サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題解決で重要なこと(雑談)

問題の定義
 私たちは、ビジネスや日々の生活の中で、多くの問題にぶつかることがあります。

 そのような問題の解決に必要なものとは、いったい何なのでしょうか?

 一部の人が持っているような、ひらめきなのでしょうか?

 今回は問題解決で重要な考え方を紹介したいと思います。

 著者「デイビッド・マレイ」 著書「ブレーン・ハッカー 巨人の肩に乗れ」という本に「問題の定義のしかたが、解決の方法を決める」というものが載っています。

 解決方法というのは、当然のことながら何を問題にするかによって変わってきます。

「島」か「半島」か
 本書では、このように説明されています。問題を海の中に浮かぶ「島」だと定義すれば、そこに渡るためにはいかだをつくる必要がありますが、「半島」だと定義すれば歩いていくことになるというものです。

 もう少しわかりやすくいうと、どのように問題を定義するかによって、解決策の選択の幅が決まってくるということです。

 「いかだ」であっても「歩く」であっても、問題の解決策を示していることにかわりはないのですが、問題が「半島」であれば、わざわざいかだをつくる必要はありません。

 少し時間をかけて、周りを探索(問題の明確化)することで、「島」か「半島」かを確認することが重要になるのです。

 このことからもわかるように、問題の解決策を考える前に、まず何が問題なのかをはっきりさせることが大事になってくるのです。

 問題の定義のしかたにより、いかだをつくるような無駄な作業をすることにもなれば、簡単に歩いて到着できるようにもなるのですから。

 そして、問題がはっきりすれば、解決方法もおのずとでてくることになります。

 解決方法が浮かばないというときは、問題が明確にさせていないことが多いのです。

 どのような解決方法も問題の上に成り立つものです。

 まずは、解決策を探すまえに、時間をかけて、問題をじっくり見つけることから始めてみてはどうでしょうか。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。