サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の節約か、時間の節約か(雑談)

個人でのドケチと反ドケチのバランス
 前回紹介した 「ドケチ道」 はビジネスの現場での話ですが、もちろん個人でも、ドケチ道の考えかたを生かすことはできると思います。

 私がいつも考えてしまう1つの例で、ドケチと反ドケチのバランスをどう取るべきか検証してみたいと思います。

お金の節約
 ドケチと言えば、まず考えられるのが節約です。例えば、何か商品を300円安く買うために30分余計な時間をかけて別の店に買いにいく、これは節約ということになります。

 ドケチの視点でいえば、もちろんよい節約といえるかもしれませんが、反ドケチの視点から考えると、違った見え方がしてきます。

時間の節約
 30分を無駄にして、300円を節約するということは、私の時給は600円しかないといっているのと同じです。

 それならば、300円払っても30分の時間を自分のために使うべきではないでしょうか。それが将来、大きなリターンとして返ってくると考えるならば、安いものです。

 このお金よりも時間を大切にする考え方は、反ドケチの考え方といってもいいと思います。

大きな欠点
 しかし、この考え方には、大きな欠点があります。節約をせず30分の時間を300円で買ったとしても、その時間を自分に投資したり、意味のある時間を過ごしたりせず、ゴロゴロしているだけならば、あなたの時給はマイナス600円ということになります。

 ドケチもできず、反ドケチもできない、そんな状態になってしまうのです。

 そうならないためにも、時間を買うというのならば、それだけの使い方をしなければなりません。

 この考え方は、自分の時給をいくらと考えるかによります。例えば、1500円安く買うために30分時間をかけて別の店に買いにいくとなると、あなたの時給が3000円以上でないと、だんぜん節約することの方が得ということになるのです。

 このような視点でドケチでいくのか、反ドケチでいくのかを考えるのも、何かおもしろいと思いませんか?

 あっ!いま気づいたのですが、金、金、金、金、言い過ぎでしたね(笑)

Amazon.co.jp ドケチ道 ―会社を元気にする「生きたお金」の使い方

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

それ、私もよく考えますwww

こっちの店ではこの値段、
じゃあ、あっちの店では?

と、買い物に行くとしょっちゅうやってます。
そして、いつも「時間無駄にしたなぁ」と後悔(^^;)

買い物を楽しんでいるという観点からでは◎なんですけどね♪

楽しい考え方ですね。

時給に換算するのですか!
その反面、「時間を有意義に過ごさないと意味がない」という欠点部分がなるほどです。
結局、その心の属する人間そのものに、話が至るわけで面白い!

少しでも安いことに躍起になっている人には、とても目の覚めるお話ですね。

時給に換算することは、自分の価値を損得で考えてしまうようで、少し寂しいことなのかも。
自分はどれくらい価値のある人間か。
はたまた、自分は損はしていないか。等など。

もちろん読書で気づいた男さんの、意見に対して言っているのではないのですよ。
時給を突き詰めて考えると、なのですが。

いつもより安くて小躍りしたり、友達の分まで余分に買って、結局出費が多くなってしまったり。
そんな可笑しく、レジャー的な買い物だったら、自分にもプラスになるかな。
意味なくお金にがつがつしてしまう生活」は避けたいと思います!

あー、わかるわかる

合理的な経済学の観点では、その通りですよね。
でも、人間って不合理だったりするので、お金だけではなく、「節約自体が楽しい!」と思ってしまい、やっちゃいますねえ。

ところが、家を建てたり買ったりするときのオプション、5万、10万でも「まっ、これくらいないとねえ」とか払っちゃったりするんでよね。

節約の楽しさを追求するか、合理的な経済人としての行動を追求するか、うーむ、このバランスを取らねばならないのですね。

ユニクロのヒートテックを安売りを買うために、ちょっと遠いユニクロまで行ってしまうのは、どうなんだろう?んでもって、さらに無駄な買い物をしてしまう。これではイカン!ですね。

No title

お初にお目にかかります。
読書ブログをやっているジャイと申します。

すごく共感したのでコメントさせていただきました。
自分も、反ドケチ派です。金の節約が全てではないと思います。
移動時間だけでなく、どちらの店で買おうかと「悩む」時間ももったいないと思います。

関係ありませんが、自分は、合格点が80点のテストで90点を取ってしまうと、ああ10点分勉強しすぎたなーと後悔するタイプです。

No title

飽食の時代、節約と言うよりも、余計なものをそぎ落として、鈍った感性を呼び覚ます必要があるように感じます。

パワー使いますよね

くうさん

買いたいものを探しているときや、迷っているときって
意外と楽しかったりしますよね。

それで、クタクタになって
結局買ったのは「これだけ!」みたいなこと、私もよくあります。

いつも同じことの繰り返し

ごろちゃんさん

私のブログは一応ビジネス書ブログなので、このような観点から記事を書いていますが、
実際の私はひどいですよ。

ほしいものを探しにいって、買おうかどうか迷いに迷ったあげく、やめておこうと店をでるのですが、
もうその時点で、心はその商品一色になってしまっていて、結局帰り際に引き返して買うことになるのです。

こんなことなら最初から買えばよいのですが、これが人なのですかね。
ものすごい時間の無駄をしております(笑)

ネットで買うのが一番安いんじゃ…と思ってしまいました(汗)
これが一番合理的!?

でも、個人としてはあれこれ考えて時間を費やすってのも
人生を豊かにすると思いますよ♪
豊か=余裕=無駄ですものね。

リンクの件、丁寧にお答えいただきありがとうございましたm(_ _)m

大きな金額は気も大きくなるのか!

速読おやじさん
人間は不合理な部分が多いですよね。

小さな節約は頑張るのに、大きな金額は、ざっくり使ってしまう。
わかっていても、そうしてしまうところが人なのかもしれませんね。

それに、なぜか安いものを買いにいっているのに、ついつい余計なものまで買ってしまい、
結局お金を使ってしまう自分がいる・・・
もはや本能なのかもしれません(笑)

なんてかっこいい

ジャイさん
はじめまして
コメントありがとうございます。

> 関係ありませんが、自分は、合格点が80点のテストで90点を取ってしまうと、ああ10点分勉強しすぎたなーと後悔するタイプです。
すごいですね・・・。そこまでつきつめますか(笑)

でも何かの本で近いようなことを見た様な気がします。完璧を100として、
目標を80に設定した場合、それが90になっても、そこには問題があるというようなことが書かれていたような気が

私なら素直に喜んでしまいますが、時間という点では、
10点分の時間を他のことに使うことができるのですから、
もったいないかもしれませんね。

ついていくのも大変

片木さん
最近は必要以上に余計なものがついた物が溢れていますよね。

いったいこれは何のために必要なのかと考えてしまいます。
いろいろなものに周りを遮られ、感性が鈍っていくような気もしますね。

バレた・・・

ふわころ本舗さん
> ネットで買うのが一番安いんじゃ…と思ってしまいました(汗)
> これが一番合理的!?
正解でちゃいましたか(笑)
合理的というなら、それが正解かもしれませんね。

たくさんの商品から選べ、値段も比べられる。
実物を見れない点を除いては一番効率がいいですね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。