サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践編 考具 考えるための道具、持っていますか?

考具 ―考えるための道具、持っていますか?考具 ―考えるための道具、持っていますか?
著者:加藤昌治
発行所:阪急コミュニケーションズ
発売日:2003年4月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


気になった考具
 今回は、前回の記事「考具」の中から、気になった2つの考具を説明したいと思います。

カラーバス効果
 カラーバスとは「色を浴びる」という意味らしいのですが、何色でもよいので、色を一色意識することで、その色のものが、自然と目に飛び込んでくるようになるというものです。

 例えば、朝の通勤時に、赤色を意識しながら会社に行くと、自然と赤色のものが目に飛び込んでくるようになります。

 赤色を意識しているのだから当然のことなのですが、これがアイデアを集めるために役にたつのです。

 色に意識を持っていくことで、いつもは気づかないものに気づくようになります。

 これは色だけでありません。形でも使うことができます。

 このカラーバスを意識することにより、いつもと違う視点を強制的につくりだすことができるようになるのです。

 私たちは、ものを見ているようで見えていないことがよくあります。

 毎日通っている道でも赤い色のもの、特定の形を意識していなければ、そこにそんなものがあったことにも気がつかないことはよくあることなのです。

 私なんて、いつも通っている道で、更地になっている土地を見つけると、以前そこになにが建っていたのかも思い出すことができません。

 これは、毎日見ているようで、見ていない証拠なのではないでしょうか。

 こうしてカラーバスで見つけたものは、一見関係なさそうなものばかりに思えますが、既存の要素を大量に集めることには役にたちます。

 しかも、この方法は、あなたのいつもの視点と違うもの(色や形という別の力が強制的にかかるため)を見つけることができるようになるので、新しいアイデアが生まれる素になります。

聞き耳を立てる
 これは電車や人混みの中などで、他の人が話している会話を聞いてみることです。

 盗み聞きはよくないと思いますが、大切な会話でなければ許してもらいましょう。

 聞き耳を立てることで、自分では思いつかないこと、知らなかったことを聞くことができることがあります。

 環境や年齢、性別などが違えば考え方も違ってきます。

 ここでもそうなのですが、他の人の話を聞くとは、自分とは違う視点の情報を手に入れることができる絶好の機会なのです。

Amazon.co.jp 考具 ―考えるための道具、持っていますか?

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

考具 2/4

普段の生活で積み重なった記憶を引っ張り出し、組み合わせるだけでも、新しいアイデアがたちどころに誕生する。 "マンダラート"  デザイナーの今泉浩晃という方が開発さ...
プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。