サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考具 考えるための道具、持っていますか?

考具 ―考えるための道具、持っていますか?考具 ―考えるための道具、持っていますか?
著者:加藤昌治
発行所:阪急コミュニケーションズ
発売日:2003年4月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 「最初からアイデアマンな人はいない。それは、後天的に身につけるものだ」

 本書は、アイデアを考え、それを企画にし、実行に移すための手助けをしてくれます。

 その道具のことを「考えるための道具=考具」と呼び、21の考具が載っています。

 アイデアをつくり出すことは、難しいように思われますが、ちょっとしたノウハウとツール(考具)を使うことで、楽につくりだすことができるようになるのです。

 この考具を意識するだけで、今までと同じ日常から、色々なアイデアを手に入れることができるようになります。

アイデアを生むためには
 アイデアや企画を考えるとき、いったい何から始めればよいのでしょうか?

 ひたすら机に座り、考え続けることで、何か思い浮かぶのでしょうか?

 その答えを知る前に、アイデアの定義を知っておかなくてはなりません。

 その定義とは「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」というものです。

 つまりゼロから生まれるアイデアはないということです。どれほど素晴らしいアイデアであっても、その素になった既存のアイデアが必ずあるのです。

 そのことから、何か新しいアイデアを生み出そうとするのならば、既存のアイデアを大量に仕入れておくことが必要になります。

 定義にあるように、既存の要素を多く知っていればいるほど、その組み合わせも、多く思い浮かぶ可能性がでてくるからです。

 なので、まずしなければならないことは、本書にある考具を使い、既存のアイデアを大量に集めることなのです。

どのような孝具があるのか
 21の考具を大きく分けると次の4つになります。
  • アイデアが頭に入ってくる考具
  • アイデアが広がる考具
  • アイデアを企画に収束させる考具
  • 行き詰ったときの考具
アイデアが頭に入ってくる考具
 アイデアが頭に入ってくる考具全般に共通していることがあります。

 それは、あなたの視点をいつもと違うものに強制的にかえるということです。

 いつもの視点だけでは、同じようなものしか見えてきません。しかし視点をかえることで、いままで気づかなかったことに気づいたり、新しい発見が見つかったりします。それがアイデアになるのです。

アイデアが広がる考具
 アイデアが広がる考具は、アイデアの数を多くだすための考具が載っています。

 大量のアイデアをだしていくと、その時に関係のないアイデアも浮かんできますが、それもメモっておきます。

 そのアイデアは別の時に役にたちますし、別の形で役にたつこともあるからです。

 そしてアイデアは見える形にしなければなりません。頭の中で考えているだけでは、なかなかアイデアは広がっていきません。文字や図にすることで、そこからアイデアが広がっていくのです。

Amazon.co.jp 考具 ―考えるための道具、持っていますか?

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

>アイデアは別の時に役にたちますし、別の形で役にたつこともあるからです
納得です。私は、この世に徒労という言葉は無いと思っています!(言い過ぎ?

私も本は読んでみるもののそれを何かに
残さないから、生かせる事ができないんだなぁと
改めて思いました。
まぁ、わかってはいるんですけどね。。。orz

言いすぎではないと思いますよ

ネガティブさん

私は、ブログに本の記事を書くようになってから、
本の読み方が変わりましたね。

何もなく読んでいた時よりも、記憶に残っている気がします。
あくまで気がしますですが・・・

なかなか実践で使う機会がないので、どんどん忘れていってしまいますが(笑)

はじめまして。

いつも楽しく、拝見しております。
扱う本のジャンルが違うのに私のところへも、ご訪問ありがとうございます。

私、ビジネスと無縁な生活をしてますが、自己啓発本とビジネス書が大好物だったりします。この本も何年か前に読み、お気に入りの一冊です。いつか記事にしようと思ってたぐらいなのですが、こちらのレビューを読んだ後では恥ずかしくて、表に出せません(汗)。

読書で気づいた男さまの記事、すっきりまとまっていて読みやすく、わかりやすく、しかもポイントをつかんでいて、「様式美」すら感じます。少しは私も見習いたいものです・・・。

長々と、すみません。
あの。こちらのリンク、貼らせて頂いてもよろしいでしょうか?

こちらこそ、はじめまして!

彩月氷香さん

こちらこそ、いつもブログを楽しく拝見させてもらっています。
最近は「ひとりごと」が増えているようですが(笑)
笑いながら見させてもらっています(これは失礼かな?)

天牛書店の記事で「江坂」がでてきたときはビックリしました。
私は行ったことがないのでわからないのですが、知り合いは知ってましたよ。

リンクの件は、もちろんオッケーです。
私も彩月氷香さんのブログへのリンク貼らせてもらいますね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。