サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル教科書(雑談)

ここにもデジタルが
 ダイヤモンド・オンラインに気になる記事が載っていたので紹介します。

 アメリカでは、デジタル教科書というものの存在が、大きくなってきているというのです。

 みなさん、何となく、どんなものか想像できますよね。

 2009年にカリフォルニア州のアーノルド・シュワルツェネッガー前州知事が、高校レベルの教科書を、誰でも手を加えられるように広く一般に公開して開発し、それを無料で提供することを宣言したというのです。

 これにより、基本的な科目以外にも、さまざまな教科書が制作されるようになりました。もちろんデジタルなので、持ち運びも便利ですし、コスト削減にも大きく貢献することになります。

 デジタル教科書の素晴らしいところは、地域や生徒の学習能力によって、教科書の内容を簡単に変えることができることにあります。

 いままでの本では、印刷をしてしまうと、なかなか内容を変えることはできませんでした。デジタルになることで、必要なところを選び、データを組み合わせるだけで、教科書を構成できるので、生徒に合った学習が可能になります。

 それに加えて、生徒の学習の進歩度合も管理できるようになるかもしれません。

どのように活用するのか
 これを日本のビジネスで応用する場合に、最初に浮かぶのは何でしょうか?

 私が最初に浮かんだのは塾で活用する方法です。塾などでは、1人ひとりの生徒に合った学習プランが有効になります。デジタル教科書なら、その生徒に合った提案ができ、強みを伸ばすことも、弱みを補うことにも、対応できるようになります。成績の管理も簡単になるでしょう。

 そして、もう1つの素晴らしいところは、デジタルの強みである広がりです。

 デジタルならば、音声や映像による解説や、関連事項へのリンク、海外の有名授業など、文字だけでは伝えられないものを伝えることができ、高い理解を得ることができます。

 これならば、習い事や資格の勉強にも生かせるのではないでしょうか。

 そして、デジタル教科書なら、双方からのコミュニケーションを常にとることができるので、わからないところもすぐに確認できます。

まだまだ広がるのでは?
 デジタル教科書には、ビジネスの広がりも期待されています。

 先ほどの塾の話や、ネットでの離れたところからの学習、GPS機能による登下校のお子様の安全管理など、さまざまな広がりが考えられます。

 なんでもデジタルにすれば、よいというわけではないでしょうが、この利便性は大きなものです。

 ここからは、私の夢物語(この進歩のはやさだと、いずれ実現しそうですが)になるのですが、デジタル体育というのもできるのではないでしょうか?

 プロスポーツ選手の実際に動いている3Dのデジタル画像を見ながら、基本の動作を学ぶというような授業もできそうですね。まるで、映画のような話ですが。

 日本でも、DiTTというところがデジタル教科書の普及を進めているそうです。

 後ろにあるリンクは、動画でのDiTTのビジョンの説明です。 You Tubeに飛びます

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

No title

デジタル化の波は教科書にまで及びますか…

一般書籍のデジタル化は、まぁいいかなと思わなくもないですが、
教科書はやはり製本されているものの方がいい気がします。

本自体に書き込み、自分だけの1冊にするからこそ理解が深まる
そんな風に思ってしまうですが…。


完全なデジタル体育は難しそうですね。
やはり体を動かしてなんぼ、ですから。

アメリカらしい話だと思います

以前からブログを拝見させていただいていましたが、初めてコメントします。
電子書籍がいよいよ教科書まで及んだんですね。アメリカという国は、本当にユニークなアイデアがどんどん実現する国ですね。日本でこういのをやろうとしたら、おそらく、いろんなところから横やりが入ってたいへんだと思います。
デジタルの話ではありませんが、アメリカには以前から、「オーディオブック」と言って、本を朗読しそれを録音したものが売っています。目で読むのもいいのですが、耳で聞けばさらに神経が刺激されます。日本の教科書について「オーディオブック」を作ったら、生徒の学習効果もあがるし、目の不自由な人にとっても便利ですし、いろいろメリットがあると思うんですが・・・・。

No title

>デジタル教科書
韓国では、既にデジタル教科書が導入されたと思います。

私も、動画で学べたら学びやすいのかなぁと思いました!
やはり、文字よりは絵や動画の方がわかりやすいですからね!

文字だけの場合は、やはり電子書籍では微妙かなぁと
思います。
本だと、直接自分の手でマーカー等で塗れたりしますが
電子書籍だと、色は塗れても直接塗っているわけではありませんからね。
覚えにくいのかなぁと思います。。。(慣れですかね?

No title

読書さん、先だってはお優しいお見舞いの言葉をありがとうございました。
おかげさまですっかり元気になり、今日はオフ会の下見に行って、おいしい中華を食べてきました。
読書さんも夏バテにはじゅうぶん気をつけて、水分をしっかりとってくださいね!
いつも充実した素敵な記事をありがとうございます。

No title

くうさん

私もデジタル教科書のことは、記事で読んだだけなので
詳しくはわからないのですが、
私たちが紙の教科書に書き込むように
書き込んだりもできるかもしれませんね。

単語にはリンクが貼ってあって、クリックひとつで調べられたり、
すぐにチャットなどで先生に質問できたり。

この世代で育つ子供は、すごいことになりそうな期待ができますね。

No title

ホームズさん

はじめまして
コメントありがとうございます

デジタルをすすめるのも、日本では、すぐに何々省などがでてきて壁になりそうですね。

アメリカは、よく車社会ともいわれるので、
オーディオブックは、たくさんの分野がでているようですね。

オーディオブックで、教科書もいいアイデアですね。
ブログの記事もオーディオブックで配信すると、おもしろいかもしれませんね。

No title

ネガティブさん

デジタル教科書、韓国では、もう導入されているのですか、
知りませんでした。
よい情報ありがとうございます。

私も本に書き込む人は、電子書籍はまだ使いにくいのかなと思います。
ですが、それもすぐに解決できるアイデアが、生まれてくるのではないでしょうか。

それぐらい進歩がはやいですよね。

No title

美雨さん

元気に戻ったのですね。よかったです。
お見舞いのコメントも、たくさんあって、
繋がりの素晴らしさを感じます。

まだまだ暑い日が続きますが、
お互い気をつけましょうね。

本当に元気になって、よかったです。

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。