サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践編 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるのか?

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
著者:林總
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2006年9月28日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


損益分岐点を計算してみる
 今回は本書にでてくる損益分岐点を、会計の素人である私が本書を利用して、調べることができるか挑戦してみたいと思います。

 間違っていたらすいません(笑)
 
 損益分岐点とは、お店などの売上と、それにかかった費用の額がちょうど一致する点のことで、売上が損益分岐点を超えれば利益があり、下回れば損失がでることになります。

 これを計算することで、商品やサービスなどの値段の変更や、今後の戦略などを考えるのに役立ちます。

美容室で考えてみました
 そこで今回は、知り合いに美容室で働いている人がいるので、独立するときの参考になればという思いから、美容室の損益分岐点を調べてみたいと思います。

 まず本書での損益分岐点を求める式なのですが「損益分岐点=固定費÷限界利益率(限界利益÷売上)」となっています。

 固定費とは:売上が増えても減っても変わらない費用のこと。ここでは人件費と家賃のみで計算します。

 限界利益とは:商品やサービスが一つ売れた場合に増加する追加的利益のこと。(限界利益=売上-材料費)

 ここに当てはめる数字は、私がインターネットなどで集めた情報なので、一般的な美容室に当てはまるものかどうかは、わかりません。

 それに細かい計算も、わかりやすくするために、はぶいています。

実際にやってみる
 まずは1ヵ月にかかる固定費ですが、約10坪で2人がけの席があり、従業員1人として計算します。

 人件費が30万円、家賃が10万円と仮定します。これで毎月かかる固定費は40万円となります。
 
 次に限界利益ですが、カットとシャンプー込みで3000円(売上)と仮定し、材料費(光熱費やシャンプー・リンス代など)を値段の10%と仮定します。ここでは300円になります。

 これで一人のカットであげることができる限界利益が2700円となります。(限界利益=3000円-300円)
 
 次は限界利益率です。これは限界利益÷売上なので、2700円÷3000円で90%になります。
 
 最後に損益分岐点です。これは固定費÷限界利益率で求めますので、40万円÷0.9で約45万円が損益分岐点となります。
 
 これ以上の売上を上げれば、利益がでるということになります。
 
 単純にこれをお客さん一人から得ることのできる売上3000円で割ると、150となります。1ヵ月で最低150人はお客さんが来てくれないと損益分岐点を超えることができません。

 1ヵ月25日労働として、1日平均6人ぐらいのお客さんが来てくれなければいけないことになります。

 あれ、こんなに少なくて営業できるのかな(笑)

Amazon.co.jp 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。