サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40歳からの本を書く技術(前半)

ビジネスマンのための40歳からの本を書く技術ビジネスマンのための40歳からの本を書く技術
著者:三輪裕範
発行所:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2009年1月20日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本をよく読む人は、将来は自分で本を書いて、出版したいという思いを持っているのではないでしょうか?

 本書では、現役サラリーマンが、サラリーマンを続けながらでも文章を書き、商業出版を成功させてきたプロセスと方法を教えてくれます。

それには、通過しなければならない五つの工程があるのです。
  • テーマをいかにして見つけるか
  • 情報をどう集めるか
  • 情報をどう整理するか
  • どう文章にするか
  • どう出版に結びつけるか
 これらを乗り越えることで、商業出版の道が、ぐんと近いものになるのです。

 今回は、記事が長くなりますので「テーマをいかにして見つけるか」「情報をどう集めるか」の二つの項目について書きたいと思います。残りは次回記事にさせてもらいます。

テーマをいかにして見つけるか
 いきなり文章を書くといっても、何から始めればよいのか分かりません。

 まずはあなたが「書きたい」と思うテーマを見つけなければなりません。

 それには、あなたが好きなものは何か、興味を持っているのは何か、を明確にすることから始めましょう。

 その時に、情報の入手が容易かどうかも重要なことになります。

 サラリーマンである私たちが文章を書く場合、文章の内容は、あなたが手に入れられる情報内でしか書くことができません。

 いくら好きなテーマを見つけることができても、情報が入手できなければ、浅い文章にしかなりません。

 「時代適合性」というものも考えないといけません。

 商業出版を目指すためには、出版社にとって魅力あるものでなければなりません。

 いくらよい文章を書いても、時代の関心やニーズとあまりにもかけ離れていると、出版社のオッケーはもらえません。

情報をどのようにして集めるか
 テーマが決まれば、次はそれに関する情報を、どのようにして集めるかです。

 本書では読むことを中心にして情報を集めることを勧めています。

 サラリーマンにとって、自分の時間をつくることは難しいことです。情報を得るために人に話を聞きにいったり、現場を見にいったりなどは、なかなかできません。

 読書ですと、時間を選びませんし、情報も効率的に集めることができます。

 ここで大事なことなのですが、専門家ではない私たちが専門的な情報ばかりを集めても扱いきれません。私たちにできるのは独自の視点を持つことです。

Amazon.co.jp ビジネスマンのための40歳からの本を書く技術

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。