サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章力の基本 77のテクニック

文章力の基本文章力の基本
著者:阿部紘久
発行所:日本実業出版社
発売日:2009年8月1日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 ブログで記事を書いている人にとって、文章力を磨くということは、1つの課題だと思います。私も「文章力アップ」というような書籍には、どうしても目がいってしまいます。

 本書の特徴は、著者がいう「すべての文章に共通する土台の部分」、言い換えれば、あらゆる文章の基本となる部分が説明されています。

 文章を書くことが苦手な人、文章を書いてはいるが、基本の確認をしたい人には、多くの気づきがあります。

 本書には77のヒントが載っているのですが、それらは事例とともに説明させています。すべて読まなくても、あなたが気になったところだけでも読んでみてはいかがでしょうか。

 私が気になったところを紹介します。

ヒント1 短く言い切る勇気を持つ
 本書には、このように書かれています。「日本人には、断定することをはばかる傾向があります。はっきり言い切ってしまうと、その言葉に責任を持たなければならないと恐れる心理があるかもしれません。」

 この文章を読んで、私は感じたことがあります。(本書の「短く言い切る勇気を持つ」の内容とは関係ない感想です)

 よく「~だと思います」や「~かもしれません」というような文章を見かけることがあります。もちろん私も使っていますが、この「~だと思います」や「~かもしれません」とうのは、時と場合によるのでしょうが、責任を持たない文章ともいえるのではないでしょうか。

 言い換えると「私はこう思いますが、本当は違うかもしれません」というようにも聞こえてくるのです。

 これでは、読み手はいったいそこから何を学べばいいのかわからなくなります。

 本当なら「これは~です」と言い切っている文章の方が、読む方も安心できます。(それを鵜呑みにすることも危険がありますが)

 私たちが書く文章で、そこまで意識することはないかもしれませんが、「~だと思います」の使いすぎには注意しなければなりません。

ヒント5~8 文の前半と後半をかみ合わせる
ヒント27~31 話し言葉の影響を避ける
 このヒントは、自分が文章を書いているときには、まったく違和感がないと思っていることが、実は、おかしなことだと気づかされるところです。

 正直、直さなくても意味が通用するようなこともあるのですが、正しい言葉使いがどういうものなのかということと、分かりやすく伝えること、読む人によって誤解を生まないためにも、注意しておいた方がよいところです。

 私は、文の頭に「なので」をよく使っているのですが、これも話し言葉の影響を受けているようなのです。本来は「だから」が正解のようで、今後気をつけなければなりません。

ヒント33 なるべくシンプルに整理する
 これも、私は痛いところを突かれました。

 文章を書いていても、言いたいことが整理されず、同じことを繰り返していたり、結局何が言いたいのかが、伝わらなかったりということが多くあるような気がします。

 わかりやすくするために、どうしても説明を増やしてしまう。それが、余計にわかりにくくしていることは十分に考えられます。

 ヒント50にもあるように、削れる言葉は徹底的に削ることが大事です。削ることで、伝わる情報量が減るどころか、大事なメッセージがムダな言葉に埋まらなくなりますので、言いたいことが伝わりやすくなりますし、読み手も読みやすくなります。これも気をつけないといけません。

普段から
 本書のヒントを見ていると、日頃から、聞いたり、話したり、読んだり、書いたりすることが、いかに大事であるかが実感できます。

 日頃から正しい言葉に多く触れることで、自然と正しい言葉を覚えることができますが、逆に、間違った言葉に触れていると、それがそのまま身についてしまうのです。

 このように考えると、無意識に見ていた文章も、意識をして「これって、おかしくないか?」と考える癖を持った方がいいということになりますね。

Amazon.co.jp 文章力の基本

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

この本読んだことがある気が…する。
でも、家にないところから察するに、本屋さんで立ち読みしたのかもしれません。

今度ブックレビューサイト作ろうかと思うのです。
参考にさせてもらいますね♪

楽しみ

くうさん

ブックレビューサイトとは、いろいろな人のレビューを見れるサイトのことですかね?(勘違いだったらすいません)

