サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紹介だけで一生売れる技術(後半)

紹介だけで一生売れる技術紹介だけで一生売れる技術
著者:神尾えいじ
発行所:きこ書房
発売日:2011年9月29日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

第3章 積極的にやるべきこと
 応援団作りでは、商品の購入をお願いするのではなく、あなたを応援してもらうことをお願いするのですから、その仕事を選らんだ理由やあなたの人生の目的などを明確にしておかなければなりません。

 応援してくれる方は、あなたの扱う商品よりも、あなた自身に関心を持ち応援してくれるのです。このメッセージが弱いと応援してあげようという気持ちをもってもらうことができません。

 例えば、私のブログには、ブログの方針を書いた「ブログのミッション」というものがありますが、これも明確な思いを伝える1つの方法になります。(私のブログの応援もよろしくお願いします)

 応援をしてもらうには、ときには迷惑をかけるということも必要になります。

 これは、わがままをいうこととは違いますので、勘違いしてはいけないのですが、相手に迷惑をかけないようにしようとすればするほど、委縮してしまい、相手との距離が離れてしまうのです。

 応援団とのコミュニケーションは非常に大事なものです。信頼を勝ち得るためにも、ある程度の距離まで近づかなければなりません。そのためにも時には迷惑をかける覚悟もしておかなければならないのです。

 ただ、ここで大事なことは、迷惑をかけた10倍の恩返しをするという姿勢を忘れてはいけませんし、距離を近づけるといっても、相手の負担になる距離までいってはいけないのです。

 この微妙な距離感は、本書で確認していただきたいところです。

最初は少ない人数から始める
 応援団を作るときには、ピラミッド型をイメージして作りあげていきます。

 最初に応援団になっていただく人は、なるべく少ないほうがよいでしょう。なぜなら、応援団の方とのつながりが希薄になることが一番よくないからです。

 最初は少なく始めて、質の高い付き合いを目指さなければなりません。

 ここでも、見込み客を探すのではありませんので、商品を買ってくれそうな人を応援団に選ぶのではなく、長い付き合いになることを考えて、応援してほしい人を選ばなければならないのです。

 そこには、もう1つ理由があります。あなたにとって大切な人が応援団になってくれた場合、その人が紹介してくれた人というのは、当然大切な人の紹介なので、自然と大切に思うようになります。

 応援団とは、人脈の深堀になりますので、あなたが気持ちを傾け続けられる人を選ばなければならないのです。

 応援団の具体的な作り方も本書に載っています。

忘れてはならない「お礼」
 応援団の方に、誰かを紹介してもらったときは、必ず紹介してくれた人へのお礼を忘れてはなりません。

 紹介してもらった人が応援団になってくださったときにも、報告と感謝を伝えることは必ず忘れないようにしましょう。

 紹介してくれた方は、あなたと喜びを分かち合うことで、自分のことのように喜んでくださる方もいるのです。

 この体験が、今後の紹介にもつながるのです。

Amazon.co.jp 紹介だけで一生売れる技術

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

紹介だけで一生売れる技術(前半)

紹介だけで一生売れる技術紹介だけで一生売れる技術
著者:神尾えいじ
発行所:きこ書房
発売日:2011年9月29日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は、見込み客探しに悩んでいるビジネスパーソンに試してもらいたい「応援団」という手法が紹介されている書籍です。勘がいい方は、これだけで何となく内容が予想できそうですね(笑)

 試すといっても、短期間で成果がでるものではないので、それなりの時間が必要になりますが、いまの見込み客探しに疑問を感じている方には、読む価値は十分あるのではないでしょうか。

 もちろん、この方法だけでうまくやろうとするのではなく、あくまでも1つの方法として考えてください。1つのことに依存したやり方をすると、あなたに合わなかったときに、立ち直るのに時間がかかることになります。

