サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Mesh(前半)

メッシュ すべてのビジネスは〈シェア〉になるメッシュ すべてのビジネスは〈シェア〉になる
著者:リサ・ガンスキー
発行所:徳間書店
発売日:2011年2月17日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


この本が読みたくなる一言
 本書を読んで気づいたことは、ビジネスチャンスは、どこにでも転がっているのではないかと、そんな気にさせられることです。

 本書のタイトルである「Mesh(メッシュ)」とは、網の結び目から、さまざまな方向に糸が伸びていくように、ビジネスが広がっていく様子を表しています。

 メッシュには1つの大きな特徴があります。それは、モノを所有するよりも、共有(シェア)するほうがよいという考え方です。ビジネスを考えるとき、このシェアという考え方を知っているだけで、考え方が大きく広がるようになります。

 本書には、メッシュ・ビジネスのたくさんのケーススタディが載っています。日本の企業の話しではないので、わかりにくいところもありますが、参考になることがたくさん載っています。ケーススタディを読むだけでも、新しいモノの見方を発見できます。

 さぁ、ビジネスにメッシュの考え方を取り入れてみましょう。

メッシュとは
 本書のタイトルであるメッシュについて、本書では、このような特徴があるといっています。
1、シェアする
2、ウェブとモバイル情報ネットワークを駆使する
3、有形のモノや具体的なサービスを扱う
4、顧客との接点がソーシャルネットワーク上である

シェア
 シェアというのは、モノを共有するという考え方です。その前に1つ考えてみましょう。私たちは、モノを所有することでわずらわしさを感じていることはないでしょうか?

 例えば車などです。車はなければ不便ですが、保管や保険、メンテナンスや廃棄の負担など、面倒と感じることも多いはずです。車は1つの例ですが、これ以外にも、モノを所有しているだけで、お金や時間を無駄にしていると感じるモノはたくさんあります。

 これらのモノを簡単かつ安全にシェアできるとしたら(本書では、ジップカーというカーシェアリングサービスでシェアがどういうものか説明されています)、ここにメッシュ・ビジネスのチャンスが眠っているのです。

 わずらわしさを感じることもなく、好きなときに好きな場所で好きな車にのることができるサービスがあれば、車を所有する必要はなくなるかもしれません。

 本書では、このシェアで成り立っているモノをたくさん紹介し、シェアから広がるメッシュ・ビジネスが、どのようなものなのかが、説明されているのです。

シェアの特徴
 特にシェアに向いている市場とは、高価格で使用頻度が低いものが向いています。例えば、貸し別荘などです。海外のリゾート地にある別荘など、所有していたら大変なものでも、それをシェアできれば、大きな財産になる可能性があります。

 シェアは、環境の面でも考えられています。所有のビジネスモデルでは、買い替えを目的として販売を行いますが、シェアの考え方は、限られた資源を有効利用しようというものです。修理可能・再利用という長く使うことを前提としたデザインがなされ、環境や社会貢献という顧客の変化にも対応しています。

 シェアは、新しいモノを試してもらうことも簡単にできるようになります。それが高価なものであればあるほど、シェアなら安くて簡単に利用することができるようになるのです。

 時代の変化にも、いち早く対応できます。シェアは、所有というビジネスモデルでないため、消費者の変化に、素早く対応できます。

 記事が長くなりますので「ウェブとモバイル情報ネットワークを駆使する」と「接触を重ねる」「網の目を広げる」については、次回の記事に書きたいと思います。


Amazon.co.jp メッシュ すべてのビジネスは〈シェア〉になる

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。