サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデアが生まれる時(雑談)

携帯電話と電車が結びついた時
 多くの本にも書かれていることなのですが、「アイデアとは、今までに手に入れた情報と情報との反応で生まれてくるもの」といわれています。

 電車に乗っていると、携帯電話を見ている人をよく見かけます。3割ぐらいの人が携帯電話の画面を見ているのではないでしょうか。

 このような場面は、誰でも目にすることであり、特に意味を持つことなく頭の片隅に置かれているものだと思います。

 マクドナルドには、親子連れの方が多くいます。そこで子供を見ていると、多くの子供がニンテンドーDSで遊んでいる姿をみます。

 マクドナルドには「マックでDS」という、ちょっとしたゲームがDSで遊べるようになっているのです。ご飯を食べるときにまでゲームをしなくても、とは思いますが、子供は夢中になっています。
 
 このような場面も、誰でも目にしますが、気になることはありません。

 しかし、この2つが合わさるとアイデアが生まれることもあります。

電車内でもDSのように、携帯電話に情報を配信できないだろうか?
 これだけの人が電車内で携帯電話を見ているのです、技術的なことは、私にはわからないので、なんともいえませんが、芸能人を起用したコンテンツや、サラリーマンのためのニュース、地元密着の駅周辺情報など、いろいろ配信できることはあると思います。

 ただ、携帯電話単体で、情報を手にいれることが簡単にできるため、このアイデアは正直あまりよいものとはいえません。
 
ここでいいたかったのは、アイデアが生まれる時というのは、このように2つの(複数の場合もある)情報が合わさったときに浮かぶものだということです。

 この話はパッ!と思いついたことであり、「とっくにそんな話はきいたことがある」「もうすでにそういう電車が走っている」といわれてしまうと、私が時代についていけていないことになりますが・・・(笑)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。