サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンクトイン活用法(雑談)

自分の頭で考える
 前回のリンクトインについての記事ですが、あの記事は、私なりに集めた情報をまとめたものになっています。別の言い方をすれば、誰でもアクセスできる情報を、そのまま使用して、まとめあげただけともいえなくはありません。

 言葉をつなぎ合わせてまとめあげることも大切ですが、それでは、他との違いを出すことがあまりできません。

 そこで、私が自分の頭で考えた、私の視点というもので、リンクトインについての記事を書きたいと思います。

 私なら、リンクトインをどのように活用するか?そこに、どのようなビジネスチャンスを見つけるか?ということについて考えてみました。

 アイデアの段階ですので、実行できる、実行できないは無視しています。(すでに実施されているものもあるかもしれません)

プロフィールを利用する
 前回の記事でもふれているように、リンクトインは、あなたの履歴書代わりになるものです。そこには、ある程度の個人情報が発信されることになります。マーケティングの視点でいえば、相手の情報がわかることは有利なことです。

 例えば、あなたがセミナー講師ならば、その情報を利用し、ターゲットを絞った提案ができるようになります。1人ひとりに合った、強みを伸ばす提案や、弱みを補う提案をすることが可能になるのではないでしょうか。

 それ以外のことでも、相手のプロフィールに合った提案をできるものは、たくさんあります。(例えば商品販売など)

 相手がどのような人なのかがわかるということは、それだけ有利に働くのです。

 ここにビジネスチャンスがあるのではないでしょうか。

人と人を結びつける
 人と人とのマッチングサービスで、リンクトインに関わることもできます。

 積極的に知り合いを増やしていけない会員や、良質な出会いを求めている会員に対して、その人に合ったプロフィールの人を紹介してくれるということもできるかもしれません。

 リンクトインはスキルアップのために利用する人もいますので、起業やスキルアップを支援するサービスでリンクトインと提携することもできるかもしれません。

 この考え方なら、人と人、企業と人、企業と企業を結びつける仲介業も考えられます。

信頼できる人を探す
 人材派遣会社として、リンクトインと提携するのもありかもしれません。

 個人のプロフィールだけでは、その人が信頼できるのかどうかの判断はできません。そこで、人材派遣会社が間に入ることで、ある程度の信頼が生まれ、企業も安心でき、積極的に採用の動きが進むようになるかもしれません。

どうでしょうか?
 今回上げたアイデアは、昔からあるものばかりですが、リンクトインの会員が増えることがあれば、活用できるものもあるかもしれません。

 私がもっとも重要だと思うことは、リンクトインの会員との接触を多く持つことです。そこから、フィードバックを得て、会員1人ひとりに合った提案をすることができれば、そこには大きなビジネスチャンスがあるはずです。

 もちろん今回のアイデアも、実際にリンクトインを使って感じたことではありませんので、できないこともあるかもしれません。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。