サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピード・ブランディング(後半)

スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させるスピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる
著者:鳥居祐一
発行所:ダイヤモンド社
発売日:2008年12月4日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


 今回は前回の記事の続きです。

自分の価値を広める
 あなたが見つけた自分の価値を広めるためには、マイメディアの活用が欠かせません。

 本書では、ブログをブランディングに活用しています。

 ブログは自分の価値を高めるためのアウトプットの場にもなり、成長にもつながります。そして、有益な情報を発信し続ける(これが大事)ことで、ファンを増やし、影響力を持つことができるようになります。これが価値を広めることになるのです。

 特に、ブログで自分の学んでいる姿を見せることは、共感を持ってもらうために必要なことです。つねに学んでいるという姿勢は応援したくなるものです。

 メルマガも同じです。大事なのは、つねに有益な情報を発信し、貢献するということです。

 本書では、その他に名刺やプロフィール、Youtubeなどの活用の仕方も載せられています。

マイメディア7つのメリット
1 信用力がアップする
2 人脈が広がる
3 情報が集まってくるようになるので、ますます専門化が進む
4 仕事が向こうからやってくるようになる
5 価格競争に巻き込まれなくてすむようになる
6 メディアに取り上げられるようになる
7 出版できる可能性が高まる

 ここで、私が一番大切だと思ったところは、3です。

 よい情報を発信するということは、よいフィードバックを得ることができますし、よい情報も集まるようになります。インプットしたものをアウトプットした結果、よりよいインプットをまた得ることができようになるのです。

 これにより、情報のスパイラルが生まれて、一人では得られない情報がどんどん集まり、専門性が高くなっていきます。

ブランディング7つのステップ
1 肩書きを考える
2 プロフィールを作る
3 ブログやメルマガを始める
4 ホームページを作る
5 勉強会やセミナーを開催する
6 専門性の高いレポートや小冊子などで情報提供する
7 出版する

 肩書きを考える。これはニックネームのようなものです。

 これを考えるのは、おもしろいですよね。なんでもよいので、一言で表せる特徴のあるものをつけましょう。

 読書ブログで、「本のソムリエ」というものがありますが、これなんかは、素晴らしいニックネームだと思います。私の「読書1万時間」は、特徴が伝わらない悪い例ともいえますね。

 ニックネームをつけたら、それにふさわしいイメージを想像し、それにふさわしい人になるために必要なことを実行していかなければなりません。

 そして、ブランディングには、本名での情報発信がよいようです。情報に対する責任感も増し、信頼を得やすくなります。それに顔写真も載せることで、メディアに取り上げられたときの効果は高くなります。 これは、プライバシーの問題もあるので、なかなか難しいとは思いますが。

 そして、ブランドの確立に非常に効果が高いのが、セミナーの講師になることと、出版することです。評判や信用が一気に上がります。

 5、6、7のステップはすこしハードルが上がります。しかし、本書を読むと、実際は、そんなにハードルは高くないようです。5、6は、初めからできる人はいないのが当然で、やはり慣れることが必要になります。慣れれば誰でもできるようになれるみたいです。

 4までのステップでも、ブランディングに十分効果を出すことはできると思います。あとは、Twitter、Facebookなども併用し、ブランディングをしていくことがよいと思います。

 本書では、ブログやメルマガ、ホームページのつくり方、セミナー講師のなり方、小冊子の出し方、出版のしかたが詳しく載っているわけではありませんので、詳しくは別で調べてもらわなければなりません。

Amazon.co.jp スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

ネットビジネスをやっている知人曰く、
メルマガ媒体がかなりの反応率を誇るそうです。

あと必要なのは、
自信があるように見せることだそうです。

確かに、自信のない先生とかいやですよね…(^_^;)

やるべきことがたくさん

くうさん

>メルマガ媒体がかなりの反応率を誇るそうです。
私も知り合いの方に、メルマガをしたほうがよいと教わりました。
ブランディングには、やはり必要なのかもしれませんね。

>自信があるように見せることだそうです。
これは私も同感です。
私の場合は、ブログの文章で「思います」という言葉は、なるべく使わないようにしています。
なるべく言い切るように心がけるだけでも、印象は変わるかもしれませんね。

No title

今回の記事、とてもためになる内容ですね。

私が今考えていること
(これからの自分のブログをどう発展させるか、等)の、
答えを得たような感じでした!

今後を考える

猫子さん

猫子さんもブログの今後について、考えていらっしゃるのですか!
同じですね。

私は自分自身のブランディングのために、本書を読んでみたのですが、
ブログ以外にも、たくさんの方法がありますね。

この本は少し古いので、いまでは、もっといろいろありますが。

いままで以上にブログを充実させるのか、他のことにも挑戦するのか、
少し悩み始めています。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。