サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接続詞を意識する(雑談)

理解を助けてくれる
 「接続詞」それは文と文との関係を示す言葉です。
 
 私は文章を読むときにも、書くときにも、接続詞をなるべく意識するようにしています。
 
 速読をする場合は(速読以外でもそうですが)接続詞を意識することで、だいたいの文章構成がわかるようになり、重要なところと、そうでないところを見分けることができるようになります。

例えば
 「だから」や「したがって」などの接続詞(これを順接という)がでてくる文章では、前の文章が理由などを説明しているのに対して、その後にくる文章が、結果や結論などを示しています。

 速読などをする場合も、この順接の接続詞がでてきたら、すこしスピードを落として読むことで、大事なところを逃さずにすむ可能性があがります。

 「しかし」や「ところが」「けれども」などの接続詞(これを逆接という)も重要です。

 前の文章と逆のことが、その後の文章に示されるため、重要なことが書かれている場合が多いのです。

 「なぜなら」や「すなわち」などの説明の接続詞がでてきたときは、後の文章は、前の文章を補っていたり、追加情報を示していることが多いため、ざっと目を通す読み方でもかまいません。

私の文章の場合
 記事の最初のほうにでてきた「例えば」

 これは説明の接続詞になります。

 「例えば」は、この前の文章「速読をする場合は、接続詞を意識することで、だいたいの文章構成がわかるようになり、重要なところと、そうでないところを見分けることができるようになります。」を説明している文章になります。
 
 「例えば」の前にでてくる文章だけで、意味が掴める人は、その後の文章は、それほど意識する必要はありません。
 
 ところが、前の文章がわかりにくい場合にでてくる「例えば」は、前の文章を、より理解するために読んでおいたほうがよい重要なところとなります。

文章は見直そう
 文章を読む場合は、プロが書いた本など、しっかりした接続詞が使われているので、わかりやすいのですが、自分で文章を書く場合は、この接続詞の使い方が難しく、気づかぬうちに、間違った接続詞の使い方をしていることがあります。

 こうなると、文章の関係が分かりにくくなってしまうので注意が必要です。

 このように接続詞を意識することで、文章の理解を助けてくれますし、あなたが書いた文章をわかりやすく伝えることができるようになるのです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

為になります

はじめまして。
いつも更新楽しみいしております。

文章力に自信は無いのですが、
添削や修正指示をしないといけない事が多く
もっと文章力があれば・・・

接続詞のご説明、非常に為になりました。
接続詞に注目し気をつけて使用してみます。

本日も応援クリック 連打しときます(笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

がんばります!

ポムロールさん
こちらこそはじめまして

いつもブログを訪問していただきありがとうございます。
それに応援クリックまで、連打していただいて(笑)

私も文章を書くときには、接続詞を意識しているのですが、
これが難しい・・・
そのため、見直し見直しの繰り返しです。

「為になります」その一言が、すごい励みになります。ありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね。

No title

接続詞・・・あまり意識したことがないですね。
伝わりやすさという事を考えても重要になってきますね。

あまり文章力になく、上司によく笑われますが、気をつけていきたいと思います^^;

No title

今FC2ランキングを見たら1位の王冠が輝いてましたね!

どうもおめでとうございます!!

金メダルってなんて素敵な・・・

これからも更新を楽しみにしております!

今までは・・・

bookhorseさん

私も今まで、接続詞なんて意識していなかったのですが、
接続詞を意識しだすと、けっこう文章を読む手助けをしてくれますよ。

書く場合も、うまく使うとわかりやすくなりますし。

でも今は、あまり接続詞を使わないで文章を書くことを意識しています。
接続詞がなくても論理が通じる文章が、いい文章っていうことが、
何かの本に書いていたものですから。

何かをしてみたい

銀蔵さん
コメントありがとうございます。

やったー!ランキング1位になりましたね。
前回同様すぐに落ちそうですけど(笑)

でも、こうして色々な方からコメントをいただけるのがうれしいですね。

銀蔵さんのように、何度かコメントのやりとりをさせていただいている人、
初めての人、みんなで何かできれば最高なんでしょうけどね。
なかなかいいアイデアは浮かんでこないです。

銀蔵さんがしていた「自慢するブログ」ように、みんなで参加できるものができればよいのですが。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。