私も、仲良くさせてもらっている人のブログを、RSSか何かを使って、1つのサイトで表示できないかと考えていた時期がありました。(わからなければ、手動でやろうかとも思いました)

私の場合は、実現しませんでしたが、
くうさんは頑張ってくださいね。
応援していますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

この本、前々から気になっていました。
立ち読みしただけですが、かなりいいことが書いてあって購入したいと思いつつ、なかなか決断にいたっていない一冊です。

本日の記事を拝見して、かなり興味の度合いが増えました!

No title

>ブックレビューサイトとは、いろいろな人のレビューを見れるサイトのことですかね?(勘違いだったらすいません)

普通に書評ブログを作ろうかと思ってます。


SNS的なものは私の技術力が追いついたら、やるかもです(^^)
あと金銭的な余裕も。。。

No title

息子に買ってやりたい本ですね。
小さいときから文章を書くのが苦手で、本もあまり読まないので、せめて、これだけは必要かもしれませんね。
私も記事書く上で参考になりそうです。
ご紹介ありがとうございます。

けっこう売れてるみたいです

図書館男子さん

本書を購入して読んだ私が、こういうことをいうのも何なのですが、
本書のように、テクニックが77に分かれているような書籍は、
自分の気になるところだけを読めるので、立ち読みしやすいですよね(笑)

私も、こういう風に項目が分かれている書籍は、著者の方に悪いのですが、
立ち読みですませることが多いです。


ワクワク

くうさん

書評ブログですか!
すごく楽しみですね。

必ず開設する日を教えてくださいね。

きっかけになればいいですね

美雨さん

私も小さい頃は、本をぜんぜん読まなかったですし、文書を書くのも苦手でした。
いま考えれば、どんなきっかけでもよいので、本を読む習慣が身についていれば
よかったのにと思います。

こんばんは

お久しぶりです。
コメントありがとうございました<(_ _)>

端的に言い切る、というのは日本人はヘタですよね~(汗)
あいまいにする、言葉に含みをもたせて相手に想像させる…
良くも悪くも日本語の特徴ですし。
その点、アメリカ人のプレゼンを聞いていると(有名どころでアップル社)
自信を持って言い切るので、説得力がありますよね。

色々な文章を読んで、上手い人を探す…ってことも大事ですね!

おひさしぶりです

ふわころ本舗さん

おひさしぶりです。
元気にされていましたか?

まさか、コメントをいただけるなんて思ってもいなかったので、
懐かしくもあり、うれしいです。

ふわころさんのことなので、現在でも猪突猛進まっしぐらで進んでおられるのでしょうね。
ですが、これからさらに暑くなりますので、ひなちゃん・ルートちゃんともに熱中症などには
気をつけてくださいよ。

私は、いつでも応援しておりますので


No title

はじめまして!

僕も著者の別の本(『文章力の基本100題』)を読み、
自分の文章の弱さを痛感しました。
短く、端的に、というコンセプトは、就職活動での書類選考などでとても役立ちました。

「正しい言葉への意識」の重要性を感じる一方で、親しい知人との会話などでの一般的な言葉の用法(仮に間違っていたとしても)や文章を書く際に会話文を用いる(僕もブログでよくやってしまいます)ことなども表現の中の大事な手法であり、両者のバランスも大切にしたいなと思いました。

はじめまして

redjokerさん
はじめまして
コメントありがとうございます

正しい言葉と普段使う言葉のバランスは難しいですよね。
特に、知らない間に身についている話言葉が間違っていたりしますが、
日常では、それで意味が通りますし、それどころか、それを使う方がわかりやすいこともありますよね。

redjokerさんのいうように、バランスというものが大事かもしれませんね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。