サイトマップ
著者名や雑談記事一覧、その他で検索したい方はこちら
著者検索 雑談その他など
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20代で身につけたい質問力(前半)

20代で身につけたい 質問力20代で身につけたい 質問力
著者:清宮普美代
発行所:中経出版
発売日:2011年7月6日

Amazon.co.jp 商品詳細を見る


献本していただきました
 今回紹介させていただく書籍は、本書の著者である清宮普美代さんが代表取締役を務める株式会社ラーニングデザインセンターの藤田明夏さんから献本していただいた本です。清宮普美代さん、藤田明夏さん、ありがとうございます。

 清宮普美代さんが代表取締役を務める 「株式会社 ラーニングデザインセンター」

この本が読みたくなる一言
 本書の最初に、著者はこう言っています。

 「質問力があるかどうかで、仕事の成果は大きく変わってきます」と。

 もちろん、ここで「なぜ?」という疑問が浮かんでくるはずです。では、質問力がどのように仕事の成果に大きく影響してくるのでしょうか?

 少し話が変わりますが、「問題を特定できれば、その問題は、ほぼ解決できる」という言葉があります。これは問題を見つけることができれば、解決策を生み出せることを表しています。

 質問もこれと同じなのです。よい質問ができれば、それだけよい答えを見つけることができます。この質問を上手く使うことによって、成果に大きな影響を与えることができるようになるのです。質問というのは、それだけ重要なものなのです。

 ビジネスの世界では、昨日の正解が今日の正解というわけではなくなってきています。正解が変化している時代こそ、考える力というものが必要になります。その考えるキッカケになるものが、この質問力なのです。

質問の力
 質問力があると、新しい発想を得ることができるようになります。それを本書では「思考のスイッチ」と呼んでいます。

 質問をすることによって、私たちの脳は、勝手に答えを探し出し始めます。よい質問ができれば、それだけよい答えが見つかりますし、質問し合うコミュニケーションからは、自分が持っていない情報が引き出せ、それにより新しい視点や価値観を得ることができるようになるのです。

 質問により、相手の立場を理解することもできます。質問をするということは、相手の話を理解しようというメッセージになります。その気持ちが伝われば、相手側も心を開いてくれるようになります。

 特に対話の中で、質問力を発揮することは、自分と相手の意見や価値観を変えることに繋がります。意見の食い違いがあっても、質問でお互いの意見を深く理解することで、第3の結論を出すことができるようになるのです。そこでは敵対ではなく、Win-Winの関係を気づくことができるようになるのです。

質問に力を宿す
 質問には、「力を与える質問」と「力をそぐ質問」があります。

 例えば、上司が使う「プロジェクトはちゃんと進んでいるか?」という質問。これは、どちらの質問になるのでしょうか?

 この言葉の裏には、問題を起こしているのではないかという疑いの気持ちがあることになります。それは部下にも伝わってしまい、やる気をそぐことになります。

 これを、力を与える質問にするためには、どうすればよいのでしょうか?

 本書では、これを「問題なくプロジェクトを進めるには、どうすればいいと思う?」というような聞き方をすればよいといっているのです。こうすれば「いっしょに考えよう」という気持ちが伝わり、部下の自主的なやる気も引き出すことができますし、信頼されていると感じることもできます。

 この違いを生む具体的な方法は本書を読んでいただきたいのですが、これだけでも、コミュニケーションは良くなるはずです。

 記事が長くなりますので「自由な発想を生み出す」と「私が難しいと思うところ」については、次回の記事に書きたいと思います。

Amazon.co.jp 20代で身につけたい 質問力

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングサイトに参加しています。
応援クリックお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
Author:読書で気づいた男
ブログの方針はこちらから
ブログのミッション

11月14日現在
FC2ブログ☆ランキング 本・雑誌1位
人気ブログランキング 本・読書1位
にほんブログ村ランキング ビジネス書1位
みなさんの応援、本当にありがとうございます。

Twitter始めました。
ユーザー名「readingability」
始めたキッカケ
Twitterボタン
読書1万時間までの道のり
現在の読書時間 1838時間
献本していただきました
ご意見・ご感想など

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
Ads by Google
Amazon
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
献本サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。