サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅せる力

魅せる力―人が人を惹きつける目に見えないパワーの秘密魅せる力―人が人を惹きつける目に見えないパワーの秘密
著者:ブライアン・トレーシー、ロン・アーデン
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2007年1月26日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書の最初の一文からの引用です。「人は人から好かれたら、すごく幸せだと思います。人は人を好きになれたら、さらに幸せだと思います」

 本書は、この人から好かれる「魅せる力」を身につけるためのものです。

 そして、この力を身につけることで、あなたと一緒にいる人を最高に幸せな気持ちにすることができるようになるのです。

 魅せる力を学ぶにあたって、あなたは多くのことに気づくこととなるでしょう。

 今までの日常生活の中で、いかに失礼な態度で人と接していたのか。

 そして、魅せる力を持っている人と一緒にいることで、どれだけの幸せを得ることができるのかということを。

魅せる力とは
 魅せる力とは、目の前にいる人に集中し、その相手を特別な気持ちにさせてあげることです。

 そして、それは誰でも訓練で身につけることができる力なのです。

 あなたの周りにも、魅せる力を発揮している人はいるのではないでしょうか?

 その人と会話していると、なぜだかわからないが、自分の価値を本当に理解してもらえていると思えることはありませんか。

 まずは、その人がどのようなことをしているのかを、観察してみることから始めてみましょう。

話を聞く
 相手の話を聞くということは、好かれる人になるための基本ともいえます。

 しかし、話を聞くといっても、単に話の内容を憶えていればよいというものではありません。

 人の話を聞くときは、相手に注意力のすべてを向け、100%の関心を向けなければなりません。


 そのとき何かをしているのならば、それをストップしなければいけませんし、相手の話を遮るようなことは絶対してはいけません。

 その他にも本書には、効果的な話の聞き方が4つ紹介されています。

行動で伝える
 魅せる力を発揮するには、もちろん心がこもっていなければいけません。

 しかし、いくら心がこもっていても、行動という形で伝えなければ、なかなか伝わるものではありません。

 心の中でどれだけ相手のことを考えていても、人は相手がどのような行動をとっているかで相手のことを判断します。

 例えば、どれだけ相手のことをおもって話を聞いていても、相手の目をみることもなく、身体も別の方を向いていては、相手に気持ちは伝わりませんし、相手に不快な気持ちをさせることになります。

 心がこもっているのは当然ですが、行動がともなっていなければ、伝わらないのです。

 そのためにも、心をこめて「私はあなたの話を聞いています」というシグナルを送らなければなりません。

 本書では、それを8つのシグナルとして紹介しています。

ボディランゲージ
 シグナルのひとつにボディランゲージがあるのですが、これも注意が必要です。

 あなたにその気がなくても、腕を組んでいたり、椅子に深く腰掛けていたりしているだけで、気持ちが伝わらなくなります。

 当然、身体が相手の方を向いていなければ、私はあなたの話を聞いていませんと、伝えているのと同じことなのです。

アドバイスはいらない
 これは、話を聞くというところでも述べたことなのですが、相手の話を辛抱強く聞くことが大事です。

 私たちはどうしても相手の話に割り込みたくなりますが、それを我慢して相手が話終わるのを待たなくてはいけません。

 特にアドバイスなどは、話の途中にしてはいけません。

 話をしている人は、アドバイスなどを求めていないことが多いのです。

 本当にアドバイスを求めている人は、それを伝えてきますので、求められてから、初めてアドバイスをするぐらいでちょうどよいのです。

本書を読み終わった後に
 本書を読み終えると、当然のことであったり、新しく知ったことであったり、色々なことを知ることができます。

 その中で、いかに自分がそれらのことをできていないかに驚くとともに、相手の気持ちを考えていなかったことに気づくことになるでしょう。

 それに気づくことができれば、あとはそれを忘れず行動に移すことで、人から好かれる人に、一歩近づくことができるようになれると思います。

 私の場合、話を聞いているときに、身体が相手の方を向いていないというところで、ドキッとしました。男性の方は、これが多いのではないでしょうか?わかっていても、なかなか治せない、でも治さなければいけないところなのでしょうね。

Amazon.co.jp 魅せる力―人が人を惹きつける目に見えないパワーの秘密

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

心理学っておもしろいですよね。

最近、心理学関連の本を読むことが多かったので、私こういうのには強いんですよw

人に好かれるには、聞き上手になること。
これが鉄則。

よくよく思い返してみれば、そうですよね。
私の周りにいる信頼できる人や親友はみんな、私の話を聞いてくれます。

読書で気づいた男さんもそうではないですか?