応援団って何?
 応援団の仕組みとは、あなたを応援してくれる人に、他の人を紹介してもらい、その人にも応援してもらえるようにすることにあります。

 そのため応援団は、あなたの商品を売り込むための見込み客ではありません。この言葉通り、あなたの仕事を応援してくれる人のことをいいます。

 応援団を作るうえで、最も大事なことは、応援団の方に商品を売り込もうとしないことです。

 では、誰に商品を売ればよいのか?ということになると思いますが、商品を購入してくれる方は、自然と応援団の中や、その人の紹介から生まれるため、売り込む必要はないのです。言いかえれば、応援団の方があなたに変わり、見込み客を探してきてくれるのです。

 その応援団作りの鍵を握るのが、本書にある「応援されるキャラクター作り」と「紹介をどんどんくれる応援団の作り方」なのです。

第2章 応援団作りでしてはいけないこと
 見込み客を集める方法の1つに、割引や紹介してくれた方に対してのサービスなどがあります。

 ですが、応援団は見込み客ではありませんので、応援団の方を募る際に、絶対に金銭(割引など)で釣ってはいけません。

 応援というものの1番大事なことは、この人を応援しようという「想い」で動いてもらうのであって「お金のため」に動いてもらうことではないのです。

 お金のために動く人は、本当の意味での応援団にはなりませんし、紹介の質が下がっていくことになります。

 それに、この方法では金銭でのお得感が切れると、すぐに離れてしまう人しか集まりません。

 だからといって、応援してくれる方に何もしなくてよいとわけではありません。応援をしてくれる方には、つねに別の方法で感謝を伝えていかなければならないのです。

 その方法も、本書には載っています。

 記事が長くなりますので「第3章 積極的にやるべきこと」「最初は少ない人数から始める」「忘れてはならない「お礼」」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 紹介だけで一生売れる技術

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

会社は家族、社長は親(後半)

会社は家族、社長は親会社は家族、社長は親
著者:坂本光司 渡邉幸義
発行所:PHP研究所
発売日:2011年9月29日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

高齢者に対して
 「会社は家族」という考え方は、もちろん高齢者の方にも当てはまります。

 ここで一度、考えてみてください。あなたがいま働いている会社の高齢者に対する接し方とは、どのようなものになっていますか?そこには、私たちの将来の姿があるのです。

 私たちも、いずれ歳を取ります。いまの会社の高齢者に対する接し方が、あなたの未来の姿を表しているのです。どのような会社ならば、あなたは自分の身を捧げて働こうという気持ちになれるでしょうか?

 社員を「家族」として思い、高齢者に対しても幸せな企業の業績が高いのは、ここに違いがあるからです。

 高齢者が大事にされている姿をみることで、若い人たちにも安心感が生まれ、それがモチベーションにもつながるのです。

 それに、自分たちを守ってくれる経営者の思いに応えようとすることは自然なことであり、業績が伸びないはずがありません。

 今の会社を育ててくれたのも、その方たちです。それも忘れてはいけません。

 それに、高齢者の人口は、これからも増え続けていきます。彼らの起用の仕方が、今後の企業の成長力に影響を及ぼすことにもなるのです。そのためにも、早いうちから、仕組みつくりをしていかなければならないのです。

いつ自分がなってもおかしくない
 障がい者に対する接し方も同じです。どのような人でも、そのような立場になる可能性はあります。他人事ではないのです。

 障がい者に厳しくするような企業で働いていて、あなたはその企業のために、一生懸命働こうという気になれるでしょうか?

 高齢者でも、障がい者でも、女性の起用でも、どれも同じなのです。経営者が、どのように接しているのかということを、私たちは見ています。そこに自分たちの将来の姿を重ね、その思いに応えようとするのです。

 本書では、女性の雇用についてもふれられています。

家族の幸せ
 本書には、たくさんの企業のエピソードがおさめられています。どれも素晴らしいエピソードばかりです。

 経営者の役割は、社員が仕事を通して得ることができる幸せを与えることだということに、あらためて気づかされるものになっています。

 これからの消費者は、商品の価値だけでなく、これらの社会的価値までみて、商品を購入する人が増えてくるのではないでしょうか?

