)思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳
著者:岩波貴士
発行所:青春出版社
発売日:2011年8月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


献本していただきました
 今回紹介させていただく書籍は、「日本アイデア作家協会」の岩波貴士さんから献本していただいた本です。

 そして、書籍の本文にて、本選びのために役立つ「書評ブログ」として「読書1万時間」を紹介していただきました。岩波貴士さん、ありがとうございます。紹介ページ

 「日本アイデア作家協会」ホームページ

 クリックすると拡大します
 書籍の本文で紹介していただきました

この本が読みたくなる一言
 本書は、タイトルにあるように、さまざまな場面で役立つ問題解決の情報が、約120種類ほど載っています。

 この「さまざま」というのは、かなり幅広いものです。仕事で役立つことから、自分自身を変える思考法、日常生活の便利ネタ、デスクワークに役立つ裏ワザテクニック、緊急時に役立つ事前準備など、かなり幅広い分野の情報が載っています。

 目次をみて、いまのあなたに必要なところを見るのもよし、気になる章を一通り見るのもよし、自由に読み進めていただくことができます。

 私は、献本していただいていますので、すべて読みましたが、知らなかった情報もかなり載っていて、ふとしたときに役立つネタを何個か仕入れることができました。

 また、手元に置いておけば、困ったときに知りたい情報を探すことができる、便利な1冊になるかもしれません。

 この情報量で、600円なのですから、安すぎるのではないかと思える仕上がりです。

 それと、すごく親切な仕組みにもなっています。いくつかの情報には、より深く知ることができるように、検索キーワードというものが載ってあり、インターネットで、その言葉を検索して調べれば、より深く知ることができるようになっています。

 また、本書の巻末には、無料追加情報を得ることができる特典がついていますので、ここでもお得感ありですよ。

 いまならAmazonで書籍を購入すると、豪華特典がつくキャンペーン中のため、興味があるかたは 「こちらまで」

 キャンペーン期間は、8月末頃までのようなので、興味があるかたはお早めにどうぞ。

少し内容を
 人に何か教えてもらうときに、非常に役に立つ方法として「自分でかなりのレベルまで調べ、その結果を示したうえで助言をいただく」という方法があります。

 これは、すごく納得できるものです。教える側に立つとわかるのですが、何も知らない(調べてこない)人に教えられるようなことは、たいした内容のものにはなりません。

 しかし、かなり調べてきた結果の質問になると、それ以上の回答をしなければならなくなります。

 この質問の仕方をうまくすることで、得られる回答が変わり、よりよい情報を教えていただくことができます。

 本書には、このように載っています。「今以上の知識を知りたいなら自分の知識を示したうえで尋ねる」納得の一言ですね。

あらためて考えさせられること
 「本当の品格」が問われる2つの場面というものがあります。①つは「無料の物の扱い」②つめは「公共施設の利用」です。

 本書には、こう載っています。『無料の物の扱いを見れば、それを提供している「相手への配慮」がわかります。また公共施設の利用を見れば、それを使う「次の人への配慮」がわかります。』というものです。

 これらは、自分以外の「他の人の存在」を、どのように考えているのかということを表すものになります。意外と、自分の本当の姿が出るのではないでしょうか?

 こういうときこそ、自分を磨くチャンスになるはずです。

問題解決Ⅳのデスクワークの「イライラ…」を吹き飛ばす裏ネタ
 この章は、「あっ!これ使ってみようかな」という情報がたくさん載っていました。一つひとつを説明すると、あまりにもきりがないので、それは本書をみてほしいのですが、ちょっとしたことでも、知っておくと便利なこと、時間を短縮できることはたくさんあります。憶えておいて損はないものばかりでした。

 この調子で書き続けると、いくらでも書けてしまうので、このへんにしておきますが、本書では、このように役立つ情報がたくさん載っているのです。

Amazon.co.jp 思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳 (青春文庫)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。