サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンクトイン(雑談)

リンクトインとは
 今回は、後日記事にする予定の書籍に関係がある、Linkedin(リンクトイン)というものについて、それがどのようなものなのか、少し説明したいと思います。

 リンクトインとは、Facebookと似たようなもので、ビジネスで履歴書代わりに使われたり、キャリアアップを目的として人脈を広げたりするために利用されるSNSです。

 優秀な人材を求める企業側と、職を求める人との架け橋になるようなサービスとして、会員を増やし続けています。

 このサービスは2003年5月から開始しているのですが、現在の利用者は、1億人を越えています。現在、日本語でのサービスは、まだ開始されていませんが、サービスが開始されれば、利用者は増えるのではないでしょうか。

リンクトインのメリット
 リンクトインの会員登録には、Facebookと同じように、なるべく実名を登録し、写真も載せておくことで信用度が増します。

 リンクトインはあなたの履歴書代わりになりますので、プロフィールを充実されることは大事なことで、それにより、リンクトインによるメリットを最大限に活かすことができるようになります。

 登録情報には、あなたが働いている企業名や学歴、アピールポイントなども登録できますし、元上司や同僚からの推薦文もあれば載せることで、あなたという人物の信頼を高めることができます。

 リンクトインで得られるメリットには、あなたのプロフィールをみて、仕事の依頼や相談、企業からのスカウトがあることです。企業側も必要な人材を探しているため、見つけてもらいやすくなります。実名で登録しておけば、あなたの元仕事仲間とのつながりや、転職先の紹介なども、もらえるようになります。

 もう一つは、あなたのビジネスに合う人を、他の人のプロフィールから探しだすことができるようになるということです。あなたの条件に合う人を見つけることで、ビジネスチャンスを広げることができるのです。

 このように、リンクトインでつくられる人脈から、仕事の幅、キャリアアップが可能になるのです。

アピールしなければならない
 企業側にとっても、リンクトインは便利なツールのようです。採用に時間をかけられない企業にとって、ビジネスパーソンの個人情報が集まっているリンクトインは、企業側が求める人材を探しだすことに便利なのです。

 仕事を探している人にとっても、自分を売り込むことができるツールとして注目を集めています。

注意
 今回の記事は、リンクトインを実際に使ってみての感想ではありません。集めた情報をまとめたものになりますので、実際のものとは違うところもあるかもしれませんので、注意してください。

 日本語でのサービスが開始されたら、私もどんなものか試してみたいものです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

リンクトイン初めて聞きました。

SNSはホントにいろいろありますね。
これからどんどん日本に流れ込んでくるんでしょうね。

mixiとfacebookだけでも持て余しているのに、これ以上増えたら大変なことになりそうです。。。

アメリカではかなりポピュラー

私の主人が、ちょうどリンクトインの話をしていました。

周りの人もよく利用しているようです。

アメリカでは、仕事に応募しすると、
必ずといっていいほど Reference の確認があるので、
これがあれば、とても便利みたいですね。


置いてけぼり

くうさん

私も、TwitterやFacebookなど、まだ使えていないものばかりなのに、
これ以上増えていくと、どんどん遅れていきそうです。

アイデアの進歩が速すぎですね・・・

本場の意見を知るチャンス

猫子さん

>私の主人が、ちょうどリンクトインの話をしていました。
さすが本場ですね。もう当たり前のようになっているのでしょうね。

実際に使っている人からみたら、私が書いた記事の内容はあっているのでしょうか、心配になります。
日本語サービスが始まったら、試してみたいものです。

英語がわかれば・・・使えるのですが・・・


Linkedin User

ごぶさたしています。

米国ではビジネスユースだとLinkedinで、Facebookはどちらかというとティーンエイジャーが使っていると聞いたことがあります。

海外の方(最近は日本もそうですが)はよく転職するので、名刺のアドレスだけだと、疎遠になってしまうことが多いのですが、Linkedinのお陰で、昔お世話になった海外のビジネスパートナーや友人と、久々にネット上で再会することができました。

私の属する投資・金融業界では、Linkedin使っている人が多いみたいですね。私は数年前から使っていますが、特にこの1年繋がりが拡がってきたような気がします。

最近ではLinkedin経由で、初めての方からアポが入ったり、メッセージのやりとりをすることも少しずつ増えてきました。

ヘッドハンターさんも結構登録しているみたいです。採用なんかも、ここを使ってやっているんだと思いますよ。

厄介なのは英語版しかないということですね。。。。 

で、読書で気づいた男さんが書かれた記事、大丈夫、あってますよ!
日本でも拡がってゆけば、益々、有益なものになると思います。

Linkedin Userとは、すごい!

速読おやじさん

私の記事の内容、だいたい合っていましたか、安心しました。

速読おやじさんは、リンクドイン使っているのですね!いいなぁ~。
私は、英語がぜんぜんダメなので、拒絶反応を起こしています。
はやく日本語版のサービスが始まってくれればよいのですが。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。