サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践編 経営の見える化

経営の見える化経営の見える化
著者:小山昇
発行所:中経出版
発売日:2009年9月22日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


マニュアルの見える化
 本書にある「マニュアルづくりを社員に行わせる」 これを自分の仕事で実践するため、マニュアルづくりについて考えてみたいと思います。

 マニュアルといっても文章などでしっかり書こうとすると、ハードルが高くなってしまいますので、まずは箇条書きで十分ではないでしょうか。

 最初に、大雑把でもよいので、作業の流れを箇条書きにしていきます。例えば、商品を販売する営業マンの場合 ①打合せ ②資料提出 ③チェックバック ④提案 ⑤納品 

 これは一つの例えですので、職種によってはいろいろあると思いますが、今回はこれで考えてみたいと思います。

どんどん書き足していく
 次は、この大雑把な仕事の流れを細分化していきます。

 例えば「①打合せ」の場合、あなたが打合せにいったときのことを頭の中で再現していきます。そのときに「このようなことを言われた」「事前にこの準備をしておけばよかった」ということがなかったか、思いだします。

 それをマニュアルの箇条書きにどんどん書き加えていくのです。

 それと「⑤納品」するときに納期が間に合わないというトラブルを経験したときなどは、打合せの段階で、相手側のだいたいの納期確認と自社の納期確認を打合せの時点でしておく。このようなことも打合せのところに書き加えていきます。

 「①打合せ」のマニュアルを考えるときでも「⑤納品」のときに気づいたことなどがあれば、先に手を打っておくことも考えなければなりません。

 このときも、なるべく作業ごとに個別に考えるのではなく、全体的に考えることが必要です。

 このように、仕事の流れを一つ一つ鮮明に思い出し、先に手を打っておけるものはないか?あのときこうしておけば、失敗をもっと小さくできたのに、ということがないかを探しだします。それを各工程のマニュアルに加えていくのです。

 この考え方は「④提案」のところでも生きてきます。いままでの経験をマニュアルにしておくことで、相手からの質問などに事前に答える準備ができるようになるのです。

マニュアルを持ち歩く
 これら思いついたことは、必ず紙などに書いて記録するようにしておかなければなりません。何か新しいことに気づくたびに、すぐに、この「すぐに」が大事です、マニュアルに書き込んでいく、そうしなければすぐに忘れてしまいます。

 そのためにも、マニュアルのコピーをつねに持ち歩くこともいいかもしれません。

 今回のマニュアルづくりは、ここで終了ですが、みなさんも自分の仕事のマニュアルづくりを始めてみてはどうでしょうか。

Amazon.co.jp 経営の見える化

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

マニュアルを作るのはいいですね。
いちいちマニュアル見てたら仕事にはなりませんが、書き出すことによって、
自分の仕事を見つめ直す
無駄を省く
いい機会になる気がします。

書きだすことはよいことだ

くうさん

マニュアル作りは、自分の仕事を見つめ直すのに最適ですね。

それに、もっと生産的な仕事をするために、いまある仕事を他の人にしてもらうことが必要になってくると思うのです。
そのためにも、一度自分の仕事を整理してみることが必要ですね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。