サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念な人の仕事の習慣

残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)残念な人の仕事の習慣
著者:山崎将志
発行所:アスコム
発売日:2010年9月23日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 一生懸命頑張ってもうまくいかない人がいます。いま心の中で返事をされた方、本書を読んでいただくと、うまくいくヒントを得ることができるかもしれません。

 本書では、たくさんのエピソードを交えて、残念な人にならないための仕事の習慣が、わかりやすく解説されています。

どこに違いがあるのか
 残念な人と、成功している人の違いとは、いったいどこにあるのでしょうか。

 例えば、毎日しなければならない同じような仕事があったとき、それを「単純作業」と考えるのか「実験の場」と考えるのかで、その後に身についてくるものがぜんぜん違います。

 同じ作業でも、常に改善できないかという高い意識を持つことで、新しい発見や、よりよい効率化を見つけることができ、あなた自身の成長を助けてくれるものになるのです。

 同じ作業なんて面白くもないから「実験の場」として考えることなんてできない、という意見もあると思うのですが、著者がいうには、面白い・面白くないという仕事はありません。それを面白くできるか、できないかという自分自身の問題でしかないようなのです。

 どのような仕事でも、工夫1つで面白くできます。そして、面白いやり方を見つけながら仕事を進めることで、よりすばらしい成果のある仕事ができるようになるのです。

 残念な人になるのもならないのも自分次第というわけです。

単純作業を工夫しないでやり続けると
 私たちの中でも、「これはすごい!」という熟練した技術を持っている人はたくさんいると思います。ですが、それが機械などで、簡単に代用できるようなものだった場合どうでしょうか?いくらすばらしい技術をもっていても、それは非効率的なことであり、無価値の熟練ということになります。

 私たちは、より付加価値の高い仕事をする習慣を持たなくてはなりません。成功する人とは、他の人ができないようなことを極めることで自分の価値をつくりだすのです。

損してトク取れ方式
 私たちは、すこしでも無駄をはぶくことがよいことだと信じています。しかし、著者がいうには、ある意味、無駄に見えるものも全体で見た場合、効率的になることもあるのです。

 その例として、本書では、ゴルフ場の「朝食無料サービス」(無料なんて、みんなが利用してコストが・・・) ビジネスホテルの「大浴場」(大浴場をつくるのに、どれだけのお金がかかるか・・・) 餃子の王将の「半額サービス」(それで、利益がでるの・・・) スキー場の「斬新なサービス」が載っています。

 これらのエピソードを読むと、一見無駄に見えるようなサービスにも、何か狙いが隠されているものなのです。それを著者は「損してトク取れ」方式と名付けています。

 このようなことを思いつく人になるには、常にこのサービスの裏には何か隠されているのではないか、という目で見るようにすることです。

 この訓練により、あなたの目のつけどころは格段に上がることとなるのです。

Amazon.co.jp 残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

成功の秘訣は、「先に相手に与える」ことだそうです。
記憶が定かではありませんが、
松下電器(現Panasonic)の創業者、松下幸之助氏の言葉です。

損して得する。
だからこそ、成功できる。

私も残念な人にならないように頑張ろう(^_^)v

No title

付加価値の高い習慣ですか・・・
前の記事のお金の話とちょっとつながっていますね。

無駄そうなことに意味があるというのは、なんとなくわかる気がします。

誰の名言だったっけ

くうさん

>記憶が定かではありませんが
私もこれよくあります。言葉は思い出すが、誰の言葉か、どこからの言葉かが思い出せない・・・
それでも、言葉を思い出せるだけでも記憶に定着しているという証拠ですよね。

はじめまして

ピーキーさん
はじめまして、コメントありがとうございます。

効率化がよいとか、無駄なことにも意味があるとか、
いろいろな視点の意見があるので、難しいですよね。

臨機応変でいかなければならないのでしょうね。

私は残念な思考法でした

 始めまして。藤沢悠次といいます。どうやら、私は残念な思考法で仕事に取り組んでいるようでした。漠然と仕事を行い、そのなかで面白く仕事をするための工夫は行っていません。
 しかし、今このことに気がついて良かったです。これから仕事にとき組む際に、自分で仕事を面白くするためのきっかけを得られました。ありがとうございます。
 これからも遊びにこさせていただきます。私は最近ブログを始めました。ブログのなかで、書評を行っていきたいのですが、何かアドバイスがあれば教えてもらえないでしょうか。
http://willbeing-nikki.seesaa.net/

気づいたことが大きな収穫

藤沢悠次さん
はじめまして、コメントありがとうございます。

書評ブログを始めるのですか、やはり最初は「まねる」ことから入る方がやりやすいと思いますよ。

いろいろな人の書評ブログを見て、自分が気に入ったブログの文章や形を参考にする。
それに慣れてきたら、どんどん自分らしさを出す。

私も訪問されていただきますので、書評ブログ頑張ってみてください。

No title

book☆bank です。

遅ればせながらのコメントです^^;

わたしの実家は飲食業で、仕出しなどを中心にやっています。
前職をやめてからは、昼過ぎごろまでは私も手伝いで出て
おります。

私の親は人前に出ると言うか、営業が非常に苦手な人間でした
ので、私が働くようになってからは私が営業なども行いました。

中でも、1食290円のお弁当キャンペーンは好評をいただきまし
て、店の中のお弁当容器がなくなったこともございます。

親の人件費などを考えたら完璧に赤字なキャンペーンだったのです
が、そのときに新規開拓した事業所、配送先は今でもお弁当を
取っていただいておりまして、結果として忙しい日々をすごさせて
いただいております。

また、新規で気に入っていただけると他につながることもあり、
売れればまた売れると言うありがたい連鎖もついてきます。

また、すさまじい忙しさの中で生まれた効率的な食材の準備などは
今でも役に立っていますね^^

とはいえ全然儲かってはいませんが^^;

損して得取れ!という事を書かれていたので、該当するかなと書い
てみました。

時にはリスクを

book☆bankさん

290円!って安いですね!私の近所でも、安くて400円ですよ(お茶付き)

キャンペーンは難しいですよね。中途半端だと効果はでないし、安すぎても後が大変ですし、
でもうまくいったみたいで、よかったですね。

営業の才能ありなのでは。

その力で、今度は古本屋の成功ですね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。