サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の始めにいつも考えること(雑談)

今年の目標は?
 みなさん、今年も新しい1年が始まりましたね。
 
 私もそうですが、年始めに今年の目標をたてる人は多いのではないでしょうか?
 
 目標というほど大袈裟なものでなくても、心機一転、何かを始めようと思っている人は多いと思います。
 
 ですが、どのようなことを始めるにしても、それを続けることが大事なことです。そう、習慣にすることが重要になるのです。例えば、ダイエットや禁煙、勉強や習い事などです。

 今回は年始めということで、行動を習慣づけるために役立つ書籍を紹介したいと思います。前回と同じような記事になりますが、今回は行動に焦点を当てた書籍です。

 これらの書籍を参考にしていただき、今年こそは何かを成し遂げる喜びを味わってみてはいかがでしょうか。

 私が行動を習慣づけることで影響を受けた人に、石田淳さんがいます。

 今回は石田淳さんの書籍で、私が読んだことのあるものを紹介したいと思います。

 「石田淳さんのホームページ」

石田淳さんのプロフィール(ホームページからの引用)
 日本の行動科学(分析)マネジメントの第一人者
 アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる行動分析、行動心理を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。
 「行動科学マネジメント」として展開。

 精神論とは一切関係なく、行動に焦点をあてる科学的で実用的な手法は、短期間で組織の8割の「できない人」を「できる人」に変えると企業経営者などから絶大な支持を集める。
 また、社内マネジメントだけでなく、ビジネスパーソン個人が自ら成長する際に今後、最も必要となる「セルフマネジメント」にも活用できるという手法として、各方面からさらなる注目を浴びる。
 現在は、組織活性化に悩む企業のコンサルティングをはじめ、セミナーや社内研修なども行い、ビジネス・教育の現場で活躍している。

私が読ませていただいた4冊
続ける技術
 本書はセルフマネジメントをやさしく学びたい人に役立つ書籍です。

 本書にある行動科学マネジメントとは、精神論で習慣をつくりだそうというものではなく、行動に焦点をあて、習慣をつくりあげようというものです。

 そして、その行動には2つのパターンしかありません。それは、ある行動を増やすか減らすかということです。

 そして、その行動をコントロールすることで、目的を達成します。

 しかし、その行動をコントロールするためには、行動を起こしやすくするための、条件をつくりあげなければなりません。事前に条件をつくりあげておくことで、精神論ではなく、その行動を起こしやすくさせるのです。

「続ける」技術「続ける」技術
(2006/10/30)
石田 淳

商品詳細を見る


短期間で組織が変わる
 こちらの書籍では行動科学マネジメントを、より詳しく解説されています。

 セルフマネジメントだけにとどまらず、企業などでの人材マネジメントなどにも使うことができるように解説されています。

 こちらは、行動原理に焦点をあて、どのような仕組みで行動が起きるのかを専門的に深く解説されていますので、より深く行動科学マネジメントについて知りたい方にはおすすめです。

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント
(2007/09/29)
石田 淳

商品詳細を見る


超!自分マネジメント整理術
 過去の記事で書いてありますので、そちらを参考にしてください。
 超!自分マネジメント整理術

組織が大きく変わる「最高の報酬」
 過去の記事で書いてありますので、そちらを参考にしてください。
 組織が大きく変わる「最高の報酬」

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

私も使わせてもらっています

石田淳さんの「続ける技術」は、私も使わせてもらっています。

やりやすい環境作り、記録をつけるなど、実践的ですよね。

先達ては当ブログのご紹介を頂きましてありがとうごさいました!!
お礼が遅くなって申し訳ございませんm(__)m
PCがクラッシュしたもので暫くは更新が難しいと思いますが今年もヨロシクお願い致します!!

記事と関係ないコメントですいませんm(__)m

精神力も・・・

本のソムリエさん
コメントありがとうございます。

「続ける技術」わかりやすくて、いいですよね。
私も一時期、これを使ってダイエットに挑戦したことがありますよ。

もちろん成功しました。
ですが、かなりの精神力を必要としましたけどね。

悲惨・・・

銀蔵さん

とうとう2台目のPCがクラッシュですか。

チョップや人工呼吸でも治りませんか?
今年も始まったばかりなのに、大変ですね。

携帯での更新大変でしょうけど、今年もブログ楽しみに訪問させていただきますね。

遅ればせながら

明けましておめでとうございます。
え~明けて1週間たってしまいましたがe-330

石田淳さんの「続ける技術」以前、読みました。
続けるためには、まず何を続けたいか?
で、次にターゲット行動とライバル行動を見つけて、
その対処法を考える・・・んでしたっけ?違うかも?

いたく感動したにも関わらず、役立ててないことに、
今、気がつきました・・・。もう一度、読んでみよう・・・。

今年も、どうぞよろしくお願い致します。
いつも、たくさんの「気づき」をありがとうございます!

今年もよろしくお願いします。

彩月さん

> で、次にターゲット行動とライバル行動を見つけて、
> その対処法を考える・・・んでしたっけ?違うかも?

そのとおり!

私もこの記事を書くまで、忘れていました。
読んでいるときは、すごい発見だったのですが、時間がたつと忘れてしまいますよね。

これをなんとかしないと、たくさん本を読んでも意味がない・・・。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。