サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済学思考の技術

頭がよくなる「経済学思考」の技術頭がよくなる「経済学思考」の技術
著者:木暮太一
発行所:中経出版
発売日:2010年4月16日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は「経済学のものの見方、考え方」を身につけるためのものです。

 経済学では、「需要」と「供給」は、バランスのとれる均衡点に必ず落ち着くという考え方があります。

 本書では、社会で起きている出来事も、必ずこの均衡点(物事の最も妥当な結果)に落ち着くことになると言っています。

 その均衡点を見つけることで、将来の予想も可能になるのです

均衡点の求め方
 社会での均衡点を決める要素に、インセンティブ(行動の動機)とルール(環境や制限)という2つの要素があります。

 インセンティブとは、私たちの行動の動機のようなもので「こうしたい」と思っていることです。

 ルールとは、私たちが「こうしたい」と思っている状況での、外部からの制限になります。

 均衡点は、この二つのバランスにより導きだされることになります。

 インセンティブとルールのバランス=均衡点になります。

 これだけでは、わかりにくいと思いますので、本書から例を引用したいと思います。

タスポで未成年者の喫煙がなくならない理由
 ここでのインセンティブを持つことになるプレイヤーは、二つあります。

 一つはタバコを販売する店舗と、もう一つは未成年の喫煙者です。

 タバコを販売する店舗の人は、少しでも売上を伸ばしたいという「こうしたい」という強い動機を持っています。(インセンティブ)

 そして、未成年者の人も、これまでどおりタバコを吸いたいという「こうしたい」という強い動機を持っています。(インセンティブ)

 次に、ルールを考えます。

 この状況でのルールですが、今現在のシステムでは、年齢の確認が店員任せというのが実情です。

 法律では違反となっていますが、実際にそれを販売することで、取り締まられるシステムにはなっていません。

 では、この状況での均衡点はどうなるでしょうか?

 少し考えるとわかりますね。

 店舗側は、生活がかかっているため、ルールよりもインセンティブの方が勝ることになり、販売する力が働きます。

 それに、自分の店で売らなくても、他の店で売られ始めると、そこにお客さんが取られてしまうことになりますので、ダメだとわかっていても、販売してしまいます。

 未成年の喫煙者も、それがわかっているので、売ってくれる店を探すことができます。

 このことからも、未成年者は自動販売機でタバコは買えなくなりますが、別の店で買うようになるというだけで、未成年者の喫煙が減るわけではないのです。

 これがインセンティブとルールのバランスがとれる均衡点なのです。

タバコの値上がり
 ここからは、本書には載っていないのですが、タバコが値上がりしましたよね。

 これにより未成年者の喫煙には、どのような影響があるのでしょうか?

 インセンティブは「売りたい」と「吸いたい」で前とかわりません。

 しかし、ルールが大きく変わりました。それが、タバコの値上がりです。これにより、インセンティブよりルールが勝ることが生まれてくるのです。

 このように、インセンティブやルールが変われば「新しい均衡点」が生み出されることになります。

 本書では、この他にも経済の仕組みが、どのようになりたっているのかをインセンティブ・ルール・均衡点の考え方で説明されています。

 そして、インセンティブやルールが変わることで、均衡点にどのような影響が与えられるかが、実際の経済の話で説明されています。

Amazon.co.jp 頭がよくなる「経済学思考」の技術

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

木暮さん

木暮さん、よく知ってます。
大学生の時、この人の参考書は本当にわかりやすかったので重宝してました笑。
彼の説明力、わかりやすさはピカイチだと思ってます(勝手に)。

リンクのコードがおかしいのかわかりませんが、
木暮が「小暮」になってますね。
でも、あまり気になさらないで下さいね!

夜分遅くに失礼しました^^

はじめまして。

読書1万時間への道のり、頑張って下さいね。
自分も活字好きですが、
経済学など普段読まない本をわかりやすく紹介してらっしゃるので、
その分野に関して興味を持ちました!

ありがとうございます

bookhorseさん

木暮さんは、経済の本をたくさん出されていますよね。

それに、本当にわかりやすい!私みたいなものでも理解できるように書かれているので助かります。

名前間違えていましたね。なんて失礼なことを・・・
木暮さん、すいません。

bookhorseさん、間違いを見つけていただきありがとうございました。
bookhorseさんが見つけてくれていなければ、ずっとそのままだったかも(笑)

うれしいお言葉、ありがとうございます

ふわころ本舗さん
こちらこそはじめまして
コメントありがとうございます。

読書1万時間への道のり、あと何十年かかるかわかりませんが、頑張ります(笑)

「わかりやすく紹介してらっしゃるので」この言葉が、一番の励みになります。
本当にありがとうございます。

私も昔、犬を買っていましたが、かわいいですよね。
私のところは、だいぶ言うことを聞いてくれない犬でしたが。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。