サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスマンのための「解決力」養成講座

ビジネスマンのための「解決力」養成講座 (ディスカヴァー携書)ビジネスマンのための「解決力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
著者:小宮一慶
発行所:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2008年6月15日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書は、ビジネスマンに求められる能力の1つである問題解決力が、わかりやすく解説されている書籍です。

 会社には、いたるところに問題が潜んでいます。それを解決できるようになるためには、実際に得た知識を使い、実行を繰り返し慣れるしかありません。

 繰り返し使うためには、仕組化しておくことが便利です。本書に書いている順番通りに考えていくことで、問題解決を非常にわかりやすく理解できます。

 まず、①問題を特定し、優先順位を付ける ②根本問題を特定する ③問題を検証する ④解決策を策定する ⑤問題解決の実行 の順に考えます。

 これらのプロセスの中で、本書にでてくるツールを使うことで、問題を具体的にし、解決の効率をあげ、間違いを減らせるようになるのです。

問題を特定し、優先順位を付ける
 解決力を養うために最初にしなければならないのが問題の特定です。ここを間違えてしまうと、間違った問題を解決するためのプロセスをこなすことになり、成果を得ることができません。

 よく「問題を特定できれば、その問題は、ほぼ解決できる」というようなことを聞きますが、それだけ問題を特定することは、大事なことなのです。

 問題には、目に見えるものから、まだ表面に表れていないものまで、たくさんあります。それらの中にある、さまざまな問題から対応すべきものを見つけ出し、それに優先順位をつけていくのです。

 この優先順位を付けることに役立つツールがあります。緊急度と重要度の四象限マトリクスです。縦軸に緊急度、横軸に重要度をとり、問題を当てはめていき、対応しなければならない順番を決めていくのです。

 本書には、最強の問題解決方法も載っています。それは、問題が大きくなる前の、小さな芽のうちに解決しておくというものです。「これぐらいのことなら後にしても大丈夫だ」というものを早めに対応しておくことで、問題自体を減らすのです。

 時間がないといって後回しにしてしまいがちですが、問題が大きくなってから解決しようとしても、より多くの時間がかかることを忘れてはいけません。

根本問題を特定する
 問題の特定ができた後は、その問題の真の原因である根本問題を特定する必要があります。そこで使うツールが大きな問題を分解するために使うロジカルツリーです。

 私たちが最初に浮かぶ問題というものは、例えば、「遅刻をしない」などというものがありますが、それだけでは、どこに問題があるのかはわかりません。これを分解することで、根本の原因が見えてくるのです。

 ここで、大事なことがあります。それは、その問題を自分たちで対応できるかどうかということです。自分たちでは、どうしようもない外部的要因を問題にしても、対応しようがありません。

 例えば、睡眠時間が少なく、遅刻をしてしまうからといって、根本的な問題を、「1日24時間を何とかできないか?」などとしてしまうと、解決策など出てくるはずはありません。

 本書では、根本問題の特定に、UDE(好ましくない現象)というツールを使って見つける手法も載っています。

解決策を策定する
 解決策を決めるのにもツールが役に立ちます。

 本書では、プロコン・リストという手法を紹介しています。プロコン・リストの説明は本書を読んでいただきたいのですが、ここでは、もう1つの話をしておきます。

 解決策を決める時には、必ずみんなに参加してもらうことが大切になります。誰か1人の意見に流れるのではなく、みんなで話し合い、みんなが納得できる解決策を見つけるのです。もちろん決定は責任者が下しますが、みんなの納得が得られなければ、人に動いてもらうことはできません。

いろいろなツール
 ツールが役に立つのは、問題を整理して可視化できるということにあります。頭の中だけで、問題を解決できる人もいるでしょうが、やはり書き出すことで、自分の考えを整理することが大事なのです。

 本書の第6章には、記事に書いた以外にも、知っておくと便利なツールが載っています。もちろん知っているだけでは意味がありませんので、実際に使う練習をすることを忘れてはいけません。

Amazon.co.jp ビジネスマンのための「解決力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

実際の練習が大事ですね

問題を特定できればその問題はほぼ解決できる、とか、小さい芽のうち解決すべき、というのは自分も仕事で感じることがあり、著書のスタンスには強く賛同します。

そして、問題の特定や優先順位にも関係するかもしれませんが、小さい芽のうちにいかにして発見するか、発見したとしても小さいからといって後回しにせず優先してやれるか、という点は、頭では分かっていても実際にそのとおりできるか、悩ましいところだと思います。

その意味で、解説されているとおり、知識として身につけるだけでなく、実際にやってみることが大事になってくるのでしょう。

小さな芽に気づくことの大切さ

ホームズさん

>発見したとしても小さいからといって後回しにせず優先してやれるか
これが重要な分岐点になるかもしれませんね。

TODOリストなどで、優先順位をつけるということは、
今日しなくてよいことを明確にすることにもなるのですが、
そのしなくてもよいことの中から、大きな問題になるものがあるのも事実です。

時間は限られているとはいえ、小さな芽にも注意をしておくことは必要なのでしょうね。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。