サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは親を超えなさい!(前半)

まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~
著者:苫米地英人
発行所:フォレスト出版
発売日:2009年7月17日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書のタイトル「まずは親を超えなさい!」とは、どういうことなのでしょうか?

 本書には、このように書かれています。「発達心理学のデータで成人が大人になってから無意識に下す判断のうちの8割9割が親の物真似だといわれているからです。つまり無意識での判断は親の刷り込みによる判断になっているというわけです。」とあります。

 このことからわかるのは、私たちは、自分の人生を自分で選んでいるように思っていますが、実は過去の記憶に影響を受けているのです。

 では、自分の思い通りの人生を生きるためには、どうすればよいのでしょうか?自分の夢や目標を達成するためには?その壁を乗り越えるために必要になるのが、本書の法則なのです。

 本書は、過去の記憶に囚われるのではなく、あなたの人生である、未来のゴールを強くリアルに感じることで、あなたが選んだゴールの世界を現実にしようというものです。

 ゴールの世界の臨場感が現実のものより強くなれば、ゴールを達成するために何をすればよいのかということが、自然とわかるようになります。「~しなければならない」ではなく「~したい」ということをするだけで、あなたはゴールへと進むことができるようになるのです。

 必要なのは、ゴールの世界を現実のものより、強く感じということだけなのです。

 本書は、ゴールの世界を現実のものより、強く感じるための方法が載せられています。それさえできれば、あとは自然と道は開けてくるのです。

 本書には、たくさんの専門用語がでてきます。苫米地さんの本を読んだことがある人は、聞いたことがある言葉なのでしょうが、読んだことがない人もいると思われますので、今回は専門用語を使わずに、記事を書きたいと思います。

私たちは過去に支配されている
 私たちの脳は、自分に関係がある情報しか受け取れないようにできています。その脳の仕組みによって、目の前に現れる情報の選択が行われ、私たちは物を見ているのです。

 ここには盲点が存在します。それは、いくら目の前に情報があっても、自分に関係がある情報でなければ、見えているようで見えていないということが起きるのです。

 例えば、投資をしている人としていない人では、同じニュースを見ていても、目に止まる情報はまったく違ってきます。これは当然のことなのですが、情報というものは、ほしいと強く願わなければ、目の前にあっても見えてこないのです。

 そして、情報の選択は、過去の記憶によって決まり、私たちが現在見ているものを決めているのです。

 現在重要だと思っているものは、過去に重要だと思う何かがあったために、そう思うようになったものです。未来の私に重要なものは、もちろん今の私には見えていません。

 著者の言葉に、「物理的現実世界も自分の記憶が生み出している」というものがあります。これは、私が見ている現実は、過去に私が見ているものの延長線上のものであり、それ以外のものは、見えていないということです。

 これは、大変くやしいことだと思いませんか。私は、自分をよりよく変えたと思っているのに、私が見ているものは、過去の記憶によって、重要と思われるものを見ているだけであって、それは現状の維持にしかなっていないのです。

 これをもう少しわかりやすくいうと、今の私は過去に重要だと認識したもので今の私を作り上げています。それなのに、この先も過去に重要だと認識したものしか見えていなければ、今よりよくなることはできません。

 この認識を変えるためには、重要と思えるものを変えなければならないのです。

 記事が長くなりますので「現実を変えることで重要なものを変える」と「現状を維持する力」「リアルに感じるためには」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック~

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。