サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残り97%の脳の使い方(後半)

残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~
著者:苫米地英人
発行所:フォレスト出版
発売日:2008年11月23日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る

 今回は前回の記事の続きです。

脳は変化が嫌い
 脳は慣れ親しんだところを安全で安心できる場所だと考えます。これを「コンフォートゾーン」というのですが、脳はこの状態で最高のパフォーマンスを発揮できます。

 そして、脳には「ホメオスタシス」という力が働き、現状維持を望むようにできています。この「ホメオスタシス」も言いにくいので、「変化を嫌う心」としておきましょう。

 この変化を嫌う心(ホメオスタシス)が働くために、現在の生活を変えようとしても、脳は安全で安心できる場所に現状維持しようとして、なかなか変えることができず、いまいるコンフォートゾーンからも脱出できないのです。

 そしてコンフォートゾーンが変わらなければ、あなた専用眼鏡(スコトーマ)の力によって、あなたの現状で見えるものしか見えてきません。

 例えば、お金持ちでない私たちが、お金持ちになろうとしても、変化を嫌う心(ホメオスタシス)の力によって、脳はお金持ちでない状態を維持しようとします。

 そうなると、コンフォートゾーンもお金持ちでない世界となり、その世界で脳はパフォーマンスを発揮しようとします。そしてあなた専用眼鏡(スコトーマ)によって、お金持ちに見えるものが見えてこないのです。

 わかりやすくするためにお金の話になっていますが、どのようなことでも当てはまります。例えば、経営者と従業員は同じ情報を見ていても、見えているものは違うということは誰でもわかりますよね。

現状の壁を突破する
 では、私たちがこの変化を嫌う心(ホメオスタシス)の力をはねのけ、コンフォートゾーンを変えるためには、どうすればいいのでしょうか。

 コンフォートゾーンを変えるとは、あなたがいま過ごしている生活ではなく、あなたが目指している生活にいることで脳が安心するようにするということが大事になります。

 そのために必要になるのが「エフィカシー」です。エフィカシーとは、自分の能力に対する自己評価のことです。

 エフィカシーを高い状態(自己評価を高くする)に維持することにより、脳は無意識の内にコンフォートゾーンを変えてしまうのです。

 本書では、このエフィカシーを高めるために、自分のイメージをどのようにつくりあげるのがよいのかが説明されています。

 そして、コンフォートゾーンが変わるとどうなるでしょうか。いままでのあなた専用眼鏡(スコトーマ)がはずれ、いままで見えていなかったものが、自然と見えてくるようになるのです。

 ここでも変化を嫌う心(ホメオスタシス)が働き、今度は新しいコンフォートゾーンを維持しようとする力が働きだすのです。

 あなたがしなければならないたった一つのことは、エフィカシー(自己評価)を高めることだけです。あとは脳が勝手に目標を達成するための情報を集めてくれるのです。

引き寄せの法則
 引き寄せの法則の「思考は現実化する」というのは、このエフィカシー(自己評価)と同じことなのではないでしょうか。

 自分が目指していることをイメージし、すでにその世界にいるように振る舞うことで、コンフォートゾーンを変えるのです。

 これが引き寄せの法則を脳と心の仕組みから見た答えなのです。

 今回の記事は、自分で書いていても少しわかりにくくなってしまいましたが、本書はこれらのことを、もっとわかりやすく解説されています。

Amazon.co.jp 残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。



ザ・シークレットザ・シークレット
(2007/10/29)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

No title

怠惰な現状を克服しないといけませんね。
脳は変化を嫌いますが、その変化に慣れるときが必ずやってきます。
ぐだぐだな生活から脱却したいと思いつつ、いつもぐだぐだな今日この頃ですwww

脳のこと

脳に関することは残念ながら人間にとって殆どが未知の領域です。
この手の本は、読み物としては面白いですが、一昔前の「脳内革命」の時と同様、しっかりとした分別を持って接する心構えも必要だと考えます。

ザ・変化

くうさん

自分を変えることは、最初は大変ですが、耐えて耐えて耐え続けていくうちに、
それが自然になるときがくる。
それまでの我慢?が必要なのでしょうね。

私も脳の力をコントロールして、今の自分を変えたいですね。

難しいですね・・・

片木さん

「分別」そうですね。なんでもかんでも鵜呑みにするのは危険があるかもしれませんね。
影響を受けることはよくても、自分で調べずに、その考え方が絶対だと決めつけることは危険ですね。

こんばんは♪
脳は自分に都合良くできでるんですよね。

例えるなら、余命幾ばくかの小児がん患者が、
がん細胞を倒すというイメージを毎日していたら
本当にがん細胞が消えた…という。

超一流スポーツ選手も、イメージトレーニングで
まるで現実に起きてるかのように詳細な成功イメージをするそうです。
もちろん、日夜努力を惜しまないことが前提ですが
ポジティブイメージは大切ですよね!

お誘い光栄です。
ありがとうございます。
嬉しいです♪
よろしくお願いしますm(_ _)m

脳の未知の力

ふわころ本舗さん

イメージトレーニング、いや、もう現実かというぐらいのイメージを抱くことで、
望みを引き寄せることができるようですね。

私も宝くじ1等が完全に当たったつもりで、イメージをつくっていたのですが結果はずれました。
心のどこかで、当たるはずがないと思っていたのかもしれませんね(笑)

ふわころさ~ん

ふわころ本舗さん

・・・
このコメント、もしかして間違いでは?

本当の送り先の人が、コメント待っていますよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。