サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略「脳」を鍛える

戦略「脳」を鍛える戦略「脳」を鍛える
著者:御立尚資
発行所:東洋経済新報社
発売日:2003年11月27日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 そもそも戦略とは、何のためにつくりあげなくてはならないのでしょうか?

 戦略は必要なのでしょうか?

 戦略とは、将来の自社のあるべき姿を達成するための、道しるべであり、競争相手に対して優位性をつくりあげるために必要なものです。

 そして、その戦略をつくりあげることに必要になるものが戦略論なのです。

 では、その戦略論を勉強すれば「勝てる戦略」がつくれるようになるのでしょうか?

 本書には、ユニークな戦略をつくりあげるための、戦略脳を鍛える方法が数多く載っています。

 そして、その手法をどのように使えばよいかということが、事例として載っているため、わかりやすく学ぶことができます。

戦略論だけでは勝てない
 私たちがよくみかける戦略論のほとんどが、過去の成功例から導きだされたものです。

 その戦略論を学ぶだけでは、同じような戦略論を学んだ者同士の勝負では、勝つことはできません。

 過去の成功例から導きだされた戦略論は定石として最低限知っておかなければならないものですが、勝てる戦略には、それ以外の何かが必要になるのです。

 その何かが、あなたのユニークな視点なのです。

 ユニークな戦略をつくりあげるものに必要なものが「定石+思考のスピード+複数のレンズ」になります。

 このうちの思考のスピードと複数のレンズを、あなた自身のユニークな視点でつくりあげることで、勝てる戦略をつくることができるようになるのです。

思考のスピード
 思考のスピードをあげるとは、定石を加工・応用して、新しいものを生みだすために、競争相手よりもはやく仮説と検証を繰り返すことにあります。

 そのためには、物事の局面をパターン(事例化)として考える癖をつけ、そのパターンを記憶していくのです。

 そのパターンを蓄積することで、1から考える手間をはぶくだけでなく、そのパターンを活用し新しい戦略を生み出すことが可能になるのです。

 思考のパターンの1つにプリエンプティブ・アタック(先制攻撃)というものがあります。

 競争相手より、先に商品を投入できた場合、自社商品を一気に展開することで、類似商品を投入されるまえに、市場のシェアを獲得しようというものです。

 これは、多くの商品で使うことができる手法の1つです。

 もうひとつは、競争相手より先に行動を起すことで、競争優位に立つことです。

 「○○といえば△△の商品」というイメージをつけることができれば、シェアを奪われにくくなります。

 これをファースト・ムーバー・アドバンテージ(先行利得)といいます。

 この他にも、本書には思考をスピードアップさせるための、パターンが載っています。

複数のレンズ
 ユニークな戦略をつくりあげるために必要なものに、物の見方を決めるレンズというものがあります。

 私たちは同じ物を見ていても、人によって感じることは違うものです。

 あなたにとってよいものも、他の人にとっては、よいとは限らないのです。

 色々な視点を見につけるために、私たちはレンズを意識的にかえなければいけません。

 レンズには「拡散レンズ+フォーカスレンズ+ヒネリレンズ」があります。


 拡散レンズとは、視野を広げて考えるということです。

 その1つにホワイトスペースの活用というものがあります。

 あなたがいままで市場やターゲットだと思っていなかったところに、思わぬ発見があることがあります。

 いつも見ているものとは、まったく関係ないと思われるところも観察してみる癖をつけましょう。

 フォーカスレンズとは、深く見る見方ことです。

 現場から送られてくるデータだけを見るのではなく、実際に現場にいきユーザーと同じ行動をし、プロセスを調査し、問題点を探し出すやりかたです。

 これら思考のスピードと複数のレンズで定石を加工・応用することで、新しいユニークな戦略が生み出せるようになるのです。

Amazon.co.jp 戦略「脳」を鍛える

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

のうとれ!

「脳を鍛える」という言葉には、私はホイホイ釣られてしまいます(笑)。

思考のスピードが重要なのは分かるのですが、なかなか上手くいきません。つい、手軽な脳トレに手を出してしまいます。

脳にスイッチってないのかな

読書ブログ屋さん
聴くだけで頭がよくなる 音のCDブック続けているのかな~

私も一時期、DSの脳トレをしていた時がありましたが、
使用前と使用後の違いは、まったくわからなかったです(笑)

No title

ぶっくばんく と申します。

深い内容の考察と記事、面白く拝見させていただきました。

私は片田舎で古本屋をやろうとブログを立ち上げたばかりのものですが、こちらの記事を読ませていただくと、うっかりこちらが買ってしまいたくなりますね^^;

戦略的な脳の作り方~DMの方法などを紹介されておられるようですが、ビジネス系の本が主体でしょうか?

はじめまして

ぶっくばんくさん
はじめまして
コメントありがとうございます。

古本屋、いいですね。
多くの人によい本を届けることができれば、なんてすばらしいことか!

私はビジネス本や自己啓発本が多いですかね。
でも、最近は自分好みの本に偏ってしまうのを防ぐため、
知り合いの人に本を借りたり、よい本を教えてもらったりしています。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。