 社員や、その家族のことを考えずに、利益だけを追い求める経営者は、短期的には成功できるかもしれませんが、長くは続かないのです。

 長く続いている企業には、信念ともいえるような経営者の思いがあり、そこで働く人(下請けなども含めて)も、それに応えようとする気持ちがあるからこそ続いていくのです。

Amazon.co.jp 会社は家族、社長は親

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

会社は家族、社長は親(前半)

会社は家族、社長は親会社は家族、社長は親
著者:坂本光司 渡邉幸義
発行所:PHP研究所
発売日:2011年9月29日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


献本していただきました
 今回紹介させていただく書籍は、アイエスエフネットの沖文恵さんから献本していただいた本です。沖文恵さん、ありがとうございます。

 「アイエスエフネット」
 「アイエスエフネットハーモニー」
 「アイエスエフネット社長ブログ 渡邉幸義の日々」

この本が読みたくなる一言
 本書は、先日紹介させていただいた「社員みんながやさしくなった」の著者である渡邉幸義さんと「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者である坂本光司さんの共著です。

 本書には、主に経営者の心構えが書かれているのですが、それら企業の経営者が行ってきた実例とともに紹介されています。

 坂本光司さんは、多くの企業を訪問し、業績を伸ばし続けている企業の共通点に気づかれたそうです。それは、社員や社員の家族の幸せを一番に考えている企業というものが、業績を伸ばし続けているというのです。

 本書にでてくる、それらの企業は「会社を家族」と位置付け、企業活動そのものを彼らのために行っているといっても、いいすぎではないように思えます。もちろん、障がい者も家族の一員として、雇用に力をいれている企業が数多くでてきます。

企業の社会的責任
 少し本書の話からずれますが、最近では企業のCSR(社会的責任)の問題がよく叫ばれています。

 CSRには、雇用の創出や、地域社会への貢献など、さまざまな考え方があります。これからの企業は、それらに応えるための行動もしていかなければなりません。

 しかし、これは私の個人的な意見なのですが、多くの企業は、このCSRを達成するためだけに、何か別の活動を始めて、形だけでも、ちゃんと行っているようにみせているだけのように思えます。

 ですが、本書にでてくる企業は違うように思えるのです。それは、CSRを達成するためではなく、企業そのものが、この社会(そこにいる人々)をよくするために活動しているのではないかということです。

 それほど、本書にでてくる企業は、素晴らしい理念を持った企業ばかりです。

 私は「社員みんながやさしくなった」や「日本でいちばん大切にしたい会社」を読んだときにも思いましたが、本書にでてくる企業のことを、もっと多くの人に知ってもらいたいと、あらためて感じました。

「なぜ?」
 本書を読んで、一番知りたくなることは「なぜ?」ということだと思います。

 本書にでてくるような企業は「なぜ?」社員やその家族を、会社の家族というように考えることができるのか。

 「なぜ?」多くの経営者が避けたがる、障がい者雇用に力を入れようと思えるのか。

 この「なぜ?」の部分が、本書を読んで一番知っていただきたいところなのです。

 これは、経営者だけに向けた書籍ではありません。一社員であっても、私たちにできることを、本書の中から見つけ出すことができるはずです。

雇用をつくりだす
 本書では、障がい者の雇用に力をいれている企業が多く紹介されています。その理由の一つが、障がい者の将来の生活にあります。

 障がい者の多くの方は、授産施設で働いています。ここでの給料は、授産施設の収益から分配されるため、月に15,000円程度なのだそうです。これでは、安心して生活していくことはできません。

