サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ち馬に乗る!(前半)

勝ち馬に乗る! やりたいことより稼げること勝ち馬に乗る! やりたいことより稼げること
著者:アル ライズ/ジャック トラウト
発行所:阪急コミュニケーションズ
発売日:2007年2月11日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 いきなりですが、本書には驚かされました。本書は、よくある自己啓発本とは、まったく違う視点から書かれています。

 一言で表すと「成功とは、自分自身にある何かから生まれるものではなく、他人から与えられる何かにある」というのです。まるで、今までの努力を全否定されるような始まりかたに驚きます。

 本書のすべては、成功というものを自分自身で生み出すのではなく、周りから与えてもらうものという視点で書かれています。(最初は、えぇ~と驚きましたが、本書を読むと、その理由に納得できます)

 著者は、あなたに成功を与えてくれるものを競走馬に例えているのですが、あなたがどの馬に乗るかによって、成功できるかどうかが決まってくるというのです。

 あなたが乗る馬には、たくさんの種類があります。それぞれの馬には成功に対するオッズが振り分けられているのです。

 私たちは、勝つことのできる馬を探さなくてはなりません。

周りにある成功
 多くの人が成功するために目標をたて、自分自身を信じ、突き進もうとします。自分自身の力だけで、成功を掴もうとするのです。

 ですが、どれだけ目標にむかい能力に磨きをかけても、それだけで成功できるほど、世の中は甘くはありません。

 ではどうすればよいのでしょうか?

 目標だけを追いかけていると、ふとした出来事に対応できなくなります。

 あなたの目標に関係ないと思われるものには、目もくれなくなってしまい、他のチャンスが巡ってきたときに気づくことができなくなってしまうのです。

 目標に関係がないものでも、チャンスを運んでくれる馬を見つけたら、それに乗ろうとしなければなりません。

 成功とは、あなたの周りにあります。それを見つけるためには、自分自身に集中するのではなく、外に目をむけなければならないのです。

勘違いしてはいけないこと
 本書でいう成功とは、自分以外に儲けることができる馬(人やモノやアイデアなど)を見つけることです。

 成功とは、誰かが自分に与えてくれるものです。他人の力を信じ、そこに賭けることが、成功の近道になるのです。

 ここで勘違いしてはいけないことがあります。

 他の誰かに成功を与えてもらうといっても、ただ待っているだけでは、チャンスは現れるものではありません。

 あなた自身が成功するために乗るべき馬を見つけなければならないのです。

 どれだけ、あなたに能力があっても、負け馬に賭けるようなことをしていては、成功などできないのです。

少し私の意見を
 この文章だけを読んでいると、まるで努力をしなくても、よい馬さえ見つけることができればいいような文章に思えるかもしれませんが、あくまで、努力と能力という土台があってのことだと私は思うのです。

 その土台があり、よい馬を見つけたときの準備をバッチリしているからこそ、チャンスがきたときに最大限に活かすことができるようになるのです。

 だからこそ、自分自身の準備は常にしておかなければならないと思うのです。

 記事が長くなりますので「周りから成功を与えてもらうには」と「他にはどのような馬がいるのか」「勝つことができる馬を探す」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 勝ち馬に乗る! やりたいことより稼げること

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

競馬の本……ではなさそうですね。
自身の周りから稼げること(成功できそうなこと)を探すための自己啓発本でしょうか?

自分の目標だけに目を奪われず、周囲にも目を向けろ。
というのはかなり良いアドバイスですね。

だが、どう見ても競馬の本に見えますwww

No title

こんばんは。
ご紹介が上手く、読みたくなったので買いました。

探さなくては

くうさん

私はこの本を知り合いに借りたのですが、書店で見つけていても、この表紙とタイトルでは競馬の本と思い、購入していないでしょうね(笑)

この本を手に入れた友人よ。君は競馬好きだったのかといいたくなります(笑)

さぁ、私を成功に導いてくれる馬よ。どこにいるのだろう。

励みになります

あかちんさん

お褒めのお言葉ありがとうございます。

>ご紹介が上手く、読みたくなったので買いました。
そういってもらえると、ブログの記事を書くことへの気力が湧いてきます。

次回の記事は、この記事の後半になります。
ネタばれありありなので気をつけてくださいね(笑)
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。