サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるのか?

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
著者:林總
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2006年9月28日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は、架空のビジネスストーリーに沿って会計を学ぶことができるようになっています。

 突然借金まみれの会社を継ぐことになった由紀、そこで由紀は会計のプロに助けてもらうことにします。

 経営と会計とは結びついています。会計を知ることで、経営の問題点が見えてくるのです。

 会計についての本は多く出ていますが、本書は、ほとんど知識がない人でもストーリーになっているので、わかりやすく入っていけます。

会社の経営に会計がなぜ必要なのでしょうか?
 会社は決算書というものをつくっています。(決算書の中身は、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書があります)

 決算書とは会社の一定期間の利益を表します。

 しかし、この決算書がありのままでなかったり、会社の主観が含まれたりしていて、絶対的に正しいものとは言えないのです。

 このことから、決算書に潜む本質を見抜くためにも、会計を学ぶことが必要になるのです。

 数字の本質をつかめるようにならなければ、経営の本質も見えてこないのです。

 会社の経営状況を把握するためには、月次決算も必要になります。

 本書に「テストの見直しをしない子は成績が悪い」という例えがあるように、経営にも悪いところを見つけ、目標と実績の比較をする、月次決算が必要になるのです。

粉飾決算
 会計を学ぶことで粉飾を見破ることもできるようになります。

 粉飾の一つに、会社の資産を必要以上に大きくみせて、会社の利益もその分多くあるように見せかけることがあります。

 例えば
  • 在庫の数量と単価の水増し(会計上、在庫は資産になります)
  • 架空の取引をしたことにし、売掛金(月末払いで入ってくるお金)を増やす
  • 今期にかかった費用を来期に付け替える
 などがあります。
 
 では、これらを見分ける方法はあるのでしょうか?

 その一つに決算書を3期分並べて、金額が突然大きく増えたり減ったりしている項目がないかを比較する方法があります。

 数字があまりにも大きく変わっているものは、何かあったのではないかと考えてみるべきです。

逆粉飾決算
 粉飾を逆の方法で利用することもあります。

 通常、粉飾とは赤字を黒字に見せるために会計を操作することなのですが、逆粉飾とは、黒字を赤字に見せることなのです。
 
 では、なぜこのようなことをするのでしょうか?
 
 これは、株主や世間に強烈な業績回復を印象づけるために使われます。
 
 逆粉飾では、今期の利益を会計の操作によって来期に持ち越すようにします。

 そうすることで、今期は大幅な赤字になりますが、来期は今期の持ち越した利益と来期に入るであろう利益を足した分になりますので、大幅な黒字に変わることになります。
 
 これがV字回復と言われ、業績回復の話題として取り上げられるのです。

Amazon.co.jp 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

初めまして。タカダヨシヒコともうします。
ストーリー仕立てっていうのが良いですね。会計も勉強したいと思ってますし。今度買おうと思います。

はじめまして!

タカダヨシヒコさん
こちらこそはじめまして

ストーリー仕立ては、なんといっても読みやすくて、わかりやすいのがいいですよね。

タカダヨシヒコさんのブログも拝見させていただきました。

お勧めがわかりやすく載っているので、参考にさせてもらいやすく、本を探すのに助けてもらえそうです。

しかも、本に取り上げられるなんて、すごい!

これからもよろしくお願いしますね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。