サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法のノート

ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノートひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート
著者:眞喜屋実行
発行所:ぱる出版
発売日:2011年7月1日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


献本していただきました
 今回紹介させていただく書籍は、本書の著者である、株式会社はぴっく代表の眞喜屋実行さんから献本していただいた本です。眞喜屋実行さん、ありがとうございます。

 眞喜屋実行さんが代表を務める 「株式会社 はぴっく」
 眞喜屋実行さんのブログ 「週刊 通心商売 ~週刊まきや~」

 本書は、なんと!「もしドラ」の作者である岩崎夏海さんが推薦している書籍です。

この本が読みたくなる一言
 本書は、ビジネス書というよりも、物語が中心となって話が進んでいきます。

 本書では、地鶏屋ロダンというお店が舞台になります。昨日までアルバイトだった山田一歩が、突然店長代理となり、悪戦苦闘しながら、経営難のお店をよみがえらせていくストーリーになっています。その過程で、亡き父の言葉として、著者の販売促進のアイデアが出てくるのです。

 本書の中で一歩は、父が残したノートを手がかりに、手さぐりながら、仲間とともに、お店を切り盛りしていきます。

 その父が残したノートの言葉が、どのようにビジネスに繋がるのか、夢にでてきた父が言った「そのノートに書いてある言葉が、きっとお客さまの来店理由をつくりだすヒントになるから」というのは、どういう意味なのか?

 あなたなら、その父が残したノートから何を読みとるのでしょうか?

 まずは最初の言葉から始めましょう。「窓の外は雪」ここから、本書の物語は始まります。

本書は、各章で父のノートの言葉が出てきます
 第1章にでてくる父の言葉は「スケノジバリではじめまして」というものです。これがどう販売促進に繋がるのでしょうか。もちろんスケノジバリとは、サロンパスのCMのことです。これは、サロンパスの具体的な利用方法を教えてくれているものです。

 私たちは、知っていても使わないというものが、たくさんあります。

 それはなぜかというと、その商品を知っていても、その商品の具体的な使い方を知らないからです。それでは商品を知っていても、使いたいという気持ちにはなりません。

 例えば、パソコンです。お年寄りの方でもパソコンのことは知っていますし、それが便利なこともわかっています。ですが、それを使おうとしないのは、それで自分たちにとって、何ができるのかという具体的な利用方法の提案がなされていないからです。

 一歩は、この「スケノジバリデはじめまして」というヒントから、お客さんに具体的な利用方法を教えることで、来店理由をつくりだそうとしたのです。

来店理由
 本書は、お客さまの来店理由をつくり出すことを中心に、物語の中で説明されています。

 もう1度来店してもらうにはどのようにすればよいのか?
 お客様が体験したいと思うサービスとは何なのか?
 お客さまに憶えてもらえる特徴をつくれないか?
 お店のことを別の場所でも、思いだしてもらえる方法はないか?


 これらの疑問を地鶏屋ロダンを通じて、どのように考えればよいのかという方法を、私たちに教えてくれるのです。

考えるキッカケ
 本書では、父が残したノートの手がかかりをヒントに、話が進んでいきます。各章のヒントが何を意味するのかを考えながら読むとおもしろいですよ。

 そして、私が大事だと思うことは、自分ならばどうするだろうかと、考えながら読むことです。本書を読んでいて強く感じたことは、本書を読むことによって、考えるキッカケを得ることができることです。せっかくなので、自分自身に置き換えて考えてみてください。

最後に
 ただのアルバイトだった一歩にとって、店長代理として、店をやりくりすることは、大変なことです。ですが、一歩は、それに挑戦していきます。そして、いままでしていなかったことにチャレンジし、外の世界へと踏み出していくのです。

 成功というのは、リスクをとった先にあるものです。未知の領域にこそ、成功があるのです。

その他の父の言葉
 ブーメランとヨーヨー
 ともだちんこ
 To Be Continued
 Toy ever
 小さなピースサイン
 子づれ・犬づれ・股づれ
 ごういんなドリブル

 これだけでは、いったいどんな意味があるのかわかりませんね(笑)

Amazon.co.jp ひたむきな人のお店を助ける 魔法のノート

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。