サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自助論

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
著者:サミュエル スマイルズ
発行所:三笠書房
発売日:2002年4月10日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書の最初の一文には、こう記されています。「天は自ら助くる者を助く」
 
 これは、外部からの援助は人間を弱くする、自分で自分を助けようとする精神こそが必要であるという意味です。
 
 他人からの援助や支えは、たしかに貴重なものではありますが、あくまで自分のことは自分で責任を持たなければなりません。
 
 自らの成功は、自らを支配し、自らの力を発展させ、自らの力を信じるものにのみ与えられるのです。

私の感想
 このような不変の法則ともいえる自己啓発書を読むと、いつも深く考えさせられます。

 しかし、これをブログの記事にしようとすると、私の説明がうまくないせいか、どうしても何か当然の言葉ばかりを連ねただけの文章になってしまいます。
 
 ですが、本書では、多くの人物の例を取り上げ、成功とはどういうものか、成功するにはどうすればよいかということが、しっかりと記されています。

 本書を読むきっかけになったのは、私がよく訪問する、速読おやじさんのブログ 「速読おやじのビジネス書 レバレッジ・リーディング」 の記事を読み、興味がわいたからです。

 そちらの記事も読んでいただくと、本書のことが、より理解できると思います。

成功を生み出す要因とは
 それは、勤勉と忍耐、努力を実行し続けることにあります。
 
 どんなに報われない時期があっても、忍耐強くがまんし、勤勉と努力を続けることで、どんな困難な目標も達成できないものはないのです。
 
 できないと思って、途中で諦めてしまえば、何一つ成就することはできないのです。
 
 どんなに天性の才能というものがあったとしても、それは、ねばり強い努力と勤勉の上に成り立つものであり、偶然というチャンスも、努力という準備をしてきたものにしか訪れないのです。
 
 準備をしていないものには、いくらチャンスが訪れても、それに気づくことなく、目の前を通りすぎてしまうのです。
 
 そして成功できないことを世の中のせいにするだけなのです。

自分自身で運命を切り拓く
 自らの汗と涙で勝ち取った知識ほど、強く心に残るものはありません。

 学んだ知識を完全に自分のものにしようと思うのならば、生活の中から学び続けなければなりません。
 
 書物なども、知識を得るためには大切なものですが、現実の模範というものには敵いません。


 現実にある、困難や逆境が最良の経験となり、知識となるのです。
 
 人は読んだり、聞いたりしたことより、目で見たことのほうが、はるかに記憶に残ります。
 
 そのためにも、よい師、よい友に出会うことが大切です。
 
 人間の行動は、常に他人に影響を与えていますし、他人から影響を受けています。

 ゆえに、私たちは付き合う人を、よく選ばなければなりません。

 付き合う人により、自分の性格が形づくられていくのですから。
 
 そして、一度つくられた性格をかえることは難しいのです。

 だから、なるべく早くに、よい性格が形づくられる環境に身をおくべきなのです。

Amazon.co.jp スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

>外部からの援助は人間を弱くする
みたいですねぇ。ソース忘れましたけど
そういう記事を見たときにビックリしました。

>一度つくられた性格をかえることは難しいのです。
>だから、なるべく早くに、よい性格が形づくられる環境に身をおくべ>きなのです。
オワタorz

この本、今の自分にとって読みごたえがあるかもしれません。。。

座右の銘の一冊

読書で気づいた男さん、

ご紹介して下さり、ありがとうございます。
自助論については、たまに読み返して(本を読み返すのは手間なので、自分のブログ記事を読んでいますが)気を引き締めるようにしています。

今回も読書で気づいた男さんのこの記事がきっかけになって、読み返しました。出来ていないなあ・・・

意思の力が大切なんだと、思い出させてくれます。

はじめまして

こんばんは。
よくお会いするのになかなかコメントできず、初コメに緊張ですv-356
こうした本を読んで得た心を維持するのは、本当に難しいですね。

自分を律し続けることができれば良いのでしょうが、私は「お尻に火がつかないと…」の典型です。
きっとストイックさに欠けるのでしょう。
成長の光が見えません(笑)

読書で気づいた男さんでも、文章表現に苦労されるとは意外でした。
いつも上手くまとめられているので、感心しきりなんですよ。

悩みます・・・

ネガティブさん

本によっては、どのような成功者も、他の人の協力なしでは成功できないと、教えてくれるものもありますし、
一人では、できることは限られているのだから、周りの人の協力を得なければならないというものもありますよね。

どれも正しいことだと思うのですが、こう色々あると、どうすればよいか悩みますね。

7つの習慣だけ、頑張って3回読みました。

速読おやじさん

> (本を読み返すのは手間なので、自分のブログ記事を読んでいますが)
この方法、速読おやじさんの記事から教えていただき、私も使わせていただいています。

せっかく読んだ本を読みっぱなしでは、もったいないですもんね。

読んでも読んでも、読んだ次から前のものを忘れてしまう・・・
この連鎖をなんとかしたいですね(笑)

こちらこそ、はじめまして!

ごろちゃんさん
こちらこそはじめまして

私もこういう本を読んだ瞬間は、意識しているのですが、実行に移すわけでもなく、すぐに忘れてしまいます。
そして、また別の自己啓発書を読み、気持ちだけが盛り上がるのです。

それではダメですよね・・・

コメント本当にありがとうございます。
私は小説のことは、ぜんぜん詳しくなのですが、これからもよろしくお願いしますね。

ちなみに、私が昔かってた犬の名前が、なんと「ゴロ」というのです!
なにか親近感が湧いてきますね。

っいいながら、ごろちゃんさんがクマなのかイヌなのか悩んでいるのですが・・・

追記

くまなんですよ~e-346

そして、私も小説詳しくないんです。

まあ、くまにしては良く読むな…ぐらいなものかと(笑)


すごいクマ現れる!

ごろちゃんさん

やっぱりクマでしたか。

しかし、クマさんにしては本当に良く読んでらっしゃいますね(笑)
すごく器用なクマさんなんですね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。