サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親と子の本当の姿を見た(雑談)

大切な気づき
 今回は、私がよく訪問しているブログ 「速読おやじのビジネス書 レバレッジ・リーディング」 の記事 「中学受験への道、再び(雑談)」 を紹介したいと思います。

 この記事は、速読おやじさんのお子様の受験のときの話です。

 私は、この記事を読んで多くのことに気づかされました。

 受験生のお子様を持つ方は、ぜひとも参考にしてください。

 まずはこちらの記事を読んでいただけると、後の記事がわかりやすくなります。 「中学受験への道、再び(雑談)」

受験の問題は、当然親と子の問題
 勉強が好きで好きでたまらないという子供ならば、受験のために勉強をさせることは、それほど苦労しないのかもしれません。

 ですが、ほとんどの親は子供に勉強させることに大変な苦労をしていることだと思います。

 もちろん、そのような親の苦労というものは、本当に大変ですし理解できることだと思います。

 ですが、その親の姿と受験によるプレッシャーを、子供も何となく感じることで、子供も大変つらい思いをしているのではないかと考えることは、親としては絶対に必要なことだと思うのです。

 その中で、どれほどの親が、子供とともに受験に立ち向かっているのでしょうか。

 日々の忙しい生活の中で、子供が感じているプレッシャーに気づいてあげられているでしょうか。

 大人である私たちは、自分は仕事をして疲れて帰ってくる、家事をしているなどと言い訳をして、子供の勉強に協力することもなく、「勉強しなさい!」と口うるさく言うばかりになってはいないでしょうか。

 それが正しい親と子の本当の姿なのでしょうか。

 親は自分で逃げ場所をつくることができます。ですが、子供はそのような場所を自分でつくることはなかなかできないと思うのです。

 そのような状態で、勉強をしないからといって、子供に当たることは正しいことなのでしょうか。

 親もイライラしていたり、間違いで子供を叱ったりすることがあるのは、どうしようもないことだと思いますが、それに気づくことができたときは、素直に子供と話をしてみることも大事なことだと思うのです。

 「勉強をしなさい!」と言うだけではなく、子供に勉強を教えることができなくても、子供といっしょに、勉強をしやすくできる環境をつくることはできると思うのです。

 ただ、「勉強しろ!」ではなく、いっしょに戦う姿勢を見せることで、子供もいっしょになって、やる気をだしてくれるのではないでしょうか。

その家の事情もあると思うのですが
 家庭の事情などで、どうしても子供と接する時間がない人や、その人の考え方というものもあると思うのですが、その中でも何か大人ができることを見つけなければならないと思います。

 速読おやじさんの記事をみて、私はそのように考えさせられました。
 
私が心を惹かれた一文
 速読おやじさんの記事からの引用「特に最後の1年間はお父さんである私も本格参戦し、残業した日も呑んで帰った日も、毎晩問題の解説を作り、週末には一緒に過去問を解き、解説をしてあげ。。。。。ひょっとして、私、塾講師になれるのでは?!と思うくらい、一生懸命やりました。」

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは
速読おやじさんは、とても素敵なお父さんですね!
ふわころも中学受験しましたが、まず子供の性質を見極めることも必要ですね。
勉強が好きでないのに受験をした身なので、
とても苦痛だった思い出があります。

子供のために…といって、押しつけてはいけないですよね。
愛情の方向を間違えないようにしないと。

「愛情の方向」いい言葉ですね

ふわころ本舗さん

中学受験ぐらいの時が、一番難しいのかもしれませんね。
子供の意思なのか、親の気持ちなのか、何のために受験するかなどを、
よく話し合わないと、まだ人生をうまく選ぶことができない子供にとっては、
辛いことになるかもしれませんね。

No title

ブログの紹介、ありがとうございます。

中学受験はよほど大人びたお子さんでない限り、子供の意思だけで頑張れないと思います。やはり、そこには親の積極的な関与が必要でしょうね。

私はおそらく、とてもやり過ぎなお父さんだったと思います。読書で気づいた男さんが書かれているとおり、それぞれの家庭でそれぞれのやり方があると思います。でも大切なのは「愛」です、「愛」!(笑)

「愛」がなければ、成立しませんね。

実は、私の夢は、塾の経営です。経済的な理由、家庭の事情や地方だからという理由で中学受験を断念される家庭のために、低価格・高品質の塾をネットをベースとしてできないかなあなんて妄想しております。これ、妄想です。。。。。。

No title

速読おやじさん、素敵すぎる!
自分のことだけで手がいっぱいな人が多い中で、そこまで他人に手をさしのべられるとは。
感服いたしました。ただただ尊敬の念しか出てきません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

子供達のために

速読おやじさん

親と子の関係が希薄になりつつある中で、
速読おやじさんぐらいの、やり過ぎお父さんっぷりが、
ちょうどいいのではないでしょうか。

速読おやじさんのお子さんが、いずれ大人になり、その子供ができたときにも、
きっと同じように愛情を注げる大人になっている姿が今から見えるようです。

塾の経営、すばらしい妄想案ですね(笑)
ネットなら、場所も選ばずできますし、なにより価格をある程度抑えることができそうなので、夢のある妄想ではないですか。

妄想が実現できるように、私も応援しますね。

みんないい人です

くうさん

くうさんも、そういいながら私のブログに手を差し伸べてくれているのですから、速読おやじさんといっしょで、すばらしい人ですよね。

私はくうさんに、「いつもありがとうございます」と思っていますよ(笑)

No title

ふわころさん、くうさん、読書で気づいた男さん、

みなさま、温かい言葉ありがとうございます。
引き続き、やり過ぎなお父さん、がんばりまーす!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。