 特に障がい者にとっての問題は、その親御さんがいなくなった後のことです。

 いまの現状では、親御さんがいなくなれば、障がい者の生活は破綻することになりかねません。だからこそ、障がい者の本当の意味での自立を助ける仕組みが必要になるのです。

 それを達成するために、本書にでてくる企業などは、障がい者の雇用に力をいれているのです。

 厳しい言い方になるのかもしれませんが、障がい者の方が利益を生み出す仕組みというものを早急につくりあげることが必要になるのです。

 そして、親御さんが安心できるためにも、障がい者の雇用の受け皿となる企業が、もっと必要になるのです。

 本書には、企業が障がい者を雇うことになったキッカケのエピソードなども載っています。

 そして、渡邉幸義さんは、障がい者の方の給料を、月額25万円にすることを目標に、頑張られています。

 記事が長くなりますので「高齢者に対して」と「いつ自分がなってもおかしくない」「家族の幸せ」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 会社は家族、社長は親

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事

結果を出し続けるために

結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)
著者:羽生善治
発行所:日本実業出版社
発売日:2010年12月1日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は、私が将棋の世界で唯一知っている有名人、羽生善治さんの書籍です。

 私の将棋経験といえば、素人に毛が生えた程度のものです。そんな私が見た将棋のイメージとは、相手の手を予想し、何通りものシュミレーションを頭の中で繰り広げ、多くの選択肢から最善の一手を選ぶ。そんなことが瞬時に行われている世界だと思っていました。

 ですが、少し違うようなのです。本書には、このように載っています。「実際には、将棋というものは絶対に自分の予想した通りにならないのです。10手先の予想でさえも困難です」10手先の予測も困難?これにはビックリしました!

 しかし、考えてみたら当然のことかもしれません。プロ同士の試合では、お互いが相手の手を読み合い、それを超えた手が繰り広げられるため、予想どおりにいかないのは当たり前かもしれません。

 だからこそ、魅力があり、面白いものなのだそうです。

 では、そんな予想のできない世界のなかで、何が勝利を掴むキッカケになるのでしょうか?

何か引っかかる
「あれ?」これを見て、何か引っかかりませんか?

 そうです!もしかして、将棋の世界はビジネスの世界と同じなのではないかということです。

 現在のビジネスは、過去の成功事例が当てはまることが少なくなってきました。過去の成功事例から予想を立てても、その通りにはいかなくなってきているのです。

 それならば、羽生善治さんが結果を出し続けるためにしていることの中から、ビジネスでも通用するものがあるのではないかと思い、興味を引かれることになったのです。

ビジネスに応用できるか?
 ビジネスに応用できそうなものが載っていましたので紹介します。

 それは『将棋の対局では、不利ではない互角の局面でも、自力だけではなく「他力」を使う、つまり「相手に手を委ねる」という考え方が鍵になる局面がある』というのです。

 勝負というものは、先に仕掛けたほうが逆手に取られるということがあります。思い切って前にでることは、もちろん大事ですが、相手の手を見ることも時には必要だということです。

 もちろん「相手に手を委ねる」といっても、後ろに下がるということではありません。「手を委ねる」というのは、相手の出方を伺いながら、じりじりと距離を縮めていくことにあります。

 この方法を実行するためには、相手のあらゆる手に対応できることが大事になります。

 これをビジネスに当てはめるとすれば、競合の動きを見てから、そこから問題点を洗い出し、それを利用して自社の製品を改良し、より市場にマッチしたものを生み出すということに繋がります。

 先行して市場のシェアを獲得することも戦略の1つですが、「相手の手を見る」という戦略もありなのかもしれません。

Google+
 最近、話題のGoogle+は、この考え方が当てはまるかもしれません。

 現在は、Facebookが先行して、市場のシェアを獲得している状態ですが、そのFacebookのデメリットを改善した機能や、他のSNSの良いところを取り入れることで、より市場にマッチしたものをつくりあげているのではないでしょうか。

Amazon.co.jp 結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

関連記事
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。