サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書で気づいた男の速読術(笑)(雑談)

アクセスが多い記事
 9月30日現在、私のブログの記事の中で、一番アクセスが多いのが「世界一わかりやすい速読の教科書」です。(この本のことを教えてくれた、速読おやじさん、ありがとうございます)

 速読おやじさんのブログ 「速読おやじのビジネス書 レバレッジ・リーディング」 こちらにも「世界一わかりやすい速読の教科書」の記事がありますので、そちらも参考にしてみてください。

 一番アクセスが多いということは、それだけ速読を身につけたいというニーズが多いからなのかもしれません。

 そこで、今回「読書で気づいた男の速読術(笑)」というタイトルで、記事を書いてみたいと思います。(調子にのるなという声が聞こえてきそうですが・・・)

 こんなまぎらわしいタイトルですが、もちろん私が考えた速読術などではありません。

 いままで読んできて学んだ速読の中から、自分に合うものを選んで使っているだけです。

 ですが、何冊かの本を読むと、やはり同じようなことが書かれています。

 それだけ、速読には一定のルールがあるということだと思います。


挫折した速読術
 私は写真読みという方法に挫折した一人です。

 これは、フォトリーディングや、他の本にも言い方が違いますが、色々な本に載っている方法です。

 見開きのページを2秒ほどみて、右脳にイメージとして焼きつけ、次々とページをめくっていく速読方法といえば、わかりやすいかもしれません(その後に、ちゃんと本文に目を通すものもあるので、これだけで速読をするわけではありません)

 このやり方もできるようにはなりたいのですが、今はできないので、違う方法を使っています。

私の速読方法
 私の速読方法の基本は、「フォーカス・リーディング」から学んだ、視点の動きを自由につくりだす方法を素にした速読方法です。(フォーカス・リーディングの記事もあります)

 どんな本にも書いてありますが、一字一句音読をしていては、速読はできません。

 いかに視点を滑らかに運ぶことができるかで、読むスピードを自由自在に変えられるようにならなければいけないのです。

 ただ、私の場合フォーカス・リーディングに書いてあるほど、視点の動きを早くしていません。というかできません。

 やはり、内容が理解できるレベルでの視点の動きでなければ、不安ばかりが残り、読んだ気にならないからです。

本を読む前の準備
 本を読む前に、まずその本を読む目的を、もう一度考えます。

 そして、まえがき、あとがき、目次に、目をとおし、読む必要があるところを意識しておきます。

 そして、その本で必要と思われるところと、その前後ぐらいを、読んでいくようにします。

 多くの本は、必要なところだけを読むという速読方法が多いですが、私は、けっこう多くの部分に目をとおします。

 特に見出しは意識します。

 本によっては、読んでいる最中に、何について書いているのか、わからなくなるときがよくあるため、その都度、見出しを読み返すようにしています。


読んでいて、途中でひっかかったら
 私の場合は、意味がわからないところがでてきても、止まることなく読み続けます。

 なぜなら、途中で意味がわからなくても、読み進めていくうちに、わからなかったことが、わかるようになることがよくあるからです。


 それに、私はよく2度読みをします。

 1度目で全体を俯瞰しながら読んでいるので、2度目では多くのことが理解できますし、1度目のときに意味がわからなかったところは、また目次を見て、その意味が分かるところを探して、その部分を読むようにします。

 2度読むといっても、2回目はわからなかったところを読むだけなので、時間はあまりかかりません。

 それに、あまり時間をかけすぎると、最初に読んだことを実践することなく忘れていってしまうので、なるべく時間をかけないようにしています。

私の考える速読
 私の考える速読とは、たとえ読むページ数は少なくても、そこから何かを学び、実践で役にたてることができれば、それで十分だと思います。

 最初から最後まで読まないと、もったいないという気持ちは、まだ抜けきりませんが・・・。

 もちろんすべての本をそのように読むわけではありません。

 ブログの記事にしているような本は、けっこうしっかり読んでいます。(私が知っている知識の部分を飛ばして読むと、その本を読んだことのない人に、本の内容を説明することが難しくなるため)

 もちろん、自分の知識と見合わない難しい本は、読むところも多くなりますし、視点の流れも遅くなり、時間がかかります。

 これが、今の私の速読方法になるのですが、これからも、この方法は少しずつ変わっていくと思います。

最後に
 皆さんも、たくさんの速読本を読み、自分にあった方法を見つけてください。

 特に重複しているところは、誰もが認めている方法ということになるので、そこは、しっかり覚えておくとよいと思います。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

速読流行りなのですかね。
周りの人も良く話をしています。

私の尊敬する小飼弾さんも速読の達人ですし。。。

何気に、速読に一番重要なスキルって本が好きっていう事
のような気もしないでもないです。。。

基本ですよね

ネガティブさん

あっ!ネガティブさんのいうとおり!
どんなテクニックよりも、まず一番大事にしなければならないのは「読書が好き」という気持ちですよね。

これは大切です。記事に入れ忘れたな・・・

名前の割には速読できてません(汗)

読書で気づいた男さん、

いつも私のブログに言及して頂き、ありがとうございます。
「速読おやじ」というからには、速読の達人だろうと思われているかもしれませんが、実は・・・・・

私もフォトリーディングには向かなかった一人です。

私がやっている方法は
①本を読む目的をしっかり持つ
②まずは帯、目次、まえがきで何が書かれているかを大まかにつかむ
③とにかくざっと目を通す(1ページ2-3秒で)※ここで決して立ち止まらないことが大切です
④今度はスピードを上げて読みますが、決して後戻りしない

朝、1時間くらい電車に乗って通勤しているのですが、簡単なビジネス書なら以上の方法で行きだけで一冊は読めます。でも、ちょっと難解な本になると、もう少し時間かかりますね。

私もネガティブさんの「本が好き」というスキルが一番重要かも。
そういう意味では、私OKです(笑)!

そんなことないですよ!

速読おやじさん

速読方法まで教えていただき、ありがとうございます。

1時間で1冊、すごいじゃないですか!

フォトリーディングは難しい?というか、できているかどうかが、よくわからないので、なんともいえないですね。

でもこれはどうしても身につけたい技術の一つではあるのですが。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。