サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウドHACKS!

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイルクラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
著者:小山龍介
発行所:東洋経済新報社
発売日:2010年12月16日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


読むきっかけ
 本書は、私がよく訪問するブログ「語り合おう!読書交流会」なんちゃって読書人さんのブログの記事を読んで、気になって購入したものです。

 こちらが、その記事です。→「クラウドHACKS!」

 私の記事では、本書にでてくるアプリの説明は1つもありませんが、本書には、たくさんのアプリの説明が載っています。

 興味がある方は、なんちゃって読書人さんの記事を見てください。こちらには、たくさんのアプリの説明が載っています。見やすくて便利ですよ。

クラウドのメリット
 そもそもクラウドとは、なんのことなのでしょうか?簡単にいうと、データをインターネット上に預けて管理できるサービスのことをいいます。

 これには、たくさんのメリットがあります。その1つがデータを共有できることにあります。データをインターネット上で管理できるということは、インターネットに繋がる環境さえあれば、どこでもそのデータを確認したり、新しく保存したりすることができるようになるのです。

 これにより仕事の場所を選ばなくてよくなりますし、リアルタイムで仕事を進めることができるようになります。

 本書では、クラウドサービスとして、DropboxやSugarSync、Evernoteなどが載っています。

 ただ、情報を預ければ預けるほど、あとからその情報を見つけることが大変になるのではないかという不安もあると思います。その問題もエバーノートなどのクラウドサービスは解消してくれるのです。

 検索機能の向上により、たくさんあるデータの中から、知りたい情報を、かんたんに見つけることができる仕組みになっているのです。

 その他にも、クラウドをデータのバックアップとして使うこともできます。データがインターネット上にあるのですから、データが入っているパソコンが壊れたとしても、インターネット上のデータは、残っているので心配いりません。

 ここまで書くと、まるでよいことばかりのように思えますが、クラウドが万能というわけではありません。データの管理はできますが、それをどう活かすのかというところは、あなたの自身の思考の力にかかっています。

クラウドを活かす
 クラウドを活かすためには、どこから情報を集めてくるのかが重要になります。本書には、その情報源と情報を効率よく集める方法が解説されています。

 クラウドは、文字だけではなく、図や写真なども保管できます。それにより、文字だけでは伝わりにくいものも、図や写真などを活用できますので、より理解できる状態で情報を集めることができるのです。

 そして、個人の仕事だけでなく、会社全体としてもクラウドは力を発揮します。業務プロセスの共有ができますし、仕事の進歩状況も共有できますので、進行の把握にも役に立ちます。

 現在でも、どんどん便利なアプリが増え続けています。これらアプリとクラウドの連携機能により、情報はより広がりを見せ、より場所に囚われなくなるのです。

 今後も、クラウドなどによる共有と同期というものは、大きな力を発揮していくでしょう。

必要になる力
 クラウドにたくさんの情報を集めることは、たくさんのインプットを得ることになります。ですが、それだけではいけません。それらの情報をどう活かすのかというアウトプットが重要になります。

 このことからも、クラウドを活かすには、2つの力が必要なのではないでしょうか。

 まずは、クラウドに蓄積された情報の中から、いかに必要な情報を引き出すことができるようになれるかということと。

 その情報を、あなたの思考の力で新しい情報に変えることができるかという、2つの力が必要になってきます。

感想
 本書を読んでみると、どれだけ時代が進んでいるのかを痛感されられます。何年か前には考えられなかったようなことが、誰でも簡単にできるようになっているのです。

 こう考えると、これから数年後も、ものすごいスピードで、あらゆるモノが進化しているかもしれません。乗り遅れないようにしないといけませんね。

Amazon.co.jp クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

evernoteとdropbox使ってます。

dropboxはデスクトップPCとノートPCのファイル共有に使ってます。

evernoteもけっこう多用してます。
気になるページをどんどんクリップしてたら、先月は無料で使える限界までいってしまいました…汗

クラウド初心者です

ご無沙汰しています。
この本、ずーっと前から気になっていたのですが、クラウドなんか関係ないし・・・ということで読まずじまいでした。

でも、スマホに買い換えてから、Evernote, Dropbox, Sugarsyncをとりあえずダウンロードして、少しずつ使い始めておりますので、クラウド生活にようやく足を踏み入れたところです。

