サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝える力

伝える力 (PHPビジネス新書)伝える力
著者:池上彰
発行所:PHP研究所
発売日:2007年5月2日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 私も含め、多くの人が、自分が経験したおもしろいことや感動したことを、上手に人に伝えたいと思うものです。

 本書では、その「伝える力」をビジネスパーソンを念頭に置き、身につけるためにはどうすればよいのかということが、池上さんらしく、わかりやすく説明されています。

深く理解する
 伝える力を身につけるためには、何よりも最初に伝えたいことを自分自身がしっかり理解しているのか、ということが大事になります。

 いくら伝える力を持っていても、しっかり理解していないものを、誰にでもわかるように伝えることはできないのです。

 本書の「伝える力」の最大の特徴は、難しい言葉をつかい、わかっているかのように伝えることではなく、まったくその知識がない人でも、理解できるように伝えることが、大事だということを教えてくれています。

 まったくその知識がない人にわかってもらうためには、表面の出来事を知っているだけでは、ダメなのです。

 池上彰さんは、「週刊こどもニュース」などで、これを実感したそうです。

 そして、私たちは何かを伝えるとき、聞き手によって言葉を選ばなければなりません。

 相手の知識に合わせて言葉を選ばなければ、いくらよいことを言っていても、何も伝わらないのです。

 これらの準備ができて、はじめて伝えることのスタートラインに立ったといえるのです。

文章力アップを目指す
 人に文章を見せる前に、見直しをすることは大切なことです。その見直しの方法にもいろいろあります。

 自分で見直す場合は、なるべく客観的に見るため、文章を数日寝かせてから見直したり、音読をしてリズムを確認するなどの方法があります。

 客観的に判断してもらうなら、他の人に読んでもらうのが一番よい方法ではないでしょうか。

避けた方がよい表現
 カタカナ語をつかう場合は、伝えたい相手をしっかりイメージしてつかうことが大切になります。

 そのカタカナ語を伝えたい相手が理解できるのかどうかを、よく考えないといけません。

 接続詞もあまりつかわないほうがいいようです。

 接続詞が多くある文章は、幼稚な文章に見えますし、間違った使い方をすると理解のさまたげになるからです。

 論理がきっちりつながっていれば、接続詞がなくても文章はおかしくなることはないので、なるべく少なくすることで、論理力も鍛えることができるようになります。

Amazon.co.jp 伝える力 (PHPビジネス新書)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

こんにちは!

池上さんは本でも分かりやすいのですね。

確かに基礎知識がない分、子どもに教えるのが一番難しいのかもしれません。

ブログでは、基礎知識がそれぞれ違う人に、不愉快な思いをさせないように、と記事を書くのは難しい。
いつも頭を悩ませています。

接続詞もそうですね。
自分の癖が目に付き、不用意に使っているなと感じます。

文章を数日寝かせるとは良いですね。
文がまとまらなく、数日保留になっていることはありますが、寝かせていると思ったら、かっこいいv-218

えっ。ポジティブシンキングの話ではない…?(笑)

No title

読んでみたかったのです。
この本。

文章も寝るのかな?

ごろちゃんさん

文章を数日寝かせるのは、本当によい方法ですよ。

私は、できる限り1日は寝かせるようにしています。

たった1日寝かせておくだけでも、けっこう書きなおしがでてくるものです。

急いで、更新しなくてよかったと思うこともしばしばです。

それに、やっぱり「寝かせている!」かっこいいでしょう

コメントありがとうございます!

きゅーさん
はじめまして

池上さんの本は、わかりやすくていいですよ。
池上さんの経済の本は読んだことはありませんが、
こちらのわかりやすさも、きっと桁はずれなんでしょうね。

伝えるのは難しい

私も数ヶ月前にこの本読みました(http://sokudokuoyaji.blog130.fc2.com/blog-entry-8.html)。

先日「キャズム」という少し小難しい本を読んでいたら、小学三年生の息子がカタカナと表紙のグラフに反応して、「パパ-、キャズムって何?」と聞いてきました。うーん、困りました。そんなとき、この「伝える力」を思い出しました。

子供に難しいことを伝える練習をすれば、伝える力とてもつきそうです。

この本に書いてある接続詞は極力使わないというので、「いずれにしても」はできるだけ使わないように気をつけています。気がつくとこれ使っちゃうんですよねえ。いずれの選択肢もないのに、なんか決まり文句のように「いずれにしても」。

で、いずれにしても、「いずれにしても」は使わないようにしたいですね(笑)

はじめまして

池上さんは本もお話も本当に分かりやすいですね!

母が良かったと薦めてくれた『伝える力』、私も持ってました。
我が家には同じ本が2冊^_^;

私はまだ途中までしか読んでいませんが、文章力アップの秘訣も
書かれているというご紹介を読んで、再度手に取ってみようと思
いました。

ありがとうございます。

文章の癖

速読おやじさん

接続詞は、人によって癖がありそうですよね。

私も自分で気づいていないだけで、同じ接続詞を意味もなくつかっていそうです(笑)

「キャズム」とは、また難しそうな本を読んでいますね。
私も興味はあるのですが、なかなか手をつける勇気がでないでいます。

参考にしてもらえて、うれしいです。

ちゃっぴさん
はじめまして
コメントありがとうございます。

「伝える力」の本に、極力接続詞をつかわないほうがよいという項目があるのですが、
文章力アップの参考になりますよ。

私も意識しているのですが、油断をすると、すぐに接続詞使ってしまいます(笑)
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。