サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法(前半)

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
著者:橘玲
発行所:幻冬舎
発売日:2010年9月30日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書はなんと!自己啓発を真っ向から否定しています。

 自己啓発とは自分を高めることで、目標を達成しようというものです。自己啓発の考え方でいえば「努力をすれば、できないことはない」ということになります。

 ですが本書では、人の能力は開発できないといっているのです。

 なぜなら「努力をしても、できないものはできない」というのです。私の頑張りが足らないからできないのではなく「できないものはできない」のです。なので、自分自身を責める必要はもうないのです。

 では「できないものはできないまま」でいいのでしょうか?

 もちろん「そんなわけにはいかない!」と私はつっこみましたが、そこには著者なりの理由があるのです。

 本書では、無理に能力を高めようとするのではなく、ありのままの「わたし」で成功する方法が解説されています。

そんなはずはない
 本書の驚くべき一言に「知能は遺伝であり、意識的に開発することができない」というものがあります。

 そうであるならば、いくら自己啓発に力をいれて努力をしても成功できないことになります。私も本書を読んだときには「そんなはずはない!」と当然反対の意見を持ちました。

 ただ、誰もが遺伝が人生に及ぼす影響を知っています。だとすれば、どこまでが遺伝の影響を受け、どこまでが自分自身でコントロールしていけるのでしょうか。

得意なことや不得意なことは、どうやって決まってくるのでしょうか?
 私たちは、親からの遺伝の影響を受けていたとしても、小さいころからの教育で自分を伸ばすことができるはずだと考えます。

 ですが、現実は少し違うようです。

 子供の性格の半分は遺伝によって決まり、残りの半分は家庭とは無関係な子供同士の社会的な関係によって決まるようなのです。

 子供は集団の中で、いかに目立つかという熾烈な争いをしています。その集団の中で、目立つことができるのは、限られた人だけになります。

 そうなると、自分が得意でないものに、時間をかけ、平均に近づこうとするよりも、得意なことに集中するほうが、目立てる可能性が高くなります。

 子供はこれを、無意識のうちに行っているというのです。周りと自分を比較して、もっとも目立つことができる能力を伸ばそうとする。それを無意識のうちに行い、それがどんどん得意なものになっていくのです。

 この最初にでてくる人より優れているもの(得意)が遺伝によって決まるのであれば、親から遺伝されたものが、どんどん伸びていき、そうでないものは、苦手なものになっていきます。

 そして、性格と言うのは思春期までに安定し、それ以降は変わらないというのです。

 そうならば、大人になってから、できないことを自己啓発で頑張ってできるようになろうとしても、つくりあげられた性格を変えることはなかなかできないということになります。

 では、どうすればいいか?それは、いまの自分と向き合い、いまの自分ができることをしていくしかないのです。

 記事が長くなりますので「能力が高くなければいけないのか」と「金銭的な成功だけが人を幸福にするというものではない」「私の感想」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

お久しぶりです。

最近、あまり時間がなくてお邪魔できていないでいました。

さて、この本、とっても興味深いですね。
実は私もすこーし、この考え方共感します。
「世界に一つだけの花」みたいなものなのでしょうか。

ぜひ、続きの記事も読んでみたいです。
楽しみにしています。

納得でしたよ

速読おやじさん
お久しぶりです。

私もこの考え方、すこし共感できます。

特に子供の性格が、家庭とは無関係な子供の集団の中でつくられるというところが、
私が昔から感じていたことと同じだったので、納得できました。

小学校などで、どのようなグループに属するかで、けっこう将来が決まったりするかもしれませんね。

No title

わぁ……(゜Д゜)

どえらい内容ですね。
思わず、「いや、それは違う!」と否定したくなりました…(笑

でも、事実なのかもしれません。
自分の基盤となっているのは、自分の子供時代というのはできませんしね。

もちろん私も否定から入りました

くうさん

私は、小さい頃の少しの差が、大人になるにつれて、どんどん大きくなることはあると思うのです。
これはマルコム・グラッドウェルの「天才!」という書籍にも載っているのですが、
得意なものは、より得意になっていくのではないでしょうか。

だからこそ、自分の強みを見つけ伸ばしていくことが大事になるのだと思います。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。