まだまだ何がどう便利なのかがすっきりしないので、この本を読んで勉強してみます。

インプットとアウトプット、これはアナログでもデジタルでも同じですね。クラウドになって情報量が極端に増加することになるので、本当に重要なことを見失わないようにしないといけないんだなあと改めて思いました。

また使いこなせるようになったら、記事にして書いてみますね。

あらまぁ

クラウドすごいですね。
便利と感じるか、振り回されるか。
読書で気づいた男さんは上手に使いこなせそうで、今後が楽しみですね!

しかし、これ以上の便利はあるのかと思うほどの進化ですね。
その進化のスピードの先には、「どこでも誰でも簡単に」を目指す世の中があるのでしょうか。
そればかりだと寂しいなあと思ってしまいます。

「この人にしか分からない」「この人でないと作れない」、そう言われることが、仕事をする上で最高にテンションが上がると思いますが、そんなのは今時ではないんでしょうね(笑)
便利になる一方、すべてが開放的で、マニアックではなくなり、少々物足りなく感じるひねくれ者ですe-446

教えてください!

くうさん

私はevernoteを使い始めたばかりなので、どのように活用すればいいのか悩み中です。

もしよければ、くうさんの活用方法を教えていただけませんか?

取り残されないように

速読おやじさん

私もスマートフォンを購入したからには、勉強しておかなければならないと思い
本書を購入いたしました。

速読おやじさんは、Evernote, Dropbox, Sugarsyncの3つとも使っているのですか、
私はまだ、Evernoteだけです。
それも使い方が、まだ疑問だらけです。

しかし、これらのサービスも、目的を見失わないようにしたいですね。
「使う」ことが目的ではなく、「成果を生む」ことが目的、これを忘れないようにしたいです。

また、速読おやじさんの活用方法も教えてくださいね。

少し心配

ごろちゃんさん

クラウドも手段であって、目的ではないので、
振り回されないように気をつけなければいけませんね。
私は、すでに振り回されかけていますが・・・

こんな便利な時代で育つ子どもは、どうなるのか少し心配なところもあります。

私たちが手に入れられなかったものを手に入れることができるようになると思うのですが、
その反面、ネットで誰でも同じ情報を手に入れられるようになると、
その人特有の色みたいなものがなくなってしまうのではないかと心配になります。

No title

読書で気づいた男さん

evernoteの活用法ですか…
あまり参考にならないかもしれませんが、

・パスワードとかを表示したページをクリップ
・プラウザのお気に入りに登録するほどじゃないけど、参考資料に必要なのでクリップ

っていうのが主な使い方です。

タグをつけておけば管理が簡単です。


便利なんですけどねぇ…
動作が不安定でよくフリーズします。

ありがとうございます

くうさん

>・パスワードとかを表示したページをクリップ
これはいいアイデアかもしれませんね。
印刷して残しておくのも意外と面倒なので、便利かも。

私も、いまの使い方は、気になる記事などを保存していくことがメインになっています。

>動作が不安定でよくフリーズします。
これはまだ影響がでていませんが、気をつけないといけませんね。

ご意見ありがとうございます。

ご紹介ありがとうございます!

読書で気づいた男 さん

ごぶさたしております。
なんちゃって読書人です。

私のブログを紹介していただいてありがとうございます!

アクセスが一気に増えたので、何が起こったのか?
と思い、リンクをたどってみると、なんと私の名前が
読書一万時間に載っているではありませんか!

ほんとに感謝です!

同時に貴ブログの影響力の大きさのすごさを感じます。

これからもよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします

なんちゃって読書人さん

アクセス増えていたのですか?
それはよかったです。

私も紹介したブログのアクセスのことは、ずっと気になっていたんです。
少しでも、みんなに見てもらえているのだろうかと。

私の知識では、アクセス解析では、そこまで知ることができませんので。
そういってもらえると、私もうれしいです。

それに、よい本を紹介していただいたおかげで、Evernoteを始めるきっかけができました。
こちらこそ、ありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。