ふむふむ

石田純一さんも、
女性にもてるためには聞き上手になること!って
言ってましたよ~(笑)、こんばんは☆

アドバイスをしないってところ、すごく納得します。
求められたらすればいいんですね!
相手は、聴いてほしいわけですものね。

好きな相手や興味のある相手なら、誰に対しても、
自然と行動もともなうんですけど☆
真剣な会話中に視線が泳がれたら、
やっぱり私も傷つくなあ。

できているかな・・・

くうさん

心理学好きなんですか?

私も興味はあるのですが、どこから手をつけてよいのかわからず、
あまり読めていないのです。

「聞き上手になる」これは耳がいたいですよね。
頭ではわかっているのですが、実際にできているのかどうか自信がありません。

ただ、途中で話を遮らないようには、常に意識していますので、これだけはできているかな~とは思いますが。

私も素足になろうかな

空花さん

>真剣な会話中に視線が泳がれたら、
>やっぱり私も傷つくなあ。

きっと、男性のほとんどは、女性が話をされているのに、テレビを見ているのでしょうね。

そう考えると、男性はおろかですよね。(私もそうですが)

そして、ちゃんと聞いているのと聞かれたら「ちゃんと聞いている」と答える。

これパターンですよね(笑)

No title

こんばんは
 
傾聴ということばがありますね。
相手に心を向けて話をじっと聞くのは心をこめないとできない…結構身近な人に対しての方が軽んじているように思えました、反省。

No title

はじめまして、くまこ”と申します。

仕事をしていて思うことがあります。
次もこの方に来て頂くためには
自分が特別だと思って頂くこと。

仕事をしていて、皆さん平等にとは心がけていますが
一人ひとりに特別感を味わっていただけたら
リピートされるのではないかと。

読んでみたいと思いました。

そうですよね

杏さん

たしかに身近な人ほど、軽んじてしまっているかもしれませんね。

自分に対する甘えのせいか、この人はわかってくれているから大丈夫と勝手に思い込んでしまい、相手の気持ちを考えなくなることは、よくありますよね。

本当は身近な人ほど、大切にしなければいけないのに。

この人から・・・

くまこ”さん
はじめまして
コメントありがとうございます。

私たちが、商品などを買うときには、自分の好きな人から買うこともよくあることだと思います。

また「この人から買いたい」と思われる人になるためにも、相手に特別な気持ちを感じてもらうことは大切なのだと思います。

そのために、自分に何ができるのか、それを考えないといけませんね。

No title

読書で気づいた男さんへ

心理学のおすすめ本は、東山紘久さんの「プロカウンセラーの聞く技術」です。

話を聞くための心構えや、具体的な聞き方が書かれています。

新しい発見ができました

くうさん

おすすめ本の紹介、ありがとうございます。

さっそくAmazonで調べてみましたが、読者に対し「さて、あなたならどう答えますか?」というような形式になっていると書いてありましたので、どんな本なのかすごく興味が湧きました。

本屋にいったときに、見てみます。

ありがとうございます。

No title

ブライアン・トレーシーの本は何冊か読んで、「いい事書いてあるなあ」と実践したくなるような話ばかりなのですが、この本も良さそうですね。読書で気づいた男さんの記事を読んで、早速Amazonクリック!

妻「なんとかかんとか(と私には聞こえる)。で、どう思う?」
私「えっ、なに?」
妻「私の話、聞いてんの?(やや怒)」
私「えーと、ごめん、ちょっとぼーっとしてて」
妻「いつもやん、ちゃんと話聞くときはこっち向いて聞いてよ(怒)」
私「あ、ごめん、ごめん」
妻「ごめんって、言えば済むと思ってんの(怒)」
つづく・・・・・・・

てな、日常風景が世の中一般的でございます(笑)

相手の立場にたって話を聞かないといけないですよね。
そして、それが楽しくできるといいですね。
人の話を聞くのが好きで好きでたまらない!という感情が生まれますように。

早速、この本を読んだら頑張って実践します。

永遠のテーマ

速読おやじさん

そうなんですよね。
私も話をぜんぜん聞いていないと、よく言われます。

>人の話を聞くのが好きで好きでたまらない!という感情が生まれますように。

この感情ほしいですね。
本を読んだ後は意識するのですが、時間がたつと、ついつい別のことに気がいってしまう。
それも、身近な人であればあるほど、話を聞いていない状態になってしまう。

これが怒りに火をつけてしまうのでしょうね。

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。