サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャニーズJr理論(雑談)

ジャニーズJr理論って何?
 ある朝、仕事に出かける準備をしながらニュース番組を見ていたときに、ある芸能レポーターがジャニーズJrのことを熱く語っていた場面がありました。

 他の出演者は、もちろん知らない名前の人の話だったようで、ポカンとした表情です。

 では、なぜジャニーズJrは、ほとんどテレビにでていないのに、あんなにも人気があるのでしょうか?

 もちろん、Jrの人はかっこいい人や、かわいい顔をしている人が多いですし、女性の母性本能をくすぐることもあるのかもしれません。(これは女性の方にしか、わからないことなのですが)

 それが人気の秘密なのでしょうか?実は、ここにジャニーズJr理論が隠されているのです。(勝手に私が名付けて勝手に一人で言っています(笑))

距離感
 昔、私の知り合いにJrの追っかけをしている人がいたのですが、その人はその当時聞いたこともないJrの子を、ライブがあるたびに追いかけていました。

 その人の話を聞いていて感じたことは、Jrの子を、すごく身近な存在として考えているように思えたのです。

 実際に出待ちなどで手紙を渡したり、話をしたりで、手が届きそうな距離にいたのかもしれません。

嵐の人気と比べてみる
 今やジャニーズでの嵐の人気はすごいことになっています。当然人気だけの話でいえば、Jrよりも嵐のほうが大きいでしょう。

 しかし、嵐とは実際に話をしたり、身近でみたりする機会というものは、ほとんどありません。なので、それほど身近に感じることはできないのではないでしょうか。

 その結果、どれだけ嵐の人気が大きくなっても、Jrの人気がなくなることはないのだと私は思います。

私が感じたこと
 Jrのファンの共通点は、身近な存在であり、まるで手が届きそうで、私たちがあの子たちを育て上げていこうという気持ちをもっていることなのではないでしょうか。

 それが、ジャニーズJrの人気の秘密なのではないでしょうか。

 今でいうとAKB48が、それに当てはまっているのかもしれません。 AKBはどちらかというと庶民的な雰囲気をだしているように思われます。それが人気に一役かっているのではないでしょうか。

もちろんアイドルの話だけでは終わりません
 この考え方は、あるものと同じだと思うのです。

 そうビジネスです。嵐vsJrは、大企業vs中小企業や個人事業者と考えることができるのではないでしょうか。

 中小企業や個人事業者は、ブランド面や規模の面では大企業に勝つことはできません。

 しかし、Jrの人気がなくならないように、Jrと同じ戦略をとることでニッチの市場では十分な力を発揮できるのだと思います。

 それには、身近な感覚を持ってもらうために、地域に密着した経営をする。大企業が手をだせないサービスに打ってでる。そして、一番大切なことは、お客様にこの企業を育てていきたいと思ってもらえるようになることなのです。

 嵐も最初はJrから始まっています。このように考えると、中小企業や個人事業者も嵐のようになることは可能なのです。

 これは私のブログにも当てはまります。私はベストセラー作家ではありません。

 そんな私のブログが生き残るためには、やはり、みなさんに私のブログを育ててあげようと思っていただかなければならないのです。

だからジャニーズJr理論って何?
 今回の話を一言で表すと、成功するためには「みなさんに育ててもらうことが必要である」これが私が考えたジャニーズJr理論なのです。

 あっ!いい忘れたことが一つあります。

 昔の知り合いが追っかけていたJrの子は、今の嵐のリーダーである大野智さんです。

 もちろんそのころは全く聞いたこともない名前で、誰?としか思わなかったのですが、まさかこんなスターになるとは、女の人はやはり男をみる目があるのかもしれませんね(笑)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

確かに…納得しました(笑)
身近である、というのは親しみを感じますものね。
その結果、その人物だったり企業が大きく育つとそれもまたそれで感慨深く、
ファンや顧客が宣伝してくれそうですしね!

ライン引きはどこ?

ふわころ本舗さん

身近な人の力になれるというのは、やはりうれしいものなのでしょうね。

ただ、それが知り合いになったりすると、また話は別になるのかもしれませんね。
人はどうしても嫉妬などがありますし、他人の成功はうれしくないという気持ちもあるでしょうから・